pagetop

 > 彼との初デートで悲しい失敗!!調子に乗ってワインと雰囲気に溺れた私の顛末

彼との初デートで悲しい失敗!!調子に乗ってワインと雰囲気に溺れた私の顛末

2019/03/13 UPDATE

こんにちは!ケシミニャンです。

第8回はデートのお話です。

デート?
オッ、いよいよケシミニャンも「女」を出してきたねぇ…
って、思うじゃん?

でも、安心してほしい…。
もちろん、キラキラしたエピソードではなく

デートでの「失敗」です!!!!!!!!!!!

デートの誘い

大学3年生のとき。
ケシミニャンは遊ぶ金欲しさに、喫茶店でアルバイトをしていました。
余談ですが、シフトに結構入っているのに、存在感が薄すぎて陰で「ツチノコ」と呼ばれていました。

その喫茶店に、常連さんの若いサラリーマンがいました。

普段はコミュ障で、ろくに世間話もできないケシミニャンだったのに…。
その常連さんとは、何故か、まるで兄と妹のように自然に会話が弾み…。
顔を合わせるたびに、仲良くなっていきました。
おもに、インターネット掲示板「2ちゃ◯ねる」や、流行の「ニコ◯コ動画」の話題で盛り上がっていました。

そしてある日。
その彼から、突然デートに誘われました。
いつものケシミニャンだったら、デートのお誘いなんて、むちゃくちゃ緊張するはずなのに―。
不思議と、彼からのお誘いにはすんなりOKができました。

恋愛とか、これまであんまりしたことなかったけれど…


彼だけは、今までの男性とは違う―。

そんな気が、したのです。

幸せなデート

デートは金曜の夜。
彼は、オイスターバーに連れて行ってくれました。
何故なら、ケシミニャンの大好物は牡蠣だから…。

…。

キュン♡


仕事終わりの彼と待ち合わせし、オイスターバーへ。

しかし。
実はケシミニャン、元々お酒に弱い体質。

今でこそ、毎日浴びるように酒を飲んでいるのですが、それは社会人になってから。

ストレス発散のため、ひとり酒をしているうち、お酒に強くなってしまったという悲しい歴史があります。


それはさておき…。
当時ハタチのケシミニャンは、お酒をあまり飲みなれておらず…。
どういうお酒が酔いやすいとか、どんなペースで飲めばいいとか、よく分かりませんでした。

お店で、美味しそうな牡蠣やお酒を、スマートに注文してくれる彼…。

素敵…♡
なんかもう、注文してくれるだけで…カッコイイ。
そんな彼に、思わずうっとりするケシミニャン。


彼「牡蠣にはね、白ワインがあうよ。これ、飲みやすいから飲んでごらん?」


ワイン初体験。
ドキドキしながらグラスを傾けるケシミニャン…。


おっ!
このワイン…飲みやすくて、美味しい!



ケシミ「このワイン…美味しい!」

彼「よかった!でも、無理して飲まなくて大丈夫だからね」


彼が紳士的な心遣いを見せてくれたのに…。
彼の配慮に気づくことができない、アホのケシミニャン…。

ワインの美味しさに感動し、調子に乗って短時間でグラス3杯飲んでしまいました。

地獄へ

彼とはスムーズに会話を楽しんでいましたが、だんだん顔が火照り…。
フワフワした気持ちになってきました…。

そう、ケシミニャン、酔っぱらい始めました。

食事が終わり、店を出ると…

足元が少し、フラフラ…。
しかし、お酒の高揚感と、好きな人と一緒にいるという嬉しさで「楽しい!!!!!!幸せ!!!!!!!!」という気持ちでいっぱいでした。

15分ぐらい、二人で夜の通りを歩いていました。

眠気で、少し涙目のケシミニャン。
涙で、街の灯りがぼんやりと滲み、宝石のようにキラキラ光り輝いて見えました。
何だかちょっぴり、自分が大人になったような気持ちでした。

しかし。

だんだん気分が悪くなってきて…

なんか…

吐きそう…。


眩暈がして、彼にもたれかかるケシミニャン…(決してアピールしてるとかではない)。

そして…


ケシミ「○×△☆♯♭●□▲★※~~~~~!!!!!!!!!!」(吐く音)


そう…。
あろうことかケシミニャン…。
彼の右胸あたりに、思いっきり吐いてしまったのです。
彼の淡いグレーのスーツの色が、足元まで濃いグレーに、みるみる変わってゆく…。


…彼がその時、どんな表情をしていたのか。
記憶が定かではありません。

お酒のせいで覚えていないのか…。

それとも、あまりにも封印したい記憶のため、ケシミニャンが忘却の彼方に葬り去ってしまったのか…。

それは、永遠の謎なのです…。


ケシミニャンは心置きなく吐いたので、ちょっとスッキリした気分でした…。
その後、彼はケシミニャンをタクシーで、当時住んでいた学生寮まで送り届けてくれました…。

ちなみに、これがケシミニャンの初めてのお酒の失敗です。

全国の若い女の子に、ケシミオバチャンの遺言だと思って聞いてほしい…。

人とお酒を飲むときは、絶対に調子乗ってガブガブ飲んじゃダメ!!!!!!!!
いろんな危ない目に遭う可能性も、ゼロじゃないし。
それに…ケシミニャンみたく…

好きな人の…好きな人の目の前でゲロを吐いて、一生ものの黒歴史を作っちゃう可能性もあるぞ~~~~!!!!!!!!!!!!

迷惑な女

こうして、男の前でゲロを吐くサイテーな女になってしまったケシミニャン…。

彼といい雰囲気だったのに…。
折角、デートに誘ってくれたのに…。

ケシミニャンが自分の部屋に着くと、酔いや疲れのせいで、そのまますぐにベッドで寝てしまいました。


そして、夜更けの3時。
ふと、目が覚め、自分がしたことの重大さを認識したケシミニャン。

好きな人との夢のような時間から…

自分は「ゲロを吐いた女」という、悲しい現実だけがそこにはありました。

お酒のせいで、ひどい頭痛のケシミニャン。
その痛みは、まるで自分への罰かのように感じられました。


そして、深夜の3時なのに…。

とにかく彼に「謝りたい」という気持ちで先走り、彼のケータイに電話をかけまくってしまいます。

彼は電話に出ませんでしたが…。

ゲロを吐いた上、深夜3時に相手の迷惑を考えずに電話をかけまくるケシミニャン…。

うん、これはどう考えても、彼からの2度目のお誘いなんかないですね。

好きな彼に迷惑をかけまくってしまったケシミニャン。
声を上げて、泣きました…。

奇跡

翌日の朝。
ケータイの着信音が鳴り響いていました。

ケータイの着信音…?

ん…?

彼からだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

急いで通話に出ました。


彼「もしもし、ケシミちゃん?ごめん、電話マナーモードだったから気づかなくって…。あれから…大丈夫…だった?」


ゲロを吐いたり、真夜中にケータイを何度も鳴らした迷惑すぎる女なのに…。

彼は、ケシミニャンのことを心配して、優しい言葉をかけてくれたのでした。


ケシミ「あ…その…上着、ごめんなさい…本当ごめんなさい…」


少し涙声になるケシミニャン。
彼にどんなひどいことを言われても、仕方がないと覚悟していました。


彼「ハハハ。そんなの大したことないよ。僕もお酒の失敗はやったことあるし」


ケシミニャンがゲロを吐いても、深夜に電話かけまくっても…。
笑って、いつもと何も変わらず、優しく受け止めてくれる彼…。


―この人は、運命の人だ…。
ケシミニャンはこのとき、確信しました。
だって、ケシミニャンが目の前で吐いたって、受け入れてくれる…。
彼が運命の人に、違いありません。



その後、再びデートに行き…
ちゃんと彼に告白され、晴れて恋人同士となりました♡


生まれて初めて彼氏ができたという嬉しさと、目の前でゲロを吐いた女を受け入れてくれた、彼の愛の大きさに…♡
ケシミニャンは、本当に、本当に幸せでした…。


しかし。
彼とは数年付き合ったのですが、次第に「男女」という気持ちが薄れていき…
完全に友達同士のような感じになってしまいました。

そして、彼に他に好きな人ができたので、アッサリ別れましたとさ。

~完~

投稿者名

ケシミニャン

酒量は年々増えるが年収は一向に増えない、へっぽこゆとりダメ社員。
ニートやひきこもり等も経験したのち、現在はキャリアコンサルタント業や講師業をしています。
大人になっても「自分探し」を続けていたら、職歴が真っ黒になりました。
そんなケシミニャンの恥ずかしいところ、たくさん見て欲しいです…。

Twitter:https://twitter.com/DJ_P0PPY Blog:http://keshimi.hatenablog.jp/

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ