pagetop

 > はるの珍人図鑑 その14 「職場内でお盛んすぎる人」

はるの珍人図鑑 その14「職場内でお盛んすぎる人」

2019/03/20 UPDATE

独特の人間観察力とユーモアあふれるツイートで大人気の「は * る」さん。そんなはるさんがこれまでに関わり合った珍しい人たちについて語るコラム「珍人図鑑」、第十四回目をお届けします。
今回は職場内でお盛んすぎる人のお話です。会社勤めの社会人にはよくありがちな職場内恋愛。「自分は職場にそういうことは絶対持ち込みません」という人もいますが、社会人になると仕事以外の出会いが激減することもあり、みんな何だかんだで結構やってます。今回、はるさんがそんな職場内恋愛をテーマに、以前働いていた会社にいたという超肉食系男女の話を書いて下さいました。

職場内でお盛んな人、あなたの会社にもいませんか?

もうすぐ新年度ですね。新社会人生活をスタートされる人も多いのではないでしょうか。

残念ながら私は一流企業などでは働いたことがなく、有益なアドバイスなど何ひとつできないので、代わりになんの役にも立たないオフィスラブの話をします。
大体どこの会社にも、職場内でやたら異性にお盛んな人がいるじゃないですか。私は「派手にやると後が面倒臭いし、せめてやるならこっそりの方が良くない…?」と思う派なのですが、そういう人たちって本当に遠慮がないというか、空気読む?何それ?って感じで攻めまくりで、見ててすごいなと思います。

これは、そんな中でも一番強烈だった肉食系おじさんと肉食系おばさんの話です。

あれは今から少し昔、小さなシステム会社で働いていた頃。そこは古い会社のせいか、若い人があまりいなくて、中年世代大活躍!みたいな環境でした。そして中年の従業員たちがとにかく元気で元気で、体も元気、気持ちも若いので、まだまだ恋愛現役世代!な人が多かったんです。

そんな中でも、とくに恋に貪欲だったのが、その肉食系おじさんと肉食系おばさん。今思い出してもなかなか強烈なふたりでした。

肉食系おじさんのステータス

「勘違い暴走おじさん」
ジョブ:営業マン
年齢:アラフィフ
スキル:無差別お誘い攻撃

見た目は小太りなのに、根拠のない自信の持ち主で、アラフィフの独身。とにかく女好き。新しく入った女子のバイトにはもれなく声をかけ、メールアドレスを聞き出し、そして飲みに誘う。居酒屋ならまだしも宅飲みとかに誘う。普通、干支一回りや二回りも離れた異性を誘うのって相当勇気いる行為じゃないですか。そこを何の躊躇もなく誘う。みんなが「あの人の不屈の精神だけはすごい」とよく言ってました。
でも戦績はあまり振るわなかったみたいで、「A5ランクの和牛の肉が手に入ったから、うちで鍋パーティーしない?」と誘われたバイト女子が「あいつと和牛食べるくらいなら一人でマック喰ってた方がマシ」という名言を残してました。

ハンバーガーにも負けたオッさんですが、好みのタイプはアラフォーの明るい美人らしく、以前そのものズバリの女性が入ってきた時は大興奮して追いかけ回し、ちょっとした伝説になっていました。
彼女はサブワークで夜のお店にも勤めていたのですが、オッさんは頻繁にそのお店に通って、指名したり、時には店が終わる頃に外で出待ちしてたりと、もう結構ギリギリなレベル。みんなで必死に止めていたのですが、歯止めがきかず「結婚を考えている」と宣言しはじめ、ちょっとヤバくない!?とざわつき始めた頃に、彼女はぜんぜん違う人と授かり婚で寿退社。
さすがにしばらくガッカリして静かにしてるかなと思ったら、半年後くらいに「彼女ができたから二人で温泉旅行に行ってくる」とみんなに報告してました。

とにかく元気で現役すぎるオッさんでした。

肉食系おばさんのステータス

「小悪魔フェロモンおばさん」
ジョブ:事務
年齢:アラフォー
スキル:過激なボディタッチ

制服を着てると清楚系で、黒髪ロングの美人。アラフォーでバツイチで、社会人のお子さんがいるという女性でした。そんで私服がなぜか派手でエロい。

彼女とは幾度か飲み会で一緒になったのですが、居酒屋とかなのにワンショルダーのドレスや、背中が全部見えてるワンピースなどを着て現れ、毎回「おいおいおい…」って感じでした。オジさんたちは毎回大喜びでしたが、女性陣からは「あの人がくると私たちまでセクハラされんのよね」と若干冷たい視線を浴びていました。

どうやら彼女は男性たちを手玉に取るのが大好きなようで、酔っ払っては膝に乗ったり、頬っぺたにキスをしたり、オデコとオデコを合わせてキス顔をしたり、自分から胸を触らせたり、とにかくアプローチが多彩。ボディタッチも過激で、オッさんの上半身をまさぐったり、股間を揉んだりと、なんで普通の飲み会でそこまで!?みたいなことをするんです。

このテクで若い子から熟年のオッさんまでホイホイと落ちていったので、勇気がある方は試してみてください(笑)

一度どうしても気になって「なんでそんなにオッさんに触るんですか…?」と聞いてみたら「え~酔っ払って覚えてない~!でも私は帰国子女だから、アメリカだとボディタッチは普通だし、キスとかも挨拶だよ!」と元気に教えてくれました。ほんとかよ。

そして出逢ってしまったふたり

そんなふたりは、それまで働いている支店が違ったので、お互いに知らない関係でした。ですがあるとき、顔の広い本社の部長が大きめの飲み会をセッティングしたことにより、初顔合わせとなりました。
とうとうエロテロリストとエロテロリストが出会ってしまう!と言うことで、みんなで「ちょwwwなんだよこの対決www」と、ワクワクしながら当日を迎えました。

オッさんは「例のエッチなオバさんが来る」というのをあらかじめ聞いていたらしく、和柄の刺繍の入ったジーンズ、革ジャン、ウォレットチェーンと、バッチリなスタイルでキメて現れました。そしてちょっと遅刻するという彼女のことを、ワクワクしながら待っていたようです。

開始一時間ほど経った頃、彼女はいつも通り胸元と肩が露出したニットを着て登場しました。
嬉しそうな笑顔を浮かべ、すかさず彼女を隣に呼ぶオッさん。すると彼女、「…あっなんか寒いね!」と言って、アウターのジャケットを着直したのです。

オッさんはそんなことは気にせず、彼女にピッタリと張り付いていきました。「初めましてだね~。噂は聞いていたよ~(ドゥフフフフス)」と嬉しそうな挨拶をしましたが、彼女は「あ、ほんとですね。よろしくお願いします」とサラッと言って、おとなしく飲み始めました。
焼き鳥が来たところで「知ってる~?焼き鳥にはニンニクなんだよ!どこ行っても俺はコレ!絶対美味しいから!最初にちょっとつけて食べてみて!」と、なんだかよくわからない焼き鳥奉行を始めていましたが、彼女は「ありがとうございます」とスッと流し、静かに飲み続けていました。
あれ?いつもみたいに焼き鳥を「あ~ん♡」ってしないの?いつもみたいに膝の上に乗ったりテーブルの下で手を握ったりしないの?なんで?なんで?

オッさんが「あとでカラオケに行こうよ!俺が蠍座の女歌ってあげるから!」と誘っても反応が薄い。というか今思ったんですけどモテない人って気を引こうとする言葉がことごとく的外れな法則ありません?

そのうち乱れるのかな?とワクワクしながら観察するも、彼女は結局オッさんの横でずっとおとなしくしたまま二時間が経過し、オッさんはひたすら滑り散らかし、そのまま何事もなくお開きに。もっとハードな絡みが見られるかと思ったのに!いや別に見たくもないけど!と肩透かしを食らった気分で帰宅しました。
オッさんはどうやら彼女のお眼鏡には適わなかったようです。そういえばいつも無差別テロに見えて、その場で一番男前なオッさんや一番若い男子のところで乱れてたし…。しっかり相手を選んでやってるということがわかりました。

というオチで終わったかと思いきや、後日ほかの社員から「あんとき彼女おとなしかったじゃん。実は幹事の部長と最近いい仲になったらしいよ」と暴露話をされました。大人しくしてるかと思いきや、やることはしっかりやってたんですね。さすが小悪魔オバさん…。

…そういえば部長は超がつくほどの金持ちでした。

職場内恋愛のやりすぎに注意!

会社で働くと必ずと言っていいほどついて回る職場内恋愛。
真剣に付き合う分には良いと思いますが、やり過ぎると周りから見て大変痛々しいことになります。こういう社内恋愛に命かけてるような人って、大体どこの会社にもいます。中にはこういう肉食獣のようなオッさんやオバさんもいるので、皆さん気を付けて下さい。

軽はずみにスキを見せたり親交を深めてしまうと、大体あとで面倒くさいことになりますからね。社会でうまくやっていくためには、そういう人の受け流し方を覚えていくのも大事です。あと、時にはきっぱり断る勇気も必要ですよ!

以上、あんまりためにならない社会人のアドバイスでした。

投稿者名

は * る

独自のユーモア溢れるセンスで数多くのフォロワーを抱える女性ツイッタラー。
実は神経質で几帳面なA型。「世間話をしていたつもりなのに、いきなりシリアスなカミングアウトをされがち」とのこと。
ちょっとシニカルながらも多くの人が親しみを覚える切り口で、なんとなく思っているけど言葉にできないことを呟くツイートが大人気。

Twitter:https://twitter.com/PlasterStar999

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ