pagetop

 > 東京の恋愛観

東京の恋愛観

2019/04/04 UPDATE

大学進学を機に地方から上京した時、地方と比べて東京での恋愛は独特だなあと感じることが多々ありました。なぜなら地方と東京ではモテる男性像がほぼ正反対だったからです。今回はそのことについて掘り下げて書いてみようと思います。

非モテからのモテ体験!?

高校時代、僕はモテない地味な存在でした。勉強は飛びぬけて得意な方でしたが僕のいた高校では勉強を頑張りいい大学を目指す人はかなり少数派だったため、未確認生物かのような扱いをされる始末。片田舎の薄暗い道をとぼとぼと一人で歩いていた記憶が今でも鮮明に残っています。

それが大学進学を機に上京し一変。女性からチヤホヤされる機会が圧倒的に増え、時にはモデルと遊んだり局アナと合コンで仲良くなったりするようなこともありました。数年前までの自分と比べるとあまりにも状況が変わり、信じられない気持ちでいっぱいでした。
全くモテなかった僕が急にモテ始めたのは僕自身何かが変わったというわけではなく、東京では有名な大学や企業の男性(いわゆる※1ハイスペ)が好かれるから、という話だと思います。
極端に言えば、地方では女性に見向きもされないガリ勉だった少年が東京に来るとハイスペ男性としてチヤホヤされるわけです。(あくまでの僕の所感ですが)
※1編集部注:ハイスペ→ハイスペックな人

地方でモテる人、東京でモテる人

僕自身の体験上、地方でモテるのはいわゆるマイルドヤンキーと呼ばれる人たちです。友達思いでちょっと喧嘩早くて、でも情に厚い人たち。一方、東京ではハイスペと呼ばれる学歴や年収などのステータスが高い人たちがモテます。要は地方と東京では全然違う人種がモテます。その理由を僕なりに考えてみました。

地方では就ける職種や職業が東京ほど多くなく、大企業もほとんどありません。そのためいくらいい大学を出てもあまり年収には反映されないため、必要以上に勉強を頑張る理由がありません。その結果、そこに住んでいる人達は格差の少ない似たような生き方をしており、協調性や人との繋がりを大切にします。ですので友達が多く喧嘩が強い、コミュニティを仕切れるような人が強いわけです。

一方、東京で生きていくにはとにかくお金がかかります。東京で稼げるのはいわゆるハイスペと呼ばれる人たち。そこで生きていくためにパートナーとしてハイスペな男性を選ぶのは合理的な選択です。また、ブランド志向の強い東京ではパートナーがハイスペだと世間体が良く、同級生やママ友の中でのステータスも上がるような気がします。

一見、地方と東京でモテる男性像は全然違うなと思っていましたが、突き詰めていくと本質的には同じなのかもしれません。地方ではマイルドヤンキーが強い。東京だとハイスペが強い。要はその土地柄と相性が良く、強い男性がモテるわけです。男性の方は自分の性格や能力に合っていて力を発揮できるところにいった方が案外、恋愛も上手くいくのかも知れません。恋愛が上手くいかないと思って
いる男性の方は自分の環境を変えてみると案外、恋愛無双できるかも!?

感想などお寄せいただけると嬉しいです!

投稿者名

錯覚

日々生きづらいなと感じてしまうことをひたすらSNSに殴り書きしている人。 Twitter:https://twitter.com/sakuoboe

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ