pagetop

 > 真夜中に薄着で彼氏の家を飛び出すダメな私。「自分の欠点って克服できるの?」

真夜中に薄着で彼氏の家を飛び出すダメな私。「自分の欠点って克服できるの?」

2019/05/14 UPDATE

とうとう、新しい時代の幕開け!って感じがしなくもない今日この頃。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私はつい先日、仕事休みの彼氏の弟を運転手として駆り出し、買い物する気満々でショッピングモールに行ったものの、キャッシュカードが謎に磁気不良。

1円も引き出せず、しかたなく、絶対使わないと誓っていた貯金用のカードからおろそうと試みたものの、しばらく使っていなかったため暗証番号を思い出せず、いろいろ試しているうちにカードにロックがかかり、結局何も買えなかったという残念なエピソードに見舞われたばかり。

せっかく貯金に手を出そうと、己れの誓いを破り、魂を汚す決意をしたにもかかわらず、私に残されたのはカードの磁気不良を直し、もう一方のカードのロックを外しにいくという課題だけであった。

ここまでくると、不運を通り越して、もはや見事である。

たしかに、私はおっちょこちょいだ。
自分はそういう人だからとありのままに受け止めているけど、ここまで情けないことになると己を見つめ直さざるを得ないんです…。

自分、欠点多すぎて開き直るしかない

最近は就活で自己分析をする機会があるので、自分を見つめ直すことが多い。

その度に、己の欠点の多さに唖然としてしまう。

結論から言うと、私は極度のおっちょこちょいに加え、天邪鬼無責任
ちなみに、倫理観も若干欠如している。

具体的なエピソードをあげると、こう。
友達と行った温泉でロッカーを勝手に2個使い、鍵を1つ無くして慌てて探し回ったところ結局ポケットに入っていたのだが、探しているうちにもう1個の鍵を無くしてしまった。

こんな人間を採用したい会社は、まずない。
私はこれらを直さなければいけないのだが、おっちょこちょいを直すのは意外と難しい。
「気をつけるようにする」以外に改善方法が見当たらない。

おっちょこちょいの改善は無理でも、無責任で倫理観が欠如しているという点について、これはさすがに直したい。

私は、優先したい用事が現れた場合、バイトが入っていても躊躇なく当日欠勤する上、ちょっとしたルールなんかはまず守らない。

家族やバイト先の社員や友人など各方面から怒られるので、直したいっちゃ直したいが、今まであまりにも怒られすぎているので、正直なところ、怒られることに慣れてしまっている自分がいる。
私の関係者各位は100%に近い確率で呆れ果てていると思うが、私ときたら「どうぞこれからもよろしくね」と思っている始末…。
この場を借りて今までの無礼を謝った方がいいとも思うけど、どうせまたすぐ何かやらかして怒られるだろうから、その時に謝ることにしようかな…いやはや、誠に情けなし。

肉まん、開き直ってる場合かよ!という声が聞こえてきそうですが、私がこうやって開き直っていられるのは、迷惑をかける相手と自分との間に一定の距離があるからだと思うんです。

友人にしてもバイト先の人にしても、別に私を中心に生きているわけではない(あたりまえ)。
そもそも、私みたいなゴミクズとは別に、素晴らしい友人だったり部下がいるわけだ。
だから、私も安心してわりと自分勝手に生きていられる。

でも、お互いが唯一の存在だったりすると、好き勝手のしすぎは許されない。
代打が通用しない分、一周回ってバッサリ切られる可能性が高い。
私に一番近くて、一番密接で、一番会う頻度が高い人間といえば、ただひとり。
マイスウィートダーリンだ。
ご多分にもれず、彼にも迷惑をかけている私だが、他の追随を圧倒する量だと思う(申し訳なさ…!)。

彼氏にもいつか捨てられる…!?

代表的なものをあげると、私は怒るとかなりの確率で「もういい!帰る!」と言って彼の家から飛び出すのだ。

ついこの間は、彼氏が私の話を上の空で聞いてテキトーに相槌打つもんだから、夜中にショートパンツとパーカー1枚で家を飛び出した(この日の気温は3℃)。
彼的に「いや、お前どうやって帰るんだよ」って感じなのだろうが、そもそも私は帰ろうなどとは思っていない。
彼の家から駅まで3kmあるし、たとえ駅にたどり着いたとしても終電なんてないし、そもそも財布とか全部置いてきてるし…。

まぁ、彼もそんなことは百も承知なのであろう…。
その証拠に、前回出て行った際、スマホを見たところSNSがオンライン中になっていた。

ギィイ…悔しい…!

そこまで相手にされないと、なんかもうこちらもバカバカしくなってくるのだが、「帰る!」と言って飛び出している手前、数分で戻るわけにはいかない。
とはいえ、真冬の夜中をショートパンツでうろつくのは寒い。
己の判断力の無さと凍てつくような寒さで、心が痛いのか風に刺された肌が痛いのかよくわからなくなってくる。

とりあえず、迎えに来てくれるのを待つしかないので、一応隠れてるっぽいけどすぐに見つけてもらえそうな場所をチョイスして、そこにうずくまる(ダサい)。
そうすると、30分もすればだいたい迎えに来てもらえる。
基本的にめんどくさそうな顔丸出しで来られるが、仕方ない。
実際、私はめんどくさいことをしているのだから。

毎度、いつか愛想を尽かされるのではないかとヒヤヒヤしながら家を飛び出しているのだが、前回「それって趣味なの?」と聞かれてしまったので、もう2度と飛び出さないようにしようと心に固く決めた。

私としたことが、家を飛び出すとか「もう帰る!」とかは最後まで取っておくべきだった。
乱用しすぎて相手にされなくなってしまったので、本当に怒ったときにすることがない…。



自分の欠点を見つめ直して改善しよう!…と決意するところまではいつもたどり着けるけど、いざその場面に直面し、グッと堪えられるかというのはまた別の話。
自分の欠点を克服する方法ってマジでなんだ?
まぁ私の場合、出ていかなきゃいいだけの話なんですけどね!

投稿者名

肉まん

BMI25のFラン女子大生。彼氏への愛憎と食欲が止まらないので毎日しんどい。好きな言葉は「当駅始発」
Twitter:https://twitter.com/mou_yadayada

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ