pagetop

 > 藤本シゲユキの恋愛ラボ Case12「ゲームばかりの彼。結婚してもいい?」

藤本シゲユキの恋愛ラボ Case12「ゲームばかりの彼。結婚してもいい?」

2019/05/28 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“リアライフカウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第12回はペンネーム「あゆみ」さんからのご相談です。

今回のお悩み

皆さん、こんにちは。リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
この度は恋愛ラボに多数のご相談をいただき、誠にありがとうございます。
今回は「この人と結婚してもいいの?」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:あゆみ(32歳/女性/OL)

■相談内容:
付き合って1年半の彼氏と同棲して半年になります。
結婚を前提に同棲をスタートしたのですが、どうしても引っかかることがあるんです。
それは、彼氏が家にいる間中ずっとゲームばかりしていることです。彼はちゃんと仕事をしてはいますが、通勤途中もずっとスマホでゲームをしているようです。
最近は私が話しかけても空返事で、大事な話をしても、都合のいいことを言って話し合いを避けようとします。
この間、「いい加減にして!ゲームばっかりしないで!」と怒ると、彼はふてくされて、その後は自室に閉じこもってゲームをするようになってしまいました。
私の言い方も悪かったと思いますが、もしこの人と結婚して子供ができたら、子育てに非協力的な親になりそうで怖いです。
私は、彼と結婚してもいいのでしょうか?日に日に家に帰るのが憂鬱になってきました。

彼との結婚はやめたほうがいい

結論から申しますと、彼とは結婚しない方がいいですね。その理由を具体的にお話しさせていただきます。

まず、彼は「ゲーム依存」に陥っているようです。

○○依存と名前のつくものは例外なく、自分で自分の機嫌を取れないことにより、満たされない心の穴埋めをしたいという欲求が根本になって、心の隙間を埋めようとする行為から始まります。
異性の愛情、金銭、地位や名誉、刺激、快楽など人によって求めるものは違いますが、求めれば求めるほど依存状態が深刻になっていきます。
「どこからが依存になるのか?」という点については、実は明確な基準は存在せず、一説によると「自分の子供や大切に思う人がそれをしていて嫌かどうか?」が、依存の判断基準になるようです。
彼はすでに根深い依存状態にあるといっていいのではないでしょうか。
もちろん、世の中には深刻な依存状態から立ち直った人が大勢存在します。
ただ、これは周囲の支えや専門機関のサポートがあったから立ち直れたというケースが多いので、依存対象への執着心が強すぎる人ほど、自力で克服するのは難しいかもしれません

相手と向き合えない人は、自分自身からも逃げている

彼と結婚しない方がいい理由はもう一つあります。僕の見解では、ゲーム依存よりも今からお話しすることの方が深刻だと感じます。

それは、彼が人と向き合えないタイプということです

「向き合う関係性」とは、たとえ都合の悪いことであっても、お互いが問題から目を背けず、直視し、解決に向けて立ち向かうことの繰り返しで成り立つもの。
幸せな夫婦は例外なく、この「向き合う関係性」を形成しています。
言うまでもなく、どちらかの人間が向き合おうとしなければこの関係性は成立しません。
さらに、向き合う関係性を形成するためには、お互いが「自分自身と向き合っている」ことが大前提になります。
自分と向き合っていない人間が、他者と向き合えるわけがありませんし、自分にできていないことを他者にもできるわけがないということです。
自分と向き合っている人はなにかに依存しませんし、他者から指摘されたことは、言われた言葉の意味を考えて真摯に受け止めようとします。
つまり、彼はあなただけでなく自分自身とも向き合わずに逃げているので、こういう人が変わることはほとんどないと思っておいた方がいいでしょう。

「結婚して子供が生まれたら育児に非協力的な親になるのでは?」という不安は、大げさでもなんでもなく、僕も彼がそのようになると思います。
断言いたしますが、「そういうところやで?」の数が多い人ほど、そんな簡単に変わることはないんです。
よく、「私がそばにいたら、いつかこの人も変わってくれるかもしれない」と、いわゆるダメ男のそばにいる女性がいますが、それで相手が変わったというケースを僕は聞いたことがありません。
それに、相手が変わることを期待してそばにいるだけでは、なんの解決にもならないんですよ。

例えるなら、宝くじを買ってもいないのに「3億円当たればいいなあ」と言っているのと同じことだからです。
人に人は変えられない。それでも変えたいなら、ぶつかっていくしか方法がないんですよね。

彼に向き合ってもらう最後の方法

「男性は逃げ道をなくしたらいけない」なんて言いますが、自分と向き合ってない人にそれは通用しません。
逃げ道を作るから向き合おうとせず、ずっと逃げるということです。

ただ、ぶつかると言っても、感情的になって高圧的な物言いをしてはダメなんですね。
あくまでも話し合うことが必要であり、「制圧」になってはいけないんですよ。
とはいえ、「いい加減にして!ゲームばっかりしないで!」と怒ってしまうのは、さすがにしょうがないと思います。
それだけ積み重なったイライラやモヤモヤがあるということですからね。

言い方があるんだとしたら、「ねえ、ちょっと大事な話があるんだけど聞いてほしい」という前置きがあった方がよかったかもしれませんが、いかんせん、彼は大事な話であっても逃げるようなので、これが最後の警告という覚悟で、次のように言ってみてください。


「どうしても話したいことがあるから、ちょっと手を止めて聞いてほしい。
このままあなたがゲームばかりして、会話もろくにしてくれないんだったら、もう同棲を解消して別れたいです。
このままだったら結婚しても上手くいかないのは目に見えてると私は思うし、そのことについてどう思っているか聞かせてほしい」


今まで向き合ってくれなかった相手に対してちゃんと話を聞いてもらうためには、背水の陣で臨む必要があります。
「私はそこまで本気だよ」という意思を伝えないと、相手も言われた言葉の意味をしっかり考えないということです。
ここまで伝えて、彼がどう返してくるかは、あくまでもそのときの彼の受け取り方と解釈次第。
恋愛に限らず、上手くいかないことが続いたときは、思い切った方法を試すことが必要になることは忘れないでください。

最後に。
いろいろお話しさせていただきましたが、「日に日に家に帰るのが憂鬱」ということであれば、それが答えでもあると思いますよ。
それだけ、彼と一緒にいるのが苦痛ということでもあるので、まずはご自身の今の正直な気持ちを考えてみてください。
そこで出た答えによっては、話し合いを設ける必要はありません。

本コラム内にてお悩み相談、随時募集中!
相談内容や相談へのお返事はコラムに掲載させていただきます。
送り先は僕のメールアドレス(hamsanmm@gmail.com)かメールフォーム(http://damasarenaiwa.com/contact/)まで。
応募の際はより具体的な状況を知るため下記の6つを必ず入れてくださいね。

 
  • ・「アイスムコラム内での相談」と必ず記載をお願いいたします。
  • ・ニックネーム
  • ・簡単な自己紹介(年齢・性別・職業など)
  • ・相手とのこれまでの経緯
  • ・相手の性格や恋愛遍歴
  • ・これからどうしていきたいか
 

いただいた相談内容はこちらのコーナー以外での使用はいたしませんのでご安心ください。

皆さまのご応募、お待ちしております。僕はあなたの力になれます。

投稿者名

藤本シゲユキ

悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ