pagetop

 > 藤本シゲユキの恋愛ラボ Case14「忙しすぎる彼に、もっと大事にされたい」

藤本シゲユキの恋愛ラボ Case14「忙しすぎる彼に、もっと大事にされたい」

2019/06/27 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“リアライフカウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第14回はペンネーム「bell」さんからのご相談です。

今回のお悩み

皆さん、こんにちは。リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
今回は「彼が忙しすぎて会えない」この方のお悩みにお答えします。


■相談者:bell(40歳/女性/パート)

■相談内容:
結婚を前提にお付き合いしている彼氏がいます。
彼は多忙で、SNSはいつも既読スルー…電話は一切なし…約束事は全く果たせない状況です。ひと月に1、2度会えるか会えないかで、会うのはいつも夜。付き合って半年経ちますが、一日デートはしたことがありません。
彼は「いつも、仕事が忙しくて自己中な自分が原因で振られる」と言います。
忙しいのは嘘じゃないと信じたいですが、自分の趣味に没頭する時間はあるようで、つい疑問に感じてしまいます。
彼にワガママだと思われたくない一心で、機嫌を損ねないように…と気を遣ってしまい、言いたいことが言えません。彼に何を言われるか想像がついてしまうんです。
今の彼の状況をみると、結婚は程遠いように感じます。
私はなんとか付き合っていきたいと思っていますが、このままでは我慢の限界です。

恋愛下手の典型的なパターン

まず、はっきりと言ってしまいますが、今までの接し方に問題があります。

相手が忙しいからと、顔色を伺って機嫌を損ねないように気を遣われているようですが、この状態でいい恋愛関係を築くことは不可能です。
そして、相手に何を言われるか想像がつくということですが、たとえ、想像した通りの言葉が返ってくる可能性が高いとしても、的中率100%の予言者でもない限り、絶対にその通りになるとは限らないはずです。

恋愛が上手くいかない女性は、必ずと言っていいほど「言わなさすぎ」「決めつけすぎ」です。

「言わなさすぎ」というのは、自分の思っていることや考えていることを相手に言わないこと。
「決めつけすぎ」というのは、相手に確認もしていないのに、憶測だけで「きっとこうに違いない」と決めつけることです。

実は、モテる女性や恋愛が上手くいく女性は、この真逆なんですね。
彼女たちは、自分の思っていることをちゃんと相手に伝え、決めつける前に相手に聞いて確認します。
「もっと大事にしてほしい」と思いながら、恋人にそう伝えない女性がいますが、大事にしてほしいなら「どう大事にしてほしいのか」をちゃんと言わないことには、相手には何も伝わらないんですよ。

「相手がしてくれないことは、習慣にないからできない」ので、自分をどのように扱ってほしいかをちゃんと伝えないと、相手は悪気なく、これまで通りのペースで接してきます。
精密機械の取扱説明書でさえ、「高温多湿な場所に置かないでください」「水につけないでください」と書いてあるのに、人が自分の扱い方を相手に伝えもせずに思うような接し方を望んでも、叶うことはありません。

そして、恋愛関係に限らず、相手を決めつけてもいいことは一つもないので、疑問に思ったことはその都度ちゃんと確認したほうがいいですよ。
この確認作業を怠る人は、相手の人格を憶測だけで勝手に決めつけ、被害者面していることも多いですね。

自分の気持ちは伝えよう

それから、今からお話しすることは、憶測で人を決めつけるな!と言っておきながら筋が通らないかもしれませんが、統計と事実に基づいてのことなのでお話しさせていただきますね。

彼には趣味に没頭する時間があるということですが、その場合、常に忙しいというわけではないと思います。
使える時間はあるようですが、捻出しようとしていないだけなんでしょうね。
超多忙というより、おそらく、自分の時間を自由に使いたい人なのではないでしょうか。

だからこそ、思っていることをちゃんと伝えないといけないんです。

彼が「いつも、仕事が忙しくて自己中な自分が原因で振られる」と言っているということは、自覚しているようでしていないか、もしくは、自覚しているけど直す気はないかのどちらかです。
どちらであれ、彼のような付き合い方をしていたら、彼自身も今後の恋愛が上手くいくことのほうが少ないでしょうし、このタイプの男性を丸ごと許容できる女性は極稀だと思います。

このまま何も言わずに我慢して彼と付き合っていても、いずれ我慢できずに別れを切り出してしまうことになりかねません。
なんとか頑張って付き合っていきたい、でも、我慢の限界ということであれば、我慢せずに思っていることをちゃんと言いましょう。
今まで、相手の機嫌を損ねないように顔色を伺ってきた恋愛から卒業するためでもありますし、彼のためでもあります。

どんな風に思っていることを伝えるか、例をあげるとこういう感じです。

「お疲れ様。いつも忙しいみたいだから言うの迷ってたんだけど、言うね。
正直、今の状態だと寂しいです。付き合っているという実感がもう少し欲しいのが本音です。
でも、私はあなたの仕事の邪魔をしたいわけじゃないし、これからも付き合い続けていきたいと思っているから、そのことについてちょっとだけ話せないかな?
すごくわがまま言ってるようで気が引けたんだけど、言わないとわからないし、あなたには隠し事とかしたくないと思ったんだよね。
急にこんなこと言ってごめんなさい。返事は急がないから、どうか前向きな意見をもらえると嬉しいです」

これは僕が考えた文章なので、ご自身の言葉に置き換える必要がありますが、交際しているのであればこれくらいのことは言えないと、付き合ってる意味がないですし、結婚前提のお付き合いであれば、むしろ言えないとダメです。

答えを先延ばしにしない

ここまで伝えれば、あとは相手がどう受け止めて、どう解釈するか。これは相手が決めることです。

しっかり向き合ってくれる男性であれば、誠実に対応してくれるはず。
しかし、向き合ってくれない男性であれば、無視、逆ギレ、関係ないことを返すなど、不誠実な対応になるでしょう。
この場合、相手が今後も向き合ってくれる可能性はないと証明されたことになるので、今後思っていることを言っても言わなくても、その相手とは上手くいかないですね。

仕事が忙しい男性にも大きく分けると2種類あって、それは、どんなに忙しくても誠実に対応してくれる人と、忙しさを理由に恋人と向き合わない人です。

後者は、忙しいから時間が取れないのではなく、仕事に逃げて恋人と向き合うつもりがないだけなんですよ。
もちろん、多忙すぎて精神的な余裕がなくなる場合もありますが、誠実な人ならそのことをきちんと伝えてくれますね。

そして、思っていることをちゃんと伝えることは、相手が誠実な人間かどうかを確かめるためにも必要です。
もちろん、言い方によって伝わり方は変わるので、前述の僕が考えたメッセージのように、自分の言いたいことを先に考えてから、相手の事情を考慮し、どんな言い方をするのがベストか、を考えないといけません。
そうやって相手に伝えてもしっかり返してくれないのであれば、不誠実とみなされてもしょうがないわけです。

答えを先延ばしにしたところで、ほとんどの場合、悪い未来を延命しているだけにすぎません。
相手がもし不誠実なら、その事実はずっと変わらないわけですからね。

恋愛に限らず、上手くいかないことが続いているのなら、同じ方法を繰り返しても違う結果になることはありません。
思い切って、別の方法を試さないといけませんよ。

本コラム内にてお悩み相談、随時募集中!
相談内容や相談へのお返事はコラムに掲載させていただきます。
送り先は僕のメールアドレス(hamsanmm@gmail.com)かメールフォーム(http://damasarenaiwa.com/contact/)まで。
応募の際はより具体的な状況を知るため下記の6つを必ず入れてくださいね。
  • ・「アイスムコラム内での相談」と必ず記載をお願いいたします。
  • ・ニックネーム
  • ・簡単な自己紹介(年齢・性別・職業など)
  • ・相手とのこれまでの経緯
  • ・相手の性格や恋愛遍歴
  • ・これからどうしていきたいか
いただいた相談内容はこちらのコーナー以外での使用はいたしませんのでご安心ください。
皆さまのご応募、お待ちしております。僕はあなたの力になれます。

投稿者名

藤本シゲユキ

悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ