pagetop

 > 生粋の恋愛ポエマー0号室のツイート攻略本 目次「恋をするなら、アクセル全開で挑め」

生粋の恋愛ポエマー0号室のツイート攻略本 目次「恋をするなら、アクセル全開で挑め」

2019/07/10 UPDATE

こんにちは、こんばんは。いつも恋愛になると猪突猛進型男子の0号室です。

攻める時は、いつも全力疾走でウサイン・ボルト並みに駆け抜けます。
もちろん、若い時の話ですが。

皆さんは、いざ恋愛になるとどちらのタイプに分類されますか?


「付き合えるなら、痩せるし、可愛くなるし、もし彼女いるなら略奪してもいい!」
の、アクセル全開ガンガンいこうぜタイプですか?

それとも、

「付き合えるなら嬉しいけど、自信ないし、どう動いていいかわからないからとりあえず様子見ようかな」
の、ブレーキ多め、嫌われるぐらいなら保身に徹するタイプですか?


もし、保身タイプの方がいるなら、ぜひ今回のコラムを最後まで読んでもらえたら嬉しいです。
男性が「こういう子に弱いんだよな」と思う女性のタイプを、男子目線のツイートと共に解説していきたいと思います。

『男が追いたくなる女性』



よく聞く恋愛テクニックってありますよね。
「恋は駆け引きが大事」、「押して押して最後にグイッと引いてみる」とか、ネットを開けばもちろん書いてありますし、大抵の人は見聞きしたことがあると思います。
ただ、それをするのかしないのか…という話になりますが、僕個人の見解を言わせてもらいます。

男性の半数は、押しに弱く、押しが強い女性を好みます。
そして、押しが強い女性だからこそ、追いかけたくなるのです。

男性の多くは、追われる恋愛だと調子に乗るし、飽きるのも早いのですが、追う恋愛になると独占欲が燃え出し、その炎が消えることは、何か特別な理由がない限りありません。
男性は常に尻尾を振って、追われる立場の女性のことを追いかけたくなる生き物なんですよね。
はぁ、男って単純(自分もですが)。

「男性は追う方が燃えるなら、女性は受け身の方がいいんじゃない?」
「押しが強い女性が追われる側って、どういうこと?」

という質問が来そうなのでお答えしますが、【押しが強いタイプ=追われる側】に共通していることがあります。

それは「自分に自信がある」ということです。

そりゃそうですよね、自分に自信がなくて恋愛に後ろ向きになってしまう人が、どうやって相手に自分をアピールするのでしょう。
就職活動でも同じですよね。面接に行くと必ず自己PRさせられるじゃないですか?自分のことを好きになれない人がいくら相手に自分を売り込んでも、薄っぺらく聞こえてしまうもの。
恋愛だって、自分を売り込んでいかなきゃ相手は興味も持たないし、所詮“付き合うに値しない人”になってしまうわけですよ。

それなら、自分に自信つけて、PR活動も上手くなって、いい男捕まえましょうよ!
ちなみに、これは周りの男友達10人以上に聞いてリサーチ済みなので、信憑性は高いと思います。

その関係が終わる前にやるべきこと



誰かを好きっていう気持ちを抱いたことがある人ならわかるでしょう。
この感情にはどうしたって勝てないし、我慢できないし、消えることはないし、厄介で、まとわりついて、出さずにはいられなくなるんですよね。

それなのに、なかなかこの感情を出せずに終わってしまったり、終わってから何故か出してきたりする人、いませんか?
いますよね、絶対いますよ。
「好きなのに何もできずに別れてしまいました、元に戻りたいです」みたいな相談が多く寄せられるので。

きっと、このコラムを読んでいる方の9割は女性だと思うので、はっきり言いますが、好き好きアピールされて嫌がる男性なんてほとんどいません。

これも周りにリサーチ済みなので、自信を持って言えます。
ただし、全員が全員ウェルカムとは限らないので、嫌がる人にはやめましょうね。
そこは加減が必要ですし、あなたがよっぽど空気が読めないか超鈍感でない限りは、相手の態度を敏感に察知して、出す出さないを決めてください。

最後に一言。
別れてから自分の気持ちを出したって、なんにも意味がないですからね。

投稿者名

0号室

「妻大好き症候群」の夫。2013年7月よりTwitterを開始。恋する気持ちを表したツイートが共感を呼び、フォロワー数25万人を突破。今年の3月に書籍4冊目を出版するなど文筆家、コピーライター、インフルエンサー、インスタグラマーとして幅広く活躍中。
HP(書籍関係):https://0roomroom.wixsite.com/mysite twitter:https://twitter.com/0__room instagram:https://www.instagram.com/0___room/

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ