pagetop

 > 藤本シゲユキの恋愛ラボ Case19「遠距離の彼…私に会いに来てほしい」

藤本シゲユキの恋愛ラボ Case19「遠距離の彼…私に会いに来てほしい」

2019/09/02 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“リアライフカウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第19回はペンネーム「ほのか」さんからのご相談です。

今回のお悩み

皆さん、こんにちは。リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
今回は「遠距離の彼氏が会いに来てくれない」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:ほのか(26歳/女性/事務員)

■相談内容:
4歳上の彼氏とは付き合って1年ちょっとなんですが、交際後すぐ彼が転勤になり、そこから遠距離恋愛が始まりました。
最初のうちは月一ですが会いに来てくれていました。でも、ここ最近は頻度が落ちてきて、今は3ヶ月会えていません。
どうやらお金がないらしいのですが、会社の同僚とは遊びに行ったり飲みに行ったりしているので、不満に思ってケンカになったこともあります。
遠距離を長く続かせる秘訣は、「彼に会いに来てもらうこと」といわれているので、私からはまだ会いに行ってません。
彼に「もう3ヶ月会ってないよね、寂しくないの?」と聞いたら、「なんか俺ばっかり行ってるからなあ」と言われたので、腹が立ってケンカしてしまいました。
どうしたら、彼は私に会いに来てくれるでしょうか?

彼の本音に気づいてる?

まず、思ったのは「自分のことしか考えてないなあ」ということです。
なぜ、彼が会いに来ないのか、その理由を少しでも考えたことはありますか?
理由をはっきり言わない彼にも、もちろん原因はありますが、おそらくこう考えているのではないでしょうか。

「なんで俺ばっかり会いに行かんとあかんねん。お前のほうから来ようって気はないのか?俺が行くの、当たり前と思うなや」と。

「なんか俺ばっかり行ってるからなあ」という台詞には、彼の不平不満が多く隠されているなと感じました。

それから、どんな情報を見られたのかはわかりかねますが、「彼に会いに来てもらうこと」は、遠距離恋愛を続かせる秘訣でもなんでもありません。
彼女側に、住んでいる土地を離れられない事情があるならまだしも、そうじゃないのであれば、何度も彼女に会いに行っている男性からすると、「なんで俺ばっかりなんだよ」と思って当然です。

しかも、相談の文面から、会いに来てくれている彼に対し、感謝の気持ちを抱いているようには思えませんでした。たとえ、口先やメッセージでありがとうと言っていたとしても、本心でそう思っているかどうかはすぐわかります。
だって、接している相手は目と耳を通じてあなたのことを見ていますからね。

それに、彼には彼の交友関係があるのは当然のことです。
自分が会いに行くのが当たり前になっていて、そのことに感謝してくれない彼女に、お金を使ってでも会いたいと思えないのはしょうがないことだと思います。

恋愛に「〇〇したら成功」はナイ!!

「彼から会いに来てくれるほうがいい」なんて、こんなことはどうでもいいんですよ。
会いたいと思った人が会いに行けばいいだけだし、そもそもこの秘訣のなにが良くないかというと、「わざわざ遠いところを、自分に会いに来てくれた人への感謝」が感じられないことです。

世の中には、彼女のほうが彼氏に会いに行く回数の多い遠距離カップルも存在しますし、この場合、男性側は彼女に対して感謝の気持ちを忘れておらず、恩返しができるところで返しているようですね。

恋愛にかぎらず、ビジネスの成功法則も同じで、「〇〇をしたら成功する」という絶対的な方法はありません。
誰かが成功した方法と同じことを試して、自分も成功するとは限らないし、その逆もまた然りです。

一つ言えるのは、成功する人は「自分がコントロールできることを変えていく」のに対し、成功しない人は「自分がコントロールできないことを変えようとする」という違いがあります。
これは、幸せになれる人となれない人にも共通することで、厳しいようですが、「どうやったら彼が会いに来てくれるか?」を考えている時点で、自分ではコントロールできないことを変えようとしていることになるんです。

「どうやったら会いに来てくれるか?」を考えると、彼に「会いたい」と思ってもらうことが必要になりますよね。
「会いたいと思うかどうか」は「相手の思い方」になるので、コントロールできないんですよ。

どれだけ「会いたいと思ってほしい」と願っても、会いたいと思ってもらえるような振る舞いをしても、相手がそう思うかどうかは、相手の受け取り方と思い方なので、コントロールすることはできないんです。

ではこの場合、自分がコントロールできることを変えられる女性ならどうするのかというと、言うまでもなく、彼に会いに行くことを選択します。
そして、今まで会いに来てくれていたことへの感謝と、配慮が足りなかったことへの謝罪をするのではないでしょうか。

彼が今まで費やしてくれた時間や越えてくれた距離を、今度は自らが経験することによって、見えてくるものはかならずあるはずです。

「可愛く見せる」とか、そういったことも大切かもしれませんが、「人として」の部分を忘れている男女の恋愛は、「絶対に」長続きしません。

恋愛は、どこまでいってもただの人間関係の延長でしかないんです。

結局は、人対人の付き合いで、そこに恋愛感情があるのが恋愛、ということを忘れないでください。

本コラム内にてお悩み相談、随時募集中!
相談内容や相談へのお返事はコラムに掲載させていただきます。
送り先は僕のメールアドレス(hamsanmm@gmail.com)かメールフォーム(http://damasarenaiwa.com/contact/)まで。
応募の際はより具体的な状況を知るため下記の6つを必ず入れてくださいね。
  • ・「アイスムコラム内での相談」と必ず記載をお願いいたします。
  • ・ニックネーム
  • ・簡単な自己紹介(年齢・性別・職業など)
  • ・相手とのこれまでの経緯
  • ・相手の性格や恋愛遍歴
  • ・これからどうしていきたいか
いただいた相談内容はこちらのコーナー以外での使用はいたしませんのでご安心ください。
皆さまのご応募、お待ちしております。僕はあなたの力になれます。

投稿者名

藤本シゲユキ

悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ