pagetop

 > 藤本シゲユキの恋愛ラボ Case22「どうして男性は弱みを見せてくれないの?」

藤本シゲユキの恋愛ラボ Case22「どうして男性は弱みを見せてくれないの?」

2019/10/18 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“リアライフカウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第22回はペンネーム「シンバ」さんからのご相談です。

今回のお悩み

皆さん、こんにちは。リアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
この度は恋愛ラボに多数のご相談をいただき、誠にありがとうございます。
今回は「つらそうなのに言ってくれない」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:シンバ(27歳/女性/OL)

■相談内容:
付き合って1年になる彼氏がいるのですが、彼は3ヶ月前に部署異動になり、激務で忙しくなりました。
彼はポジティブで明るく、いつも私を笑わせようとしてくれますが、新しい部署での仕事や対人関係に慣れないらしく、どんどんつらそうになってきました。私が心配しても「大丈夫だよ」と、強がってばかりいます。
男の人は、大きな悩みや問題に直面すると殻に閉じこもると聞いたので、私のほうからはあまり連絡もせず、会っているときも負担をかけないようにしているのですが、彼がつらそうなのは変わらないし、会うとお互いに無理をしてしまう日が増えてきました。
彼は私のことを大事にしてくれますが、自分を犠牲にしてまでそうしてほしいとは思いません。どうしたら、彼はもっと弱い部分を私に見せてくれますか?

男性があなたに弱みを見せない本当の理由

以前、ブログの中で「男性の傷口や弱みに寄り添うことができる女性はモテる」といった内容を公開したのですが、この記事を読んだ女性の多くが「私の好きな彼は弱みや傷口を見せてくれません」という悩みを持たれていました。

なぜ、彼女たちの好きな男性が、弱みや傷口を見せてくれないのか。
その理由は厳しいようだけれども「信用されていないから」なんです。
つまり、「こいつにこんな話をしてもわかってくれないだろうな」「どうせ言ったって的はずれな答えが返ってくるんだろうな」というようなことを思われているというわけです。

「男性は大きな悩みや問題に直面すると、自分の殻に閉じこもる」という広く知られた情報って、実は破綻しているんです。
自分の傷口や弱みをパートナーに開示する男性もちゃんと存在するんですよ。
それに、奥さんには悩み事を言わないけれど、クラブのママには悩み事を言うという男性も存在しますから、どこまでいっても「信用されているかどうか」が、傷口や弱みを見せてもらえるかどうかの分かれ道になります。

「好き=信用している」じゃないんですよね。

あなたの気遣い、誤解されているかも…!?

ただ、彼の場合は「そんな弱い自分を見せてはいけない」という思い込みで強がってしまい、弱い部分を見せていないのではないか?と感じました。
今までのポジティブで明るい自分じゃないと、受け入れてもらえないと思っているのかもしれませんね。
その上、あなた自身にも気を遣われて、それが仇になってしまい、彼はあなたに嫌われたくない気持ちから無理をしているのではないでしょうか。
あなたからの連絡が減ったのも、会っているときに負担をかけないようにされているのも、「自分への気持ちが薄れてきたからそうしているのでは?」という風に解釈されている可能性が高いということです。

自分を出せなくなってしんどいということであれば、以前と違う様子のパートナーに対して、違和感を覚えてそのような解釈をされることは、十分に考えられるなと思いました。

自分が相手に心を開くこと

ここで、できることは一つ。

それは、今の自分の気持ちを正直に彼に伝えることです。

たとえば、こんな風に。

「気を悪くするかもしれないけど、はっきり言うね。
今のあなた、つらそうで見ていられない。
大事にしてくれているのは本当に嬉しいんだけど、自分を犠牲にしてまでそうしてほしいとは思ってないし、もっと自分のことを大切にしてほしい。
完璧な人間なんてこの世に存在しないし、誰だって弱い部分はあるから、あなたがそういう部分を私に見せても、私の気持ちは変わらないよ。
むしろ、見せてくれないほうが、信用されてないなって思う。
いきなり、自分の気持ちを言うのって難しいかもしれないけど、無理しているあなたをこれ以上見るのは本当につらい。
私にできることがあるならなんでも言ってくれていいし、いつも大事にしてもらっている恩返しぐらいさせてよ」

これはあくまでも一例ではありますが、ここまではっきり言って、あとは彼が弱さを開示できるかどうか。その先は彼次第ということです。

彼があなたを信用しているのであれば、ちゃんと傷口を見せてくれるでしょう。
逆に、彼が「本当の自分を出して嫌われたくない」と保身に走ったり、あなたのことを信用できなかったりした場合は、これからもどんどん自分の首を絞めることになると思います。
とはいえ、文面から「彼のことを本当に心配しているんだな」という気持ちは伝わってきましたし、思っていることをしっかりと打ち明けることで、より関係性が深まるのではないかと思いました。

多くの人は、「大丈夫?」と聞かれると、「大丈夫」って答えることがほとんどで、「大丈夫じゃない」と正直に答える人のほうが少ないんですよね。

「人に心を開いてもらうためには、まず自分が心を開くこと」

人と接するときの基本です。恋愛関係も対人関係であることを、どうかお忘れなく。

投稿者名

藤本シゲユキ

悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ