pagetop

MENU

 >  > 職業:植木職人/新婚/元女性 自分らしく生きるまで

職業:植木職人/新婚/元女性 
自分らしく生きるまで

2017/06/29 UPDATE

ひと目に男。それも、どちらかと言えばオラついている。そんな彼は、数年前までは女性として生活していた。
「FTM=Female to Male」、体の性は女でこころの性は男のこと。
植木職人として新妻と暮らす彼の、公的に男性として生きるまでの人生と、現在、そしてこれからを聞いた。

PROFILE

井浦友空(30)植木職人

  • 好きな食べ物:妻の作る本格的な麻婆豆腐
  • 嫌いな食べ物:瓶詰めホワイトアスパラガス
  • 得意技:人とのコミュニケーション
  • 座右の銘:やった後悔は教訓になる。やらなかった後悔は一生残る

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

Interview

―自分のセクシュアリティを自覚したのは?

物心つく前から自分は男だと感じていたみたいですけど、初めて「自分はこれだ!」ってわかったのが、『金八先生』です。上戸彩さんが性同一性障害の役をやって、俺これなんだって。

―自覚したときはどうだった?

嬉しさ半分と不安半分。自分が何者かがわかったのは嬉しかったんですけど、今度はそれが他の人にばれないか不安になったんですよね。でも、おかげでネットで自分のことを調べられるようになって、同じ人が結構いるんだって思って。治療方法も調べることができて未来が開けました。

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

―それでカミングアウトを?

いや、それはまだっすね。高校に入って、ケータイでネットができるようになり、出会い系っていうか、そういう掲示板で初めて彼女ができたんですよ。彼女は大阪で、会ったこともないのに付き合ったんです。そこでカミングアウトをしました。そしたら「私の友だちにもいるよー」って言ってくれて。

GWに彼女に会いに大阪に行ったときに、彼女がぼくと同じFTMを集めてくれて。そのときに初めて自分らしくいられるのを感じて、それで東京に帰ってきて「実は恋人ができた。彼女なんだ」って友だちに言いましたね。

「やっぱりね」とか「やっと言ってくれたね」とか「苦しかったよね」って泣いてくれたり、みんな受け入れてくれました。

でも、親に言うのは一番最後。やっぱり、自分を生んでくれた存在ですから。でも、ホルモン治療も始めたいし、改名もしたくて、この体も名前も両親からもらったものだから、それを変える許可を得なきゃと思って言いました。

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

―「友空」の由来は?

今でも仲良くしている友だちと公園で名前を考えました。一人が「空」って言葉を付けたいと言って、それでぼくがいつも友だちを大事にしている人間なんで「友だちをこれからも大事にできる、空のように広いこころを持った人」という意味を込めて「友空」と書いて「トア」と読むようにしました。

名前を変えた当初は、慣れるまでみんなこっ恥ずかしそうでしたね。頭で理解はしているけど、こころで受け入れるのに時間がかかっているのかなって思いました。

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

―植木職人なったのはなぜ?

20歳のときに癌で母を亡くしているんですけど、最後はずっと家で看病していたんですね。

で、実家には狭い庭があるんですが、それは母が大好きだったじいちゃんが大事にしていたもの。亡くなる一週間前にその庭をきれいにしたいって言って植木屋さんに来てもらったんです。いつも寝込んでいた母は起き上がって2階から作業を見下ろしている。で、作業が終わりきれいになった庭を見て、すごい笑顔になっていたんです。「この人はこういう笑顔をする人なんだ」って驚くくらい。それで、植木職人への憧れが増して、目指すようになりました。

ただ、憧れが強すぎて、当時ふらふらしていた自分じゃ務まらないと、4年間躊躇するんですけどね。

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

―植木職人の魅力は?

植物も生きものですから、やったことだけの応えが返ってくるところですね。暗いジメジメしたところに入れば人間も元気がなくなりますが、植物もそうで。でも、外に出して太陽の光を浴びればいっきに元気になる。人間もそうだなって思うんです。それが魅力です。他の職人と体力的な差はもちろんありますけど、うまくそれはカバーしてもらっていて、恵まれた環境だと思います。

―いつ結婚を?

去年の3月に出会って、今年の1月1日に結婚ですね。

PHOTO:川村将貴PHOTO:川村将貴

―出会いは?

同級生の紹介ですね。その友だちが今の妻に僕の写真を見せたらしいんですよ。そしたら「かっこいい! 絶対会いたい!」ってなって。FTMだって説明したらなおさら興味を持ってくれたらしくて。嬉しいですね。

―これからの夢は?

今、FTM用のパンツを副業で作っているんですね。ボクサーパンツの前部分にポケットが付いていて、そこに男性器を模したものを入れて自然な膨らみを作れるもの。FTMって、やっぱり胸が出ていたり、股間の膨らみがなかったりというところが気になるんですよね。そういうストレスを無くすためのパスグッツをもっと広めて、こちらを本業にしたいです。それで困っているセクマイを雇えるようになりたいです。



※井浦友空さんは、ブログ『男より強く、女より優しく。』でFTMとして生まれた自身の経験について語りながら、FTMならではの筋トレ情報も発信しています。その他、FTM用ボクサーパンツについても紹介しています。
『男より強く、女より優しく。』:http://ameblo.jp/tosyoryu?frm_id=v.jpameblo

  • twitter
  • facebook
  • LINE

TOKYO GRAFFITI

街で見かける「普通の人」の「普通の日常」を写真で切り取る創刊12年目の雑誌「TOKYO GRAFFITI」。
若者、ちびっこ、お年寄りから、セクマイ、ギャルなど、登場するのは一般人ばかり。
まさに街にいる人々のいろんなリアルを写真で切り取るドキュメンタリー・メディアです。
URL:http://tokyograffiti.grfft.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/streettokyo/
Twitter:https://twitter.com/tokyo_graffiti
Instagram:https://www.instagram.com/tokyo_graffiti/

他の記事を見る

すべての記事を見る

編集部のおすすめ