pagetop

 > しんどいオカマのお悩み相談 その15.失恋から立ち直れなくてしんどい?

しんどいオカマのお悩み相談 その15.失恋から立ち直れなくてしんどい?

2017/07/20 UPDATE

しんどいオカマがしんどいお悩みにお答えする、しんどくても頑張るあなたのための人生相談。今回は失恋から立ち直れない女性からのお悩みよ。オカマって、なぜか一瞬で失恋から立ち直る不死鳥みたいなイメージがあるわよね。実際は不死鳥じゃなくてゾンビなんだけど。

【お悩み】
メーカー勤務の23歳、女性です。失恋から立ち直れません。
学生時代から7年間交際を続けた彼氏がいましたが、入社式の1週間前に振られてしまいました。
感性の違いが原因と言われましたが、周囲には、他に好きな人ができたからだと言っていたそうです。

別れて1年以上が経つ今なお彼を忘れられず、連絡先も消せていません。
何をしていてもフとした瞬間に彼を思い出し、胸がえぐられるように苦しくなります。
新たな恋へ踏み出そうと別の男性と付き合ってみても、デートの最中に頭痛がしたり吐いてしまったりと散々で、今は独り身です。
このままずっと独りでいるのは嫌ですが、もうこんな辛い思いはしたくありません。
どうすればいいのでしょうか?

過ちは繰り返さないと思いながらも繰り返すものよね

オカマなんて、ノンケに恋をした時点ですでに失恋してるからね。フタを開けた瞬間に賞味期限よ。
アタシ自身も惨たらしい失恋を何度も経験して、そのたび乗り越えてきたわ。
ノンケ好きなアタシはたとえ恋を叶えたとしても、その時点で意中の相手がノンケではなくなってしまうというジレンマと永遠に戦い続けなければならないのよね。
どこかにいないかしら、宇宙の法則を歪めてアタシに恋をしてくれるイケメンノンケは。

そんなアタシの愚痴はさておき。
人間の脳は残酷なもので、感情と結び付けられた記憶ほど、簡単に消えてはくれないものよね。相談者のあなたにとって、彼が隣にいた日々は、喜怒哀楽のすべてが美しいものだったのでしょう。
携帯電話の連絡先を消すことなんて指先ひとつでできるけど、それすら踏み出せないのは、本音では彼を忘れたくない、できればもう一度付き合いたいと願っているのだと思うわ。
でも一方で、あなたはとても冷静に、復縁しても以前と同じ関係でいられないことを悟っているようね。
彼の最愛の人になれなかったという事実はあなたの心に焦げ付いたまま、これからも痛み続けるでしょうからね。

失恋の痛みは、あなたの感情をかきたてるすべてのものを取り除かないと、なかなか忘れることはできないわよ。
過去の人の写真や連絡先は、麻薬みたいなものだからね。
アタシはスルメ中毒なんだけど、コンビニに寄って、壁にぶらさがっているスルメを見ると、必ず日本酒と一緒に買ってしまうのよ。また前歯が欠けちゃう、また血圧が上がっちゃう……いけないこととはわかりつつ、結局、爆買いをしてしまうのよね。

あなたも彼の連絡先を何度も見返しているときに、これでは忘れられない、彼への思いが強くなるばかりだと自覚しているんじゃないかしら?
まずは、連絡先を消そうとする勇気を持つところから始めましょう。すぐに消さなくたっていいけど、そこに彼の影を見るのはもうやめなさい。

失恋もスルメも同じなの。そもそもコンビニに寄らない勇気を持たなきゃいけないわ。

心の穴は、いったいどこにあるのかしら?

アタシのように、20代の中盤あたりでようやく自我に目覚めた人間からすれば、若いふたりが同じ世界を見続けられるだなんて、恋人同士とはいえ奇跡のように思えるわ。
彼があなたと別れた理由って「他に好きな人ができたから」じゃなくて、「あなたと感性が合わないから、他に好きな人ができた」が正しいわよね。
青春期の始まりから終わりという長くて不安定な季節を共に歩んできたら、どちらかの心が変わってしまうのはごく自然なことだとも言えるわ。
あなたが7年間愛した彼は、長い時間のうちに変わってしまって、どこかへ消えてしまったということよ。

昔、アタシも命さえ惜しくないと思えるほどの恋に身をやつしたことがあるわ。
笑ったときの前歯がかわいくて、ハムスターみたいな顔をしていたから、彼のことは「ハムくん」と呼んでいたわ。彼の頭の先からつま先まで、何もかもが愛らしくてたまらなかった。
そして何より、仕事ができる彼を尊敬していたの。
当時、アタシは落ちこぼれの新社会人で、毎日上司に怒られてお局様にイビられながら過ごしていたのよ。そんな日々の中で、若くして役職についていたハムくんは、心身ともにぼろぼろだった不出来なアタシを優しく慰めてくれたの。

それから紆余曲折を経て「別の男と暮らすから、もう家に来ないでね!」と爽やかに言われてお別れすることになるんだけど、やっぱりしばらくの間、失恋のショックは続いたわ。
でも、いつのまにか彼のことはきれいな思い出に変わっていたのよ。今なら、彼のどこが好きだったのか、それからどうしてきれいな思い出に変えることができたのか、はっきりと理解できるわ。
きっと恋って、自身に欠けているものを埋める心の動きなのよね。
彼がハムスターではなくげっ歯類の何かだったと気づいたのは、アタシがようやく自分の仕事に自信を持てたころだったの。

あなたも一度、彼が自分の何を補ってくれていたのかを整理してみてはどうかしら。
彼が補ってくれていたものの正体がわかれば、心に空いた穴を埋める方法もわかるかもしれないから。

焦ったところで解決するものはなにもないわ

快刀乱麻を断つが如く、過去の苦しみを今すぐに解決する方法なんて存在しないのよね。
だからあなたには、彼のすべてを今すぐ忘れなければならないと自分を追い込まないでほしいの。そして、新たな恋や、仕事や趣味ですべてを上書きしなければならないとも思わないでほしい。
義務感に縛られても、生まれるのは不安と焦りばかりで、余計に苦しくなるだけだわ。

物事には段階があるのよ。後悔や反省はしなくていい。今は自分の心と向き合って、失ったものの輪郭を確かめるときよ。
だからアタシも今日の肴は、イカの塩辛にしようと思う。欠けた前歯の輪郭を確かめながら味わうことにするわ。

さて、今回のお悩み相談は以上よ。
このコーナーでは読者の方からのお悩み相談を随時募集しているわ。
恋愛でも学業でも仕事でも、あなたがどんなことで悩み、どんな風に解決したいのか、できるだけ詳しく簡潔に教えてくれると助かるわ。
送り先は、アタシのツイッターアカウント(@BS_dim)のDMか、メールフォーム(okama.onayami@gmail.com)まで。
【お悩み相談内容】と【年齢、性別、職業など簡単な自己紹介】を忘れずにね。いただいた相談内容、個人情報はこのコーナー以外では利用しないし、長期的に保管することもしないから安心して。
また、このコーナーに関するご意見やご感想もお待ちしているわ。とっても励みになるから、気軽に送ってもらえると嬉しいわ。よろしく。

投稿者名

BSディム

夜な夜なネオン街をねり歩くアラサーのオカマ。
昼間は真面目な係長だが、退勤から3駅で夜の帳をドレスに変える。
中学2年生で周囲にカミングアウトし、以後オカマとしての人生を歩む中堅オカマである。
Twitter:https://twitter.com/BS_dim Blog:http://aiokama.hatenablog.com

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ