pagetop

 > ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」【後編】

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」【後編】

2017/11/30 UPDATE

みなさん、こんにちは。あるいは、こんばんは。ご機嫌いかがでしょうか。
ハイパーカワイイクリエイター 37がおくる美女養成講座、いよいよ後編です。

毎度毎度うさんくさい肩書きでごめんなさい。気に入ってるんです。
「カワイイはつくれる!」と最初に言ったのはどこだったかな、某シャンプーのCMだったかな。名言です。私、本当につくれると信じてますからね。だからハイパーカワイイクリエイターなんですよ。昨日より今日を可愛く、今日より明日を可愛く!ね!

今回も例によって当たり前のことしか書きません。すでに見目麗しい女性には、鼻で笑われちゃうようなことです。
でももし当たり前が当たり前じゃなかったら、そこに気付くことができたなら、収穫は大いにあると思います。そう、少なくともかつての私にとっては、当たり前でなかったことばかり。

では始めます。

ダイヤの原石も甚だしいブスはワードローブを見直せ

ちょっと鏡を見てみてください。
みなさんは今日、どんな格好をしていますか?

「どうせ毎日職場や学校と家の往復だし、昨日と同じ服でいいや」
「どうせ今日も冴えない男性としか会わないし、履き潰した靴で行こう」

そう思って今朝、適当な身支度で家を出たのではないですか?
わかります。わかりますが、ちょっと待ってください。

毎日職場や学校と家の往復で気分が上がらないなら、寄り道すればいいんです。
今朝はいつもと違うコンビニへ行ってみる、違う通勤通学路を選んでみる、ランチのお店を変えてみる、ナイトシアターに潜りこんでみる、よさげなカフェを探してみる……
ひとつ、日替わりでなにかを変えると、可能性が広がります。新しい趣味が、恋人が、友人が、仕事が見つかるかもしれません。

人生は短いのです。
みなさんが今おいくつかなんて、そんな野暮なことは訊きません。女性はみんな永遠の18歳ですからね。でもこっそり考えてみてほしいのです。長いと思っていた人生のうち、どれだけが過ぎ、あとどのくらい残っているのか。
私たちは知らず知らずのうちに多くの岐路に立っていて、しかしそれを日々のルーチンワークで無駄に消費しています。もっと目を見開いて、耳をそばだてて、手を伸ばして、脚を動かして、あらゆるチャンスに敏感でなくてはつまらない。

さてチャンスにぶちあたったとき、あなたはその服や靴で立ち向かえますか?
あるいはその服や靴で、そもそもチャンスに出逢うことができますか?

フランスだかイタリアだかの言い伝えで、「よい靴はよい場所に連れて行ってくれる」というものがありますね。これ、信じて損はないと思います。
よい靴を履けば、靴が自然とよい出逢いを引き寄せて、よい未来をつくってくれる。これはなにも靴に限ったことではなくて、服も鞄も下着もアクセサリーもすべてそうです。

また、「よい」の定義は“高価である”とか“新しい”だけに留まらず、“正しく手入れがされている”品物はみな「よい」のでしょう。
たとえUNIQLOで買った服でも大事なのは毛玉がついていないかどうかですし、2足3000円のパンプスでもピンリフトから金属が出ていなければ上出来です。
でも現実には、街を歩くだいたいの若い娘は毛足の絡まったプードルニットを着ているし、埃で白くなったベロアのハイヒールは踵が傷だらけなんです。せっかく顔が可愛いのに、本当にもったいない。
ちゃんとすべきところをちゃんとすれば、それだけで上等に見える。周囲と差がつく。意識した者勝ちです。

具体的には、

① 流行モノは使用期限を考える
② 毛玉取り機とクリーニングショップをフル活用する
③ 靴はワンシーズンごとに修理に出す
④ アクセサリーは色が剥がれたら捨てるか再メッキ、または10K以上に買い換える
⑤ 鞄の四隅と持ち手の擦れに注意する
⑥ 下着はどんなに高価でも1年で捨てる

このあたりを頭の片隅に置いておくとよさそうです。
そう、どれもそれほどお金や手間のかかることではありません。特に負担なく続けられるはずの些細な一歩です。
最低限の清潔感を保ち、そのうえで自分らしいオシャレを楽しめたなら、わたしたちの毎日はきっともっと有意義なものになる。可能性の蕾を花開かせる準備を、今すぐ始めませんか。

ダイヤの原石も甚だしいブスは体毛を剃りまくれ

タイトルを見て、「さすがに剃毛くらいしてるよ!」という非難の声が聞こえてきそうですが、じゃあそれ、どこまで徹底してやれていますか?

ムダ毛の認識は人によって様々です。
脇は剃ってる。うん、おそらく、みんなここはクリアしてる。
手脚。まあ秋冬は怠けることもあるかもしれない、見せる相手もいないし。
顔。眉は……剃るかな。髭もちょっと生えるから、適度に……気が向いたときとか。

アウトーーー!!!

アウト、アウトです。
以前、男友達がぼやいていました。

「女の子って結構ムダ毛が生えてる人多くてびっくりする。髭とか、指とか、うなじとか、背中とか、乳首とか」

そうなんです。結構生えてるんですよ、ムダ毛。わたしたちが見落としている、あるいは認識すらしていなかったムダ毛に、男性は目敏く反応するんです。もうこれは髪と眉と睫毛以外すべての体毛を剃り落としておいた方が安全と言っていいくらいの出来事です。
かく言う私も頻繁に夜会巻きをしたりドレスを纏ったりするくせに、うなじと背中までは精神的にも物理的にも手が回らなくて、大変反省したという経緯があります。

まず顔全体の産毛はカミソリで剃りましょう。頻度の目安は肌を慮って週1ほど。髭だけは眉と同じくらいサイクルが早くてもよいと思います。

カミソリはセーフティガード付きの安全カミソリや、電動フェイスシェーバーが初心者向きです。
ただしある程度刃の扱いに慣れてきたら、思いきってサロンでも使われるガード無しタイプに変えるのもおすすめ。5本300円で買えるものもあるので、探してみてください。

顔剃りは肌が滑らかに整い、肌色がワントーン明るくなるほか、ファンデーションのノリもよくなるなどいいことずくめ。剃毛の際は必ずマッサージクリームやフェイスバームをたっぷり塗ってくださいね。

ちなみに指と乳首、それから陰部や臍周りもこうした小回りの利くカミソリで済ませます。
大型のカミソリではなかなか凹凸を処理しにくかったり傷付けてしまったりしがちなので、浴室で脇や手脚を剃るとき一旦道具を持ち替えてササッと終わらせるが吉。

次にうなじと背中、実はこれがラスボスです。
さあ今晩から剃るぞ!と意識はできても手が届かないんですよね。こればっかりは誰かに頼むしかありません。家族や友達、恋人に頼めなければ、うなじくらいは美容室で剃ってもらえる所が多いです。1度相談してみましょう。

本当にね、うなじの剃毛って効果が抜群で、清潔感がUPする以前にバックスタイルが小顔に見えるんですよ。産毛の生える面積を減らして形を整えると、首が長く細く錯覚され、頭が小さくなるんですね。その状態で髪をアップにしたり片側に寄せたりすれば、なんとも言えない色気が醸されるというもの。端から見ればプチ整形級の差が出ます。やらない手はないと思う。

失礼な話、なんだかちょっと全体的に体毛が濃いな?と首をかしげたくなる子、いるじゃないですか。でもそういう子こそ徹底した体毛管理が功を奏す。上がり幅が半端じゃないからです。
もちろん普通の子だって、初めて眉を整えたときの衝撃を思い出してください。顔が一気にパシッと締まったあの瞬間。あと少し頑張れば、当時と同じ女子力うなぎ登ってる感覚をもう一度味わえます。

誰かが見てる。手を抜いたらもったいない。そんな気持ちで、ワンランク上のムダ毛撲滅に励んでいただけたらと思います。


そして講座も終盤に差し掛かり、なんとここへきて、みなさんに懺悔しなくてはならないことがあります。お気付きの方もいらっしゃることでしょう。
そう、正直、ダイヤの原石も甚だしいブスが手っ取り早く気軽にサクッとスムーズにちょろちょろっとキュピーンと美人になれる方法なんてありゃしません。ていうか、そんなのがあれば私が教えてほしいくらいだ。本とか出版してひと財産築けるやつでしょ。

でも、でもね、美人にはなれます。絶対に。

それがいつかは分からないし、どの程度かも分からないし、それで掴める様々が喜ばしいものかどうかも分からないけれど、私たちは今より絶対よくなれる。

そのためには頭を働かせなきゃなりません。
食べないダイエットをして痩せるのはEasy、だけどそれって本当に綺麗な体が手に入る? サプリメントに頼って美肌GET、ところで今日は何食べた?
楽しくてかわいくてラクなことは最高です!とはいえ本気で美しく生まれ変わりたいなら、大局を見失うなんて馬鹿げてる。

いつ、どうやって、なにで自分を磨くか。
どこから変えてゆけば効率がいいのか。
賢いブランディングってどういうことなのか。

考えるべき時が来ているのではないでしょうか。

投稿者名

37

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生。
耽溺するは美容、料理、絵画など。
ハイパーカワイイクリエイターやってます。
Twitter:@37nus

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ