pagetop

 > ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」 第3回『恋コスメはおまじないなんかじゃない』

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」第3回『恋コスメはおまじないなんかじゃない』

2017/12/14 UPDATE

みなさん、こんにちは。あるいは、こんばんは。
ハイパーカワイイクリエイターやってます、37です。
第3回目は、季節が何度移り変わろうとも、恋する乙女心をくすぐり続ける魔法のアイテム、恋コスメの魅力をお伝えします。

■ 恋コスメはおまじないなんかじゃない

恋コスメを知っていますか?
唇にスッとひと塗りするだけで、瞼にふわりとのせるだけで、毛先にシュッと吹きかけるだけで、たちどころに意中の男性を虜にするという不思議なコスメを。

「そんな都合のいいコスメがあるわけないじゃない」
「小中学生が楽しむおまじないでしょ?」
「恋コスメとか安っぽくて恥ずかしい」

懐疑派・否定派の方々の主張は、こんなところでしょうか。

ところで昔、消しゴムの裏に好きな人の名前を書いて、誰にも見られずに使い切ったら恋が実る、なんて甘酸っぱいおまじないがありましたね。私は初恋が18歳と遅かったから、ついぞ実行する機会は得られないまま大人になってしまったけれど、小さなプラスチックの塊ひとつに溢れる想いをひっそりと書き込んで、小さな希望を委ねる…そんな光景がとても眩しくて羨ましかった。

あれは、たしかにおまじないだと思います。
だって何度消しゴムを使い切ったって、ある日“偶然”机から消しゴムが転がり落ちて、“偶然”ケースが外れて、“偶然”隣の席に座っていた想い人が拾ってくれて、“偶然”告白の機会が得られてしまう!なんてミラクルが起きない限り、消しゴムは消しゴム以上の働きをしません。実践的と言うにはあまりにも弱く、待ちわびたキューピッドにはほど遠い。

私は、恋コスメは消しゴムより現実的なアイテムだと思っています。
なぜって?

だって恋コスメはピンクだから。
ピンクで、透き通っていて、きらきらしていて、濡れたような艶があるからです。

女性は“エストロゲン”というホルモン物質を分泌します。このホルモン物質の量はそのまま生殖能力の高さに結びつくとも言われていて、男性は女性の外見に現れる“エストロゲン”の特徴を、本能的に魅力に感じる性質があります。
具体的には、

・ 頬が上気する
・ 唇が赤みを帯びる
・ 目の粘膜が潤う
・ 肌の艶が増す

どれも化粧でつくることのできる特徴だと思いませんか?
チークをはたき、リップを塗り、ラメをのせ、ハイライトをいれる。私たちが毎朝、当たり前のように行っている化粧行為ですよね。私たちは異性のためだけにオシャレをするわけではないから、普段は赤い口紅やカーキのアイシャドウをつけることもあります。でも「血色感をだす」ことに重きを置いた恋コスメであれば、より効果的にしたたるばかりの“エストロゲン”効果を演出できる。フェロモンという言葉の正体は、未だ科学的には解明されていないようですが、俗に言う“フェロモンたっぷりのイイ女”、これに見立てようというのが恋コスメです。
こうして考えると、にわかにその信憑性が高まってきますよね。

■ おまじないだっていい

以上を前提に、仮に恋コスメが本当にオカルトだった場合の話もしておきましょう。オカルト。嘘。でまかせ。都市伝説。たとえ、そうだとしても。


プラシーボ効果ってすごいですよ、バカにできない。

いつも気合いの入ったフルメイクをしているのに、イマイチ自分に自信がなくて恋に積極的になれなかった女の子が、口紅1本で変われるかもしれない。「こんなに恋に利くと評判なのだから、今日の私はいつもより少しくらいかわいいはず」、そう思って好きな人をデートに誘えるかもしれない。

すでに恋人や夫のいる女性だって、いつもは減らない憎まれ口を今日ばかりは引っ込めて、少女のような照れ笑いで愛する彼に接することができるかも。


それはきっと、大きな一歩に繋がります。


大切な人に対して素直になれる。そのための道具として、あくまで戦略的に化粧品を用いてみること、みなさんは面白いと思いませんか?

今回は恋コスメについてお話してきましたが、取り分け化粧品でなくてもいいんです。それが服でも、食事でも、芸術でも、風水でも、停滞したモードを自分の意志で切り替えることのできる人は強い。環境は勝手に変わらないから、自分の機嫌は自分でとって人生を切り開いてゆくのです。


何を利用するかはあなた次第。

私は、恋コスメをえらびました。


次回、第4回目のテーマは『自分を可愛がるということ』。

例えば、みんなのアイドルなあの子より自分のほうがかわいい顔をしているなんて思わない。でも私、自分のことを“世界一カワイイ”と感じて生きています。


正しく自分を愛する方法を模索する時間、次週もよろしくおねがいします。


投稿者名

37

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生。
耽溺するは美容、料理、絵画など。
ハイパーカワイイクリエイターやってます。
Twitter:@37nus

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ