pagetop

 > ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」 第4回『自分を可愛がるということ』

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生37が送る「美女養成講座」第4回『自分を可愛がるということ』

2017/12/27 UPDATE

みなさん、こんにちは。あるいは、こんばんは。
ハイパーカワイイクリエイターやってます、37です。

突然ですが、私はナルシストです。

体は白く柔らかくなめらかで、細いながらも筋肉と脂肪のバランスがよく、その若々しい弾力には心底惚れ惚れとします。艶やかな髪には枝毛1本見つからないし、爪の形も綺麗に整って、マニキュアを塗るひとときが何より楽しい。顔はよくいる幸薄そうなブスだけれど、むしろこの広いキャンバスは願ったり叶ったりです。だって両手から溢れんばかりの化粧品ひとつひとつに、思う存分活躍の機会を与えてあげられる。コスメマニア冥利に尽きるとは、まさにこういうことでしょう。

ああ、自分を褒め称える言葉ならいくらだって吐ける。こうして。


でもこんな調子で生きていると、たびたび悪意に晒されることがある。

「自分のことカワイイと思ってるんですか?それで?」と、囁く人たちがいるわけです。


はい、カワイイと思っていますよ。


いやいや、違いますね。分かってますよ、言いたいこと。

例えば

「クラスのマドンナのあの子より、自分の顔がカワイイと思ってるの?」

「街を歩いてすれ違う誰よりも、自分が素敵だと思ってる?」

こういうことですよね。


でも今、正直それは私にとってどうでもいい。


他者と自分を比べて価値を判断したりされたりすることが、無駄とか卑しいとか言うつもりはありません。今の立ち位置を知ることで見えてくるものは多い。次のステージへ進むにあたり、客観的な視点を持つことがいかに大切か。この話は第1回『美女養成講座【前編】』でお伝えしました。

そのうえで、言わせていただきたい。


自分をカワイイと思うことと自分を可愛がることって、別ですよ。


顔、体、教養、感性。自分の持てるありとあらゆるスペックを大衆の中に放り込み、手当たり次第に比較しては一喜一憂したり、疑心暗鬼になったり、あるいは傲慢になったりすることは、この際まったく別問題です。

私は私がこれまで22年間連れ添った“私”を可愛がっているんです。毎朝毎晩手間暇かけて育ててきた“私”のことを全力で認めてあげているんです。

これは相対評価じゃない。絶対評価です。


冒頭でアホみたいにベラベラと自画自賛をしましたが、あれらは母親のおなかからポンとこの世に生まれ落ちたその時から、当然のように持っていたものではありません。今日の私は昨日の私がつくりあげた私だし、明日の私は今日の私がつくりあげる私です。

努力しているの。みんなそうでしょう?


「丁寧にホームケアしたら髪が生き返った!超カワイイ!」

「昨晩マッサージしたおかげで今朝は小顔!超カワイイ!」

「ジムでストレス発散したら気分爽快で人当たりよし!超カワイイ!」


今日もなんかよく分かんないけど超カワイイ!

自分のことが超カワイイ!


バカっぽいかもしれないけれど、コツコツと丁寧にセルフケアして愛を溜めて自信を養う。自分を可愛がるってそういうことだと思うのです。

可愛いから自分を可愛がるのか、可愛がるから自分が可愛いのか。

おそらくどちらも正解でしょう。

そしてそこに他の誰かの美醜や視線なんて、入り込む余地は一切ない。


せっかく手に入れた魅力を過小評価したり、誰に対してか分からない謙遜をしたりすることが美徳だなんて、本当にそうでしょうか。

私たちはもっと自分の努力を褒め、成果に喜んでいいはず。


■ マカロンと化粧品と私と

ところで先日、マカロンの写真をSNSに載せる女子に言及した話が炎上していましたね。
「マカロン食べてる女子ってマカロンがおいしいから食べてるんじゃなくて、マカロン食べてる自分がカワイイから食べてるんでしょ?でもおまえブスじゃん」ってやつです。

そしてこれ、SNSで化粧品の話をしていても似たような文句を言われたりします。
「化粧品の話してるとキラキラっぽく見えるから化粧品の話してるだけでしょ?でもおまえブスじゃん」と、こんな具合に。

いつから日本はブスだとマカロンを食べちゃいけなくて、化粧品の話で盛り上がってもいけない国になったのか。ブスは自分のこと可愛がっちゃいけないのか。
自分が誰から見ても文句なしの美人だと思うから、マカロンや化粧品に手を出すわけじゃないです。マカロンや化粧品を自分に与えると自分がHappyになれるんです。Happyになれたら、「Happyになれました!」と誰かに報告もしたくなる。あるいは一緒にHappyになってくれる仲間を探すかも。それがSNSではないですか?

実際の容姿がどうとかこうとか、安易に繋げて考えてしまう人はたくさんいます。でも、少し考えたらそういう問題じゃないって分かるはず。
可愛くなる努力をしたり、可愛くなった自分を褒めたり、カワイイもので自分にご褒美をあげること……自分を可愛がることを、躊躇しない、諦めない精神を養いたいものです。

投稿者名

37

ブスも半ばを過ぎた現役女子大生。
耽溺するは美容、料理、絵画など。
ハイパーカワイイクリエイターやってます。
Twitter:@37nus

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ