pagetop

 > 5歳さん嫁非公認コラム Episode:13「僕と嫁の優柔不断」

5歳さん嫁非公認コラム Episode:13「僕と嫁の優柔不断」

2018/01/15 UPDATE

ちょっと奇抜な奥さまと元気な息子さん達とのユーモラスなエピソードが大人気!ツイッター界随一の恐(愛)妻家 5歳(嫁公認アカウント)さんのコラム!

今回はかわいらしさのとまらない奥さまの優柔不断エピソードを語っていただきました…!

第1章 あなたの優柔不断はどこから?

僕の嫁は優柔不断である。
決めること、何かを決断することが本当に苦手です。
逆に、僕は直感で即決するタイプの人間なので、嫁がぐずぐずとなかなか決められない様子を見ながら
『なんでこんなに決める前にあれこれと悩んでいるのだろう』と不思議な気持ちになります。

当の本人は選ばなくちゃいけない時は真剣そのものなのですが、しかし、いくら考えても決められないでいます。嫁自身も『決めたいの!でも決められないの』と涙顔なのです。

物事を慎重に考えることは、場合によっては大切な事なのかもしれませんが、嫁の場合は『わからない!』って完全に思考回路がショート寸前になっているのです。

僕としてもなんとかして助けてあげたいなと常々思っていますし、実際助け船を出します。

例えばわかりやすく嫁が優柔不断ぶりを発揮するのが洋服を買う時なのですが、
僕の場合は買いたい服をもう頭の中にイメージ出来ていたり、カッコイイ服の画像を携帯に保存していたりするので、買いたいなと思う服を見つけた時は試着してサイズが合えばすぐに買う。所要時間3分、見て着て買うのトントントンなのですが、
嫁の場合【まず着たい服がわからない】のです。

言ってしまえば服は欲しいけど何が欲しいかわからないのです。

『お前さんは買物する気があるのかね?』

と僕は思ってしまうのです。

今の時期ならコートが欲しいとか、ダウンがいいとか、ニットとか、それこそいくらでも買いたいものがポンポンと思い浮かぶと僕は思うのですが、嫁の場合はジャンルさえもわからない、、

しかし!しかしながら服が欲しいという欲求はある。
物欲はあるし満たしたいと思っているわけです。

前は『僕が子供の面倒を見ているからたまには一人でショッピングでも行ってきなよ』と気を利かせて嫁に一人で買い物に行かせたりしたんですけど、毎回夕方頃になると手ぶらで嫁が帰宅してきてこう言うのです。

『物があり過ぎて何を買えばいいのかわからなくなった。』

『(こいつは何を言っているんだ...)』

最近では嫁の優柔不断ぶりを僕はすっかりと理解したので買い物に同伴するのですが、服を一緒に探しながら

『それ似合いそうだよ!』
『めっちゃ似合うじゃん!』
『買いなよ!買っちゃいなよ!』
『絶対に良いって!』
『最高に可愛いよ!』

とこの位言って、褒めて、全肯定してあげて背中を猛プッシュしてやっと
『そうかな、、、』と言ってレジに向かう。
終始こんな感じなのです。

こりゃ一人で買い物出来ないはずだよ!

第2章 走り続ける優柔不断ハイウェイ

外食の時も優柔不断パワーを存分に発揮します。

前日から『どこでも好きな所に連れて行ってあげるから行きたい所を決めておいてね〜』と言うと、優柔不断ハイウェイを爆走し始める。

『寿司か、焼肉か、ラーメンか、お好み焼きか、寿司がやっぱいいかな、でも焼肉も捨てがたい、寒いから味噌ラーメンも食べたいし、久しぶりにお好み焼きも行きたい、でもやっぱり寿司かなぁ、、、でもカルビもなぁ、、迷う、迷うぅぅ』

前日から脳内は寿司焼肉ラーメンお好み焼きでぐるぐると回り出して優柔不断ハイウェイの環状線から抜け出せなくなってしまう。

当日に『どこに行きたいのか決まった?』
と聞くと『考え過ぎて何が食べたいのかわからなくなったから、こーちゃんが決めて』

悩みに悩んで、その上で、こちらに丸投げしてくる。

僕は寿司屋であれば間違いないので、結局毎回寿司屋に決めるのですが『迷った時はやっぱり寿司屋に限るよね!』と嫁はご機嫌な様子でそう言いながら、寿司屋でどのネタを食べるのか、またもや決められずに悩み出すのです。僕はとりあえず中トロを2皿頼む事にしています。

『人生は選択の連続だ』などと言いますが、嫁は一体今までどうやって生きてきたのか不思議になる。

嫁のこの優柔不断な性格はどうにかならないかな〜などと思って【優柔不断 特徴】で検索していたら

『優柔不断な人は甘えん坊な人が多い』と出てきた。甘えたい願望が女性を優柔不断にさせるんですって。

『まさにこれじゃね?』

第3章 優柔不断は甘えん坊?

僕はその記述にピンと来まくりました。確かにそう考えると嫁は僕に甘えているのかなとも思う。そう考えると合点がいく。

『こっちにしなよ!』
『それが良いよ!』
『これで間違いないよ!』

僕はあらゆる言葉を使って嫁の背中を押し続けてきたのですが、まさかその言動が嫁の優柔不断に拍車をかけているとは今まで思ってもみませんでした。

嫁の優柔不断は甘えん坊の印だったんだ!
目から鱗がポロポローーー!!
僕が嫁をフォローするたびに嫁が優柔不断になってゆく!過保護にし過ぎた!甘やかし過ぎた!猛反省!
そういえば思い返してみれば結婚する前は嫁は自分一人でショッピング行ってたもんな〜、、、前は迷いながらもちゃんと買っていたんですよ、自分で選んで、そして決めていたんですよ。

『もう本当にお前は優柔不断なんだからぁ〜』となどと言って呆れていた部分もあったのですが、よくよく考えてみたら嫁がそうなった原因を作っていたのは僕でした。

そりゃそうですよ、一人で迷った時にどうしようかなぁ、大丈夫かなぁ、とちょっと不安になりながら決めるよりも、誰かがそばにいて『それが絶対に良いよ!』って言ってくれた方が安心して決められますよね。

それを何回も体験しちゃったら、一人で決めようとした時に『決めかねるぅぅ!!』ってなっちゃいますよね。背中を押しまくった結果、押されないと決められなくなっちゃってたんですよ。きっと。

即断即決で物事を決める僕と、優柔不断気味の嫁が出会って結婚した。
多分そうやって直ぐに物事を決める姿を優柔不断な嫁は『すぐに決めれていいな〜』と思って惹かれた部分もあると思うんです。
今更『嫁が優柔不断で困っちゃいますよ』って言うのも無責任なので、嫁の甘えん坊の優柔不断にこれからも付き合っていきたいと思う。程々にしながらね。

ではまた。

投稿者名

5歳

34歳。嫁と息子2人。
嫁は可愛くて、恐ろしい。
息子達は可愛いくて、可愛い。
そんな4人家族の半径15mの生活。
嫁が快適に生活出来る事を一番に考えながら今日も僕は働いて、そして書く。
普段僕の話を聞いてくれる人はいないので皆さんが聞いて下さい。よろしくお願いします。
Twitter:https://twitter.com/meer_kato Instagram:https://www.instagram.com/gosai531/ Comic:https://comic.pixiv.net/works/3313

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ