pagetop

> > 坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT Talk Session Vol.4 加藤いづみ×百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT Talk Session Vol.4 加藤いづみ×百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

ももクロ初のレギュラー音楽番組生放送「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」(フジテレビNEXT・フジテレビNEXTsmart)から、シンガー加藤いづみと、ももいろクローバーZからメンバー1名を毎回ゲストに招いて、「女性に『笑顔』をお届けする」をメインテーマに対談します。
視聴者からリクエスト曲をいただき、ライブにも負けないくらい本気で音楽に取り組むこの番組ならではの経験を通じて考える「音楽について」や「今後の展望」、「女性アーティスト同士ならではの話」などとても貴重なお話をお届けします。

第四回は、ももいろクローバーZのリーダーであり、天真爛漫な笑顔で活躍する百田夏菜子と加藤いづみが「女子トーク」から「今後の目標」に至るまで思いのままに話しました。

※最後まで読んでくれた方には番組からお二人のサインを入れた素敵なプレゼントがありますので是非チェックしてください!


インタビュー風景


もうちょっと、興味持ってよ私に(笑)。

ということで、(2人での対談の)ラストは夏菜子。

私、ラストか!

そう。ももクロのメンバーと1人ずつ話をしてきて、皆に言ったんだけど、かしこまってちゃんと話すのは初めてだよね?

うん。外に向けてちゃんとはない。いつも、結構色んな話をしたりしてるけどね。

そうだね。こうやって何かのテーマについてとか、そういうのは初めてだから、なんか不思議な感じなんですけど。

うん、確かに。

でも、他の皆には聞いてみたいことがいっぱいあったんだけど、夏菜子には何を聞こうかな…

え、ないの!?えー、ヤダ~!もうちょっと、興味持ってよ私に(笑)。初めてだよ。取材されて、聞きたいことがないって(笑)。

ないっていうか、なんか知らなくてもいいかなって感じ(笑)。

元も子もないじゃん(笑)!

あーりんとか「どんなタイプが好きなの?」とか聞いてたんだけど…

いや、私にも聞いてよ(笑)!

なんだろう…「夏菜子はどんなタイプが好きでもいいかな」って思う感じ伝わりますか(笑)?

(スタッフ一同頷く)

どういうこと?全然伝わらない(笑)。

(スタッフから、もう少し近くに寄るように言われる)

あれ、距離も遠かったの(笑)?

もう、なんなの(笑)!?

めちゃくちゃ知りたいんだけどね、でもなんか夏菜子のことは現実的なことを知らなくていいかなって思っちゃう。もちろん前向きな意味でなんだけど(笑)。なんだろう…なんだろうね。
とりあえず聞いておく?どんな人が好きですか?

いや、興味ないじゃん(笑)!異性で!?

もちろん。タイプとかある?テレビ番組を見たりしたときに、「このグループだったら、この人が好き」とか、「楽器やってる人はこういう感じが好き」とか。
私はバンドでカッコイイなと思うのは、結構ボーカルが多いかも。

私ね…実はそういうの、ないんですよ。

ほら、ないじゃん!だからもう本当聞き損ですよ、皆さん(笑)。

ヤバイ。この会話ヤバイ。一個も成立しない…

ある意味どんな人にも求められてるんじゃない?

そしたら、女性は?友達とかはどんな人が多いの?

私、なんか分からないんですけど、勉強のできる友達が多くて。そういう人を選んで仲良くなってるって訳でもないんだけど、幼稚園からの幼馴染の子も、学校でずっと成績トップだったりとかするんですよ。
同じ生活をしてきて、毎日一緒にいたのに、なんで学力がこんなに違うのかなって(笑)。

そうなんだ?

うん。高校でも、入学したときに初めて教室に入って、席に座って隣になった子と仲良くなって。でも、その子も高校で成績トップだった。高校生活で仲良くなった中には、もちろん私と同じくらいのレベルの子もいっぱいいますよ(笑)。
そういう「一緒に頑張ろうね」みたいな子も沢山いるんですけど、すごく学力の高い子も結構多くて。学生時代一生懸命に成績いい子たちが私に勉強を教えてくれるんですけど、でも何一つ身にならなかった(笑)…

皆が夏菜子に教えたくなるのかな?

教えてくれるんですけど、勉強ができる人たちは、要領が良くて、「いやこの授業聞いてれば絶対100点とれるじゃん」とか言って、「とりあえずこのプリントだけ暗記しな」とかって言うんですけど。「いやいや、このプリントが暗記できないから困ってるんですよ、コッチ的には」って(笑)。

そうだよね(笑)。この話でスタッフさん大丈夫(笑)!?でも、なんだろうね、皆の癒やしなのかな、夏菜子は?

癒やし?

うん。実は勉強ができる人が特別多いってわけじゃなくて、そんなの関係なく、ある意味どんな人にも求められてるんじゃない?

えー、どうなんだろう?でも、たしかにそう言われると「友達に、こんな人が多いな」っていうのあんまりないのかもしれない。
仕事とかも今私と同じ年の子たちが社会人になってるけど、すごく色々な仕事してるかも。友達みんなバラバラ。

そもそも、友達が多そうだよね?

多いのかもしれないですね。地元とかでも、薬剤師になったりとか、エステティシャンになったりとか、一般企業で働いたりとか。
全然、違う方向に進んでる友達が多いから、刺激をもらえてるかもしれない。

そうね。面白いよね、色んな話を聞けるし。

そう。

ももクロは話を聞いたら、みんな地元の友達がいてって言うから、すごく羨ましいな。私は四国から出てきて、友達になるのが同じ仕事してる人ばっかりだったからね。子どもが産まれるまでは友達は音楽業界の人しかいなかった。
やっと最近世の中で言うママ友ができて、年齢も違えば職業も違う、それこそ専業主婦の人もいるし。でも面白いよね、話聞いていて。

そうですよね。

みんな誰かのファンクラブに入ったりライブに通ってたりしてて驚いたよ。今までおんなじ業界の人と話すのが楽しいと思ってたけど、たくさんの人に触れるほうが、ずっと素の自分でいられると思った。

うん、なんかこの業界の人と話す楽しさも、もちろんあるけど。全然こういう仕事を知らない人たちと話したときの、素朴なこの仕事に対する疑問とか、「あ、そういうの不思議に思うんだ?」とか、そういうのもなんか面白い。


インタビュー風景

バックナンバー

  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー

私がちょっとでも変になってきたら教えてね。

そういえば、私が夏菜子の言葉で印象的だったのは「なんか私がちょっとでも変になってきたら教えてね」って言ったこと。覚えてる?

え、言ったかな?

うん。ちょうど朝ドラとかやる前だったかな?私だけじゃなくて、周りにボイトレの先生とかもいたときに「私がおかしくなったり、芸能界っぽくなったり、変だと思ったら言ってね」って。

ああ、言ったかもしれないー。

まあ、そういう意味では変だとは思ったことなくて、違うところで変だなということはたくさんあるけど(笑)。どうしてこんなに擦れないんだろうって、逆に思う。ふてぶてしく「おはざーす」とか言ってほしいくらい(笑)。
いつも「なんでー!?」っていう声が聞こえてきて、「あ、夏菜子が来たな」って(笑)。

私、「なんでー!?」ってよく言ってますよね(笑)。

よく言ってるね(笑)。

でも、そのときはなんか、色々なお仕事させてもらえるようになってきて、自分でも周りで起きてることが大きくて、怖くなることがあって。
自分では全然そんな自覚ないのに、世間では例えば色んな人が知ってくれて、声かけてもらったりとかっていう状況に、なんか自分で理解できないときがあって。

時々、私も「ももクロってこんな大きいとこでライブやってるんだ」とかって思うね。ブワーってすごい後ろの席からステージに居るももクロの皆を見て、「私はすごい人たちと仕事してるな」って思うから本人たちはよりいっそう思うよね。

そう。ステージから降りたときとか、それこそDVDとか見たりすると怖くなったりとか、「よく自分はあんなところに立ってたな」とか思ったりするから、たぶんそれで、そんなふうにいづみさんに言ったんだと思う。「いづみさん、なんか変だったら言って」って。

インタビュー風景

どんな曲でも、もう飛び込むしかないから。染まりやすいのかなと思います。

夏菜子ってキャラクターもあって、なんか「なんにも考えてないでしょう?」みたいな感じに思われてるかもしれないけど、時々、冷静で客観的な一面がある気がするんだけど。

一周回って本当になんにも考えてないかも(笑)。

でも、すごい客観的に自分を見てるんだなって私は思いますよ。要所要所で私はいつも全体的に皆を見てるから。「皆それぞれの立場で色んなこと考えてるんだな」って。
夏菜子の真面目な顔も一回の仕事でワンショットくらいはあるかな(笑)。

私たちからすると、やっぱり一緒にお仕事させてもらってるいづみさんとか、バンドの皆が本当にすごい人たちなのに、それこそ気さくで。なんだろう…怖いって印象を受けたことがないから、出会う人に恵まれてるって思うし、いつも優しくて、うちらが音を外しても笑って教えてくれたりとか。

インタビュー風景

あー、でもそれはね、ももクロだからだと思う。皆、厳しく怖い顔する仕事もあると思う。
でも、ももクロの現場はみんなスゴイ楽しそうだもん。実際、楽しいし。それは、私が言うのもあれですけど、バンドのメンバーもスタッフもたぶん、ももクロのことが好きで好きでたまらない人しか集まってないと思う。

ありがとうございます。恵まれてるなって、すごい思うし、そういう先輩たちを見てるからこそ、自分たちもそうなりたいな。
例えば、後輩の新しい子たちと一緒になったときに、助けてあげたいなと思う。私も助けてもらったから。すごく最初は怖かったし、不安とかたくさんあったけど。そういうときに、いづみさんが何度も音を教えてくれて、すごく安心したから、「こういう人になりたいな」と思った。

そっか。ありがとう。

あと、堂本兄弟で工藤静香さんと「激情」を歌ったことも、私は忘れない。あのとき、本当に頭が一杯一杯になって、いづみさんとたかみな(AKB48の元メンバー・高橋みなみ)さんの2人が声かけてくださって本当に助けてもらったなって。

あのときもね、なんかただでさえ難しいハモをなぜか夏菜子がやったね。私も心のなかで、「もっと得意な子がいるだろう」って思ったけど、でもやっぱり夏菜子に歌わせるって思ったきくちP(新堂本兄弟、坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXTプロデューサー・きくち伸氏)がいて。
でも、なんかやったときに分かったけどね。コレをやらせるというドキュメンタリーが必要だったんだって。そういう意味でいうとフォーク村は毎回、自分が得意じゃないタイプの曲も客観的に見てコレは夏菜子が歌ったら面白いんだろうって曲がリクエストされたり選曲されたりするでしょう?

うん。

だから、夏菜子的には「この曲、苦手なんだよなー」とか色んなこと毎回毎回越えていかなきゃいけないわけでしょう?しかも、生放送で。でも、結果として、たまに「これはやっぱ難しかったね」っていうのはあるけど、発見も多くない?

そうだね。うーん、本当に私はこだわりとか一切ないから、逆にどんな曲でも、もう飛び込むしかないから。染まりやすいのかなとは思いますね。

「これはこう歌いたい」とかない?

こう歌いたいとか、そんな技術もないので、とりあえず曲を初めて歌うときに私が聴いたイメージを素直に歌うっていうことしかできない。でも、ちゃんと伝わってればいいなっていうのは思うけど。

でも、その真っ直ぐさこそが、たぶん『伝わる』ってことだと思うよ。

ありがとうございます。どうなんだろう…

でも、やっぱり確実に声も伸びるようになって、失敗も少なくなってきてるんじゃない?
聴いていて、「すごく今ハマったな」「いいな」って瞬間がたくさんあるけど私は。

えー!私はあんまり思ったことない。

でも、たぶんそれも、ももクロメンバー皆に言えるけど、生放送だし、「これ、私に合ってる」とか思う間もなくとりあえず全力でぶつかるっていう。

そうですね、なんか「アイドルの顔して」とかって言われるから、ヤバイなって。ギター弾いてるときとかも、「顔がアイドルじゃなくなってる」っていちばん注意されるんじゃないかな(笑)?

私、覚えてる!ライブの写真を一緒に選んでるときに、「変なのばっかりだ」って横で夏菜子が言ってて。でも、ライブのときってあれだけ全力で歌って、踊ってれば、髪も顔もワーってなって。
ライブで本気で歌ってるときに、綺麗な顔なんてできないよね?

できない!でも、いづみさんはいっつも綺麗!変な顔なんか見たことない!

あるあるある(笑)!でも、客観的に自分を見ちゃうからかな?「眉毛がかたっぽ上がってるな」とか、「癖で歌うとき肩が上がっちゃうな」とか思う。
だから、夏菜子の横で私は「それは全力で歌ってるからだよ」って思った。「それは、心から、腹から歌ってるって証拠だよ」って。

そうかな?でも、本当にガーって歌ってるときに、パって客観的になるときがあって、「いま、絶対ブサイクだな」って思うときがある(笑)。最近もあったの、ライブで。

本当(笑)?

たぶん今私のアップだと思うけど「鼻の穴広がってるわ」とか。

面白い(笑)。

インタビュー風景

バックナンバー

  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー

インタビュー風景


ここって決めちゃうと…なんかそれって面白くないなって。

夏菜子が「笑顔を届ける天下を目指す」ということ(国立競技場での)ライブの最後に言っていたけど、私その言葉すごく響いていて。
私が、心がけてるのはとにかく笑顔でいること。やっぱり、私も夏菜子たちとは違うところで日々大変なこともあるし、子どものこともね。例えば、「あ、自分のペース乱れたな」ってときはすっごい笑うようにしてるの。イライラして娘に怒りそうな時こそ笑顔で。それは、やっぱり夏菜子のこの言葉を聞いてからかもしれない。

ありがとうございます。

夏菜子も色んな新しいチャレンジが本当に山積みで、次から次へありますけど、夏菜子の今後の目標は一つ聞くとしたら何かな?
そんなに大きくなくてもいいけど。

うーん、でも本当に山積みだからな。
なんかここって決めちゃうと、そこに行くルートが決まっちゃってるような気がして、どうしてもここに行かないといけないっていう…なんかそれって面白くないなって。

なるほどね。確かに夏菜子を見てると先のことってより、「一個一個、目の前のことをどう全力でやるか」ってのしか考えてない気がするな。

そうだね。いかに今日これを全力でやりきるかっていう、どうなるか分からないって方が好きではあるんですけど。
最近思うのは私が例えば芸能界を辞めたりとか、例えば死んじゃった後とか、何十年も先に、誰かがももクロの歌を歌ってくれてたりとか、ももクロを題材にしたドキュメンタリー映画とかやってくれたら嬉しいし。やってもらえるような、皆が想像できないことをやっていきたいなって思いますね。

インタビュー風景

【次回のお知らせ】

ご愛読ありがとうございました!次回の第5回目はスペシャル企画を予定しています!
乞うご期待ください!


【プレゼントのお知らせ!】

この記事を読んでくれた方に番組から素敵なプレゼントをいただきました!
是非ふるってご応募ください!

「百田夏菜子、加藤いづみの直筆サイン入り番組オリジナル缶バッチ」2名様
さらに、当選者の方のニックネームを直筆で入れて発送をします。


番組オリジナル缶バッチ


<応募方法>
この記事の一番下にある「Twitter」マークのボタンからご自身のTwitterアカウントで記事をツイートしてください。

2018年3月21日までにツイートしていただいた方の中から抽選で2名の方に、アイスム編集部(https://twitter.com/ism_desk)よりDMにて詳細をお送りさせていただきます。
その後、本人達からニックネームを直筆で入れて発送をします。
※DMを受け取れるアカウント設定にしておいてください。
※2018年3月下旬頃を目安に当選者に連絡を差し上げます。
※当選者のご住所などの情報に関しましては本目的以外の使用は致しません。


【番組情報】

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT
2014年9月にスタート!
坂崎幸之助(THE ALFEE)とももいろクローバーZが、ダウンタウンももクロバンドを従えて生演奏で毎月1回、生放送でお届けしているフジテレビNEXTの人気音楽番組。
多彩なミュージシャンをゲストに迎え、視聴者の皆様から送られてくる手紙やハガキを紹介。視聴者のリクエストに応えつつ、ゆるゆるとそして真っ直ぐに音楽をお届けします。

☆生放送で生演奏してほしい楽曲のリクエストハガキ募集中!
〒119-0188 フジテレビ
坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXTリクエスト係

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT 放送スケジュール
http://otn.fujitv.co.jp/b_hp/914200174.html

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/FOLKMURA/

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT

プロフィール

プロフィール写真

百田夏菜子
百田夏菜子オフィシャルブログ でこちゃん日記: https://ameblo.jp/momota-sd/
ももいろクローバーZ オフィシャルサイト: http://www.momoclo.net/

プロフィール写真

加藤いづみ
1991年アルバム「テグジュペリ」でデビュー。
1993年、TVドラマ「悪魔のkiss」の挿入歌となった「好きになって、よかった」がスマッシュヒット。
これまでにベスト&LIVE盤を含む24枚のアルバムを発表。
近年は「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」等の音楽番組への出演。
また、吉田拓郎、小田和正、ももいろクローバーZ等のライブツアーにコーラス参加するなど、幅広く活躍している。

加藤いづみ オフィシャルサイト:http://katoizumi.com/


※この記事は2018年5月中旬頃までの掲載になります。

バックナンバー

  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー
読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

編集部のおすすめ