pagetop

 > あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case4 もう相手にされない?私、やらかしちゃったかな…

あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case4 もう相手にされない?私、やらかしちゃったかな…

2018/03/13 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“悲恋改善カウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第4回はペンネーム「ココ」さんからのご相談です。

皆さん、こんにちは。悲恋改善アドバイザーの藤本シゲユキです。
この度は恋愛ラボに多数のご相談をいただき、誠にありがとうございます。
今回は「もう相手にされない?私、やらかしちゃったかな…」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:ココ(28歳/女性/学生)

■相談内容:
はじめまして、ココと申します。『だまされない女の作り方』を偶然にも拝見し、もっと早く読んでいれば…と後悔しています。

京都で大学生活10年目⁉最近やっと人間に興味が出てきた恋愛超初心者です。
彼とは2、3年前からたまに合う友人であり、同級生です。
この度彼の就職が決まり、久しぶりに会った時に「来週温泉旅行に行かない?」と誘われました。
かなり急で迷ったものの、運良く都合がついたのでイエスの返事をしました。
しかし、最終決定の段階で迷いが出てしまい、半日ほど遅れて返事をした後に、彼の都合がつかなくなり、キャンセルになってしまいました(多分面倒になった?)。
もう彼からの連絡はないと思います(彼は追いかけたいタイプなのに、私が追いかけちゃった…)。
彼はただ遊びたいだけの人だったのか、真面目にお付き合いを考えていたのか、正直疑問が残っていますが、私自身は付き合ってみたいと思っています。
やらかしてしまった感たっぷりですが、挽回は可能でしょうか?サクッと諦めるべきでしょうか?
迷える羊にお導きとアドバイスを頂けると嬉しいです。


◆相手について
・肉食系だと思う。
・ある程度理想があり、追いかけたいタイプの様な気がする。
・無駄は嫌いで、堅実なタイプ。
・面倒くさがりで頭の切れるタイプ。
・容姿や収入を含めて、俗にいう“選びたい放題な人”だと思う。

まずは、冷静に振り返ってみましょう。

ココさんはじめまして。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

僕も京都に住んでいますが、京都の冬は極寒ですよね。
ようやく春の兆しが感じられ、過ごしやすくなってきたなと思っていたところです。

さて、ご相談内容を拝見いたしましたが、何をどう「やらかしてしまった感たっぷり」なのか僕にはさっぱりわかりません。

彼への連絡が遅くなったことを気にされているようですが、半日ほど連絡が遅くなっただけで悪化するような関係であれば、しょせんその程度の関係性しか築けていなかったということでしょう。それに、現代人は基本的に忙しい人が多いので、レスポンスが早い人の方が逆に珍しいのではないでしょうか。

そして厳しいようですが、あえて言わせていただきます。

ココさんは付き合いが長いだけで、彼のことをほとんどわかっていらっしゃらないのでは…と思いました。

彼のことを、ご自身の主観だけで決めつけすぎていませんか?

まず、ココさんは『(彼は)たぶん面倒になった?』と思っているようですが、面倒になったかどうかは彼のみぞ知る、です。ただ、彼が自分から誘っておいてキャンセルになったのであれば、都合がつかなくなっただけと考えるのが自然ですよ。

そして、『もう連絡はないと思います』。これは、ココさんが彼のことを肉食系だと考えて、「肉食系=追いかけたいタイプ」と頭の中で勝手に結びつけ、自分が彼を追ってしまったことで、「もう彼からは連絡がこないに決まってる」と思い込んでしまっているだけのように思えてなりません。

それに、容姿や収入がいいからと言って、相手を選びたい放題かどうかは人によります。
これも「肉食系=きっと遊びまくっている」という単なるこじつけから派生してはいないか、一度よく考えてみてください。

何でも自分と結びつけて考えないこと

『この状況は挽回可能かどうか』ということですが、挽回するも何も大事件が起こっているわけではありません。

今起こっているのは「温泉に誘われたけど、相手の都合が悪くなって行けなくなった」という非常にシンプルなことです。

これをココさんはご自身の中で少々複雑にしてしまっているようですね。

基本的に恋愛下手な人の考え方として、「相手との間に起こった出来事を複雑にして受け止めてしまう」ということがあります。

どういうことかと言うと、起こったこと自体は単純なのに、何でもかんでも自分に結びつけてややこしく考えすぎてしまうということです。

相手には相手の時間があり、仕事があり、自分より前から知っている親しい友人や家族があり、趣味があり、やりたいことがあり…挙げればキリがありませんが、あなたの知らない面や都合があるものですよね。

それなのに相手の都合を一切考慮せず、自分にまったく関係のないことまで無理やり自分に結びつけて考えてしまうのは、ハッキリ言ってしまって申し訳ありませんが、“自意識過剰”と言えます。

彼からすると、ただ予定が合わなかっただけかもしれないのに、「自分が追いかけてしまったから断られたんだ」と彼の都合を無視して無理やり自分を結びつけてとらえているのは、「自分は相手に特別扱いされている」「自分は相手に注目されている」と思い込んでいることと同じで、自分の言動が相手に大きな影響力をもっていると勘違いしてしまっている状態なのです。

今回のご相談内容とは状況が異なりますが、たとえば「俺はどうせ上司に嫌われている」といった感じで、何の根拠もないのに決めつけている人も同じような状態だと言えます。

どういうことかご説明しますね。

会社で“なぜか”上司の機嫌が悪いとしましょう。

こういう時は、「なんか今日は上司の機嫌が悪いなあ」とか「いつもと様子が違うけどなんかあったのかな」といった感じで、上司の機嫌の原因を自分とは無関係であるという前提で考えるのが自然です。

しかし、ここで自分に結びつけて考えてしまう人は、

「前日に私がミスしたことをまだ怒ってるんだ」
「いつも私にだけ厳しい感じがするし、私がいるから怒ってるんだ」

といった感じで、根拠もないのに悪い方へ考えてしまうんですよね。

この場合も「自分は上司に注目されている」「上司はいつも自分のことを考えている」と思い込んでしまっている状態で、直接「お前のことが嫌いだ」と言われたり、周囲の人から上司が自分のことを嫌っているといった具体的な情報を得たりしたわけでもないのに、勝手に「自分が怒らせた→自分は嫌われている」と考えているだけなんです。

相手のことを自分に結びつけてとらえてしまうと、その時点で“自分が解釈した通りの人間”という目線でしか見られなくなってしまいます。

ココさんが自分自身と彼とを切り離した考え方ができなければ、いつまでたっても彼の人となりはわからないのではないでしょうか。

主観のフィルタをはずして彼を見てあげて

やっと人に興味が出てきたということでしたら、これは彼に対して興味を持って接することができる絶好のチャンスです。

「男の人ってきっとこうだから」というココさんの主観のフィルタを取り払って、もう一度彼の人となりをちゃんと見てみてください。

僕たちが人のことを「あの人ってこれこれこういう人だよ」と言えるのって、例外なく相手のことを冷静に、客観的に見ているからです。

しかし、恋愛になるとたちまち目が曇るのは、今まで見聞きしてきた恋愛指南の「男はこういうもの」という情報を鵜呑みにしてきた結果と言えるでしょう。
あれだけ統計が取れている血液型占いでも当たりハズレがあるのに、人間を既存の枠に完璧に当てはめることなんて不可能です。

なので、彼のことをもう一度ちゃんと知るためにも、今まで知り合った男性の情報や、ココさんが見聞きした恋愛にまつわる情報の入った「既存フォルダ」に彼を当てはめようとするのではなく、「新しいフォルダ」を作って、彼のことを一から知るつもりで“人として”見てあげてください。

そうしないことには、彼が遊びたいだけなのかも、真面目にお付き合いを考えているかも分からないと思った方がいいでしょう。

それに、彼がもし本当に無駄が嫌いで堅実な人だとしたら、恋愛でも相手を取っ替え引っ替えするのではなく、慎重に選ぶのではないでしょうか。

とにかく、決めつけることをやめて、一度ココさんから連絡をしてみましょう。
彼を食事や遊びに誘ってみてはいかがでしょうか?

ふつうに友達を誘うように、

「お疲れさまー。そういえば4月から仕事だったよね。その前にご飯でも行かない?」

という感じで誘ってみてくださいね。

本コラム内にてお悩み相談、随時募集中!
相談内容や相談へのお返事はコラムに掲載させていただきます。
送り先は僕のメールアドレス(hamsanmm@gmail.com)かメールフォーム(http://damasarenaiwa.com/contact/)まで。
応募の際はより具体的な状況を知るため下記の6つを必ず入れてくださいね。


  • ・「アイスムコラム内での相談」と必ず記載をお願いいたします。
  • ・ニックネーム
  • ・簡単な自己紹介(年齢・性別・職業など)
  • ・相手とのこれまでの経緯
  • ・相手の性格や恋愛遍歴
  • ・これからどうしていきたいか

いただいた相談内容はこちらのコーナー以外での使用はいたしませんのでご安心ください。

皆さまのご応募、お待ちしております。僕はあなたの力になれます。

投稿者名

藤本シゲユキ

42歳。悲恋改善アドバイザー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

編集部のおすすめ

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ