pagetop

 > 迫力に圧倒、プレーに感動!女子バスケ・試合観戦レポ Go! Go! Vickies!!

迫力に圧倒、プレーに感動!女子バスケ・試合観戦レポ Go! Go! Vickies!!

2018/03/30 UPDATE

世界的な大会での優勝がきっかけで注目を集めた女子ソフトボールや女子サッカー。

アイスム編集部では「次にくる、女子スポーツ」をバスケットボールと予想!
編集部員が試合を観戦させていただいた女子バスケットボールチーム、東京羽田ヴィッキーズを応援していくコンテンツ「Go!Go!Vickies!!」。

今回は3月10日に大田区総合体育館で行なわれた今季最終戦、日立ハイテククーガーズ戦の試合レポートをお届けいたします。

試合前の会場の様子

今シーズン最後の試合とあって、会場は熱気に包まれていました。東京羽田ヴィッキーズファンは青、日立ハイテククーガーズファンは緑とチームカラーのTシャツを身につけた人が続々と会場へ。ティップオフの瞬間を今かと待っていました。

大田区総合体育館でヴィッキーズのホームゲームが行なわれるときは、地元のお店がビールや軽食、スイーツなどを販売しています。出店しているのは、どれも選手たちが馴染みのお店ばかり。丹羽選手も大好きだという「はねだぷりん」や羽田の地ビールなど、子供から大人まで楽しめるものが揃っている。なかでも、オススメしたいのが磯崎家さんの「ヴィッキーズどら焼き」!!試合会場限定でマスコットキャラのヴィッキーちゃんがプリントされていて、とてもかわいいんです!しかも、これが絶品なんです。ホームゲームを観戦に行く際は、ぜひ味わっていただきたい一品です。

vs日立ハイテク クーガーズ 試合レポート

この日は両チームにとって今シーズンの最終戦。そして、ヴィッキーズにとっては瀨﨑 理奈選手の引退試合でもあります。勝利して笑顔で瀨﨑選手を送り出したいところ。
がんばれ、ヴィッキーズ!

試合に向けて、コーチと話したりダッシュをして体を暖めたりと準備をしていきます。
両チームのスターティング5が発表され、間もなく試合が始まります!

いよいよティップ・オフ!〜第1クォーター〜

この日のヴィッキーズのスターティング5は、秋元千那実選手・丹羽裕美選手・森本由樹選手・本橋菜子選手・柳瀨さつき選手の5人。今季最終戦がティップオフしました。

両チームとも一歩も引かず、試合開始から1分ほどは拮抗した状態に。そんな中、先制したのはヴィッキーズ!本橋選手がドリブルで一気に駆け抜けてシュート。会場のヴィッキーズファンは大いに盛り上がります。しかし、日立も負けてはいられません。すぐさま3ポイントシュートを決め、逆転します。その後、今シーズンのフリースロー成功率がWリーグで1位の森本選手がフリースローを落ち着いて決め、逆転に成功!

その後、ヴィッキーズは積極的に攻めるも、なかなかシュートが決まらず、点差を広げられる苦しい場面が続きました。そんな中、瀨﨑選手がコートに登場!ディフェンスを完全にはずしてフリーの状態で3ポイントシュート。チームに活気を与えます。終了間際にも瀨﨑選手が3ポイントシュートを決め、点差を縮めます。第1クォーターは13-24で終了。まだ挽回できるぞ、ヴィッキーズ!

苦しい時間が続く〜第2クォーター〜

瀨﨑選手からのパスを受けた丹羽選手が相手のプレッシャーを受けながらもシュート!
第2クォーターもヴィッキーズが先制します。しかし果敢に攻めるもシュートが決まらず、またもやゴールに嫌われてしまいます。その間に日立は得点を重ね、15-27まで点差をつけられてしまいました。

ただ、ヴィッキーズは諦めません。髙木(ゆ)選手がフリースローを本橋選手が3ポイントシュートを決め少しずつ点数を積み重ねていきます。森本選手が勢い良く攻め、相手のファールを誘って得たフリースロー。ここもきちんと決め、第2クォーターは28-41で終了しました。

この日限りのチアコラボ〜ハーフタイム〜

前半が終了し、ハーフタイムに。この日はWリーグの試合後にBリーグの試合、アースフレンズ東京Zのホームゲームが行なわれるということで、ヴィッキーズのチアとアースフレンズ東京Zのチアがコラボレーションパフォーマンスを披露してくれました!!

華やかなパフォーマンスに会場は大盛り上がり!後半戦へ向けてボルテージが上がっていきます。いよいよ第3クォーターがはじまります!まだ逆転できるぞヴィッキーズ!

ヴィッキーズ、怒濤の攻撃!〜第3クォーター〜

13点差で始まった第3クォーター。本橋選手がルーズボールをすかさず奪い、一気にゴールへ。しっかりとシュートを決め点差を縮めます。そして秋元選手、再び本橋選手と点数を重ねていきます。

第3クォーターは本橋選手の勢いが止まりません!シュートにフリースローとどんどん点数を重ねていき、丹羽選手の得点でついに点差が6点に。流れがヴィッキーズに来たかと思ったのもつかの間で、日立も負けじと猛攻を続けてきます。第3クォーターは47-57で終了。しかし、点差は10点と最後のクォーターで逆転の可能性は充分にあります。ラスト10分、がんばれヴィッキーズ !

逆転できるか、ヴィッキーズ!〜第4クォーター〜

今シーズンの試合もこのクォーターで終了。そして、瀨﨑選手にとっては現役最後の10分間となります。会場全体に「なんとか勝って、瀨﨑選手に勝利をプレゼントしたい!」という思いが広がります。しかし、ヴィッキーズは最初の1分間で点を入れることができず、47-62と差を広げられてしまいます。そんな中、本橋選手がドリブルで独走してそのままシュート!この勢いに乗って逆転したいところ。そして、瀨﨑選手が再び登場しました。

本橋選手の3ポイントシュート、森本選手の得点で54-63と点差が再び一桁に!会場の応援もより一層白熱していきます。一進一退の攻防が続いていましたが、日立が連続で3ポイントシュートを決めるなど一気に突き放されます。

残り2分でタイムアウトをとったヴィキーズは選手を全員入れ替えます。その中には今シーズンの新人選手、平松選手と奥田選手やアーリーエントリーの星澤選手と津村選手が含まれていました。ベンチからは先輩たちが大きな声を出して盛り上げています。津村選手が得点を決め、点差を詰めます。若手選手達が思い切りのあるプレーで躍動。しかし日立のディフェンスも硬く、なかなか点数を積み重ねられないまま第4クォーターが終了。58-73でヴィッキーズは勝って終わることができませんでした。

試合終了後、棟方ヘッドコーチと瀨﨑選手から挨拶がありました。棟方ヘッドコーチは明るくまとまりのあるチームだと今季の選手たちを表現。来シーズンではもっと選手たちを活躍させたいと抱負を語っていました。瀨﨑選手はどんな時でも応援してくれたファンへの感謝を語っていました。

試合後の選手にインタビューしてきました!

試合終了後、奥田選手・小山選手・平松選手にインタビューさせていただきました。
今シーズンの振り返りからプライベートのお話まで訊いて参りました。

インタビューに答えてくださった奥田選手・小山選手・平松選手

試合、おつかれさまでした!今シーズン最終戦でしたね。どんなシーズンでしたか?

私は、今シーズンから入った新人で、去年の終わりからアーリーエントリーで加入しました。なんとなくチームの雰囲気や空気感が分かって来たなか、6月からヘッドコーチが棟方さんに変わりました。
オフェンスとディフェンスのシステムが変わった状態からシーズンが始まって、最初はシステムをチームに浸透させるのが難しくて、みんな感覚が変わって戸惑っていました。
シーズンが進んでいく中で、チーム全体で約束事を守っていけるようになって棟方さんのバスケを少しずつ理解することができるようになっていきました。最終戦の今日は負けてしまったのですが、チームでやりたいことができたかなと思います。

小山選手はいかがでしょうか。

私は6月から移籍してきて、最初はリハビリからのスタートでした。リーグに合わせて復帰したのですが、なかなか思うようにプレーできませんでした。
個人的な目標はけがなくシーズンを終わることで、それが達成できてよかったです。このまま良い形で来シーズンを迎えられたらいいなと思います。


それでは、平松選手お願いいたします。

自分もハナ(奥田選手)と同じで新人なのですが、アーリーエントリーはしていなくて、シーズンが始まってから加入しました。
大学でやってきたことが通用した部分もありましたが、一方でWリーグと大学時代との差はあるなと思いました。その差を来シーズンは修正していけたらなと思います。

大学時代との差は具体的にはどのようなところで感じましたか?

やはりWリーグの選手は1人ひとりに上手さが有って、スピードがそこまで速くない人でも相手を簡単に抜くことができてしまうんです。
一対一のスキルが高くて、どのチームも個人のレベルが高いというところが差だなと思いました。

やはりプロ。レベルが高い「個」が集まっているんですね。
では、今シーズン見つかった課題について教えてください。

チームとして「ディフェンスをしっかりして、ファーストブレイク」というのが目標でした。
実際に試合では、ディフェンスを頑張ってもオフェンスの場面で得点が取れないことが多かったことが課題かなと思います。

ファーストブレイクは今日の試合でもしていましたし、ヴィッキーズの強みですよね。
小山選手が見つけた課題は何しょうか?

外でばかりプレーしていたので、来シーズンはもっと中に入ってドライブやポストプレーをできるようにフィジカルを鍛えたいです。
ディフェンスでは、3番のポジションを完璧にできるようにしたいですね。

小山選手の力強いプレー、来シーズンも楽しみです!では、平松選手は今シーズン、どのような課題が見つかりましたか?

さっき言ったWリーグと大学時代との差を埋めるというのもそうですが、ドライブをしたときの角度とか技術面を磨きたいなと思います。
あとは、自分でシュートするのかアシストするのかの見極めをできるようにしていきたいです。

スキルの向上が目標なのですね。
今日の試合で瀨﨑選手が引退されましたね。
瀨﨑選手との思い出を教えてください。

大学の先輩で、1年生の時の4年生がイクさん(瀨﨑選手)で、スーパースターでした。
大学で1年、東京羽田で1年しか一緒にプレーできなかったけど、バスケットが楽しいものだってイクさんに教えてもらいました。本当に尊敬する先輩です。

一緒にプレーしたのが短い期間でも、それぞれ濃い1年だったんですね。小山選手はいかがでしょうか?

公私ともに、すごく仲良くしてもらっていました。東京羽田に入ったばかりのときは、あまり話していませんでしたが、いつの間にか仲良くなりました。
イクさんの愛犬とよく遊んでいて、それがきっかけだったかもしれないです。

瀨﨑選手は愛犬家なのですね。では、平松選手はいかがでしょうか?

同じ大学ではなかったのですが、大学時代に見ていて、すごい選手だなと思っていました。東京羽田に入って一緒にプレーしてみて、自分のバスケットをすごく大事にしている方だなと思いました。
自分が信じているバスケットを貫いているなと思ったし、それがすごくかっこいいなと思いました。本当に1年間だけでしたが、一緒にやれてすごく楽しかったです。

違う大学の選手にも憧れられる存在ってすごいですね。
では、今日の試合でシーズンが終わり一段落したと思います。ご自分にご褒美を上げるとしたら、何をしたいですか?

この前、ちょっといいドライヤーを買いました!チームのみんなに勧められたものです。髪、全然違いますよ!!

ね!いいよね、全然違う!

小山選手も使っていらっしゃるんですね!

私も持ってますよ!ホント、髪変わりますよ!そして、私の自分へのご褒美は、今、車の免許を取りにいっているので、早く乗りたいなと。

え?車買うの?

車は買いたいと思ってます!

こういうやつじゃないの?(ネコの手を伸ばしたようなポーズをする)

それジャガーでしょ!笑 高級なやつ!青い車が買いたいですね。コートネームがソラなので。

チームカラーも青ですし、小山選手に似合いそうですね!平松選手はどんなご褒美をあげたいですか?

私は、高いお寿司が食べたいですね。廻らないやつ…。ネタはサーモンが好きです。

お寿司、いいよね!私は牡蠣食べたい!

今が旬のネタとかもありますし、いいですよね。
この質問でみなさんの仲の良さがすごく伝わりました。

あ、そういえば、このメンバーでイチゴ狩りに行くんですよ。

ご褒美、それじゃん!笑

どちらまで行くんですか?

千葉まで行ってきます!

いいですね。楽しんできてくださいね!

ありがとうございます!!!

では、最後に来シーズンへの意気込みを教えてください。

来年は2年目になって後輩もできます。今シーズンは先輩に頼ってばかりでしたが、来シーズンは積極的に声を出して、チームを盛り上げていきたいです。
個人としてバスケットのスキルもあげていきたいです。

今シーズンは10位だったので、来シーズンは絶対プレーオフに行けるよう、一個でも順位を上げていきたい。
チームに貢献できるように頑張りたいです。

個人の課題を修正し、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。

来シーズンも応援しています!
今日はどうもありがとうございました!

東京羽田ヴィッキーズの情報はこちら!

今シーズンの試合は全て終了してしまいましたが、
アイスムでは引き続き東京羽田ヴィッキーズを応援していきます!
これからも「Go! Go! Vickies!!」をよろしくお願いします。

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ