pagetop

 > あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case9 結婚して子供を産みたい私、今が楽しければいい彼

あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case9 結婚して子供を産みたい私、今が楽しければいい彼

2018/05/29 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“悲恋改善カウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第9回はペンネーム「つゆぽん」さんからのご相談です。

皆さん、こんにちは。悲恋改善アドバイザーの藤本シゲユキです。
この度は恋愛ラボに多数のご相談をいただき、誠にありがとうございます。
今回は「結婚して子供を産みたい私、今が楽しければいい彼」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:つゆぽん(25歳/女性/在宅事務・金融一般職OL)

■相談内容:
藤本先生、いつもブログで勉強させていただいています。ラブズカフェにも行かせていただいたことがあります。彼氏いない歴1年、婚活中のつゆぽんと申します。

彼とはマッチングアプリで出会い、3ヶ月で5回デートを重ねたのちに私から告白しました。
すると、彼から「一緒にいて楽しい。土日は学生時代のサークルのイベントが多いから忙しいけれど、それでもよければお試しで付き合ってみようか」とOKをもらい、現在週1ペースでデートしています。
告白したときに「遅くとも28歳までには子供を産みたい」と伝えたところ、「今はまだ先が見えない、僕との未来を考えてくれているなら2年後くらいにまた打診して」と言われました。
まだ彼と知り合って間もないですが、お互い束縛せず、良い関係を築けていると思います。彼はとても素敵で、一緒にいて癒される存在です。彼も「つゆぽんは可愛いし一緒にいて楽しい」と言ってくれています。
ただ、自分勝手なのは分かっていますが、私には早く結婚したいという目標設定があるので、見込みが薄ければすぐ次にいこう、という考えです。
結婚願望があるのかないのかよく分からない彼との未来を、どう考えて、どのように動けば良いのでしょうか。

◆相手について
・おおらかな性格で滅多に怒らなさそう。
・お笑いや、男友達と盛り上がることが大好き。
・歴代の彼女は7人おり、セフレがいたことも。彼女たちと別れた原因は、『彼が男友達たちと仲が良すぎて、彼女側が一緒にいる意義を見出せなくなったから』とのこと。
・今が楽しければいい、がモットー。

結婚は一生モノ、あなたの都合だけで築くものではありません。

はじめまして。
いつもブログをご覧いただき大変光栄です。

ラブズカフェにもお越しいただきありがとうございました。

今回は、彼との結婚についてのご相談ですね。
まず、彼に結婚願望があるかどうかよりも、つゆぽんさんが結婚に対して焦り過ぎではないか?と感じました。

そこまで極端には考えていないかもしれませんが、ご相談内容からは、結婚して子供が産めれば相手は誰でもいいような印象を受けました。

結婚と出産をゴールに考えている女性はかなり多いのですが、「結婚しても合わなければ離婚すればいい」という割り切った考え方の人じゃないかぎり、基本的に結婚は一生モノです。

別居婚や週末婚の場合を除き、ずっと同じ異性と一つ屋根の下で死ぬまで一緒に暮らすという前提で結ばれるのが結婚ですし、本来であれば結婚相手は慎重に見極めないといけないものだと僕は思っています。

たとえば、僕たちが家を買うときは、その家に一生住めるかどうか、内覧に内覧を重ねてから決めるものですよね。

「結婚したいから」「子供が産みたいから」といった理由で、相手のことをちゃんと見極めもせずに結婚しようとするのは、内覧もせずに外装だけを見て家を買うようなものです。

ケースバイケースではありますが、相手をしっかりと見極めずに結婚した結果、3組に1組が離婚しているのが今の日本だということを忘れてはいけません。

僕が思う結婚相手の条件とは、

1.この人の子供が産みたいかどうか
2.相手が病気になったときに介護ができるかどうか
3.もし、家族がどん底状態になったとしても、一緒に乗り越えていける相手かどうか

という3つです。

この3つに該当しない場合、その相手と結婚はできたとしても、ずっと夫婦生活を続けていくことは難しいと思います。

人生はなにが起こるか分かりません。ときに「なんでこんな理不尽なことが起こるんだろう」というのが人生でもありますからね。

あと、なぜ結婚したいのかという具体的なビジョンをつゆぽんさんには感じられませんでした。

「周りのみんなが結婚していて焦るから」とか「結婚しないと女として失格なんじゃないか」といった考えで結婚したいのであれば、それはつゆぽんさんが結婚したいのではなく、人の評価と世間体に縛られて「結婚しなければいけない」と思っているだけですよ。

それに付け加えて、なぜ子供がほしいのかも考えた方がいいでしょう。

「自分の子供がとにかく欲しい」というのは、なんの理由にもなってないです。

たとえば、初めてのPCが欲しいと言っている人が「なんで欲しいの?」と聞かれて、「なんとなく便利そうだから」と具体的に欲しい理由を言えないのと同じです。

少なくとも出産は、どこまでいっても親の勝手な都合で行われるものです。
ほとんどの人が生きづらいと感じるこの世の中に、ノープラン状態で、「ただ子供がほしい」という親のエゴで生まれてくる子供の身にもなってください。

なので、結婚に対しての具体的なビジョンや、どういう家庭を築いていきたいかもしっかりと考えた方がいいでしょう。

そして、彼が「2年後にまた打診して」と言っているのであれば、つゆぽんさんがそのときになっても結婚したいという気持ちを抱いているかどうかの再確認をしてほしい、という意味合いもありますが、つゆぽんさんを結婚相手として考える以前に、今は彼女としてふさわしいかどうかの品定めをされていると思った方がいいです。

「お試しで付き合おう」という彼の発言がそれを物語っていますね。

とはいえ、彼の「可愛いし一緒にいて楽しい」という発言を考えると、すでに品定めの状態は抜けているか、もしくは抜けかけの状態ではないでしょうか。

男性と女性の「結婚観のズレ」

それから、厳しい現実として、ほとんどの男性にとって結婚とは「したくないけれどいずれしないといけないもの」という認識であることが多いです。分かりやすく例えるならば、「行きたくないけれどいずれ行かないといけない」という、いわゆる徴兵制のようなものだと思ってください。

なぜ、そこまで結婚に対して前向きじゃない男性が多いのか。
考えてみると当たり前の話ですが、今まで自由に使えていた時間とお金が制限されてしまうからなんですよ。

結婚したい女性は、「結婚=女としての価値」という意識で考えている人も多いので、男性も少しは同じように考えてくれていると思ってしまいがちですが、残念ながら現実には「結婚=奪われるもの」という認識でいる男性が多いのです。

なので、「この人となら結婚してもいいかな」という決定打がないかぎり、結婚に踏み込めない男性がほとんどなんですよね。

にもかかわらず、「結婚したい!」と交際相手に迫る女性の多くが、自分の要求を叶えてもらうことしか考えておらず、相手に対してなにも与えていない、ということがよくありまして、その結果、男性側がどうしても結婚に踏み切れずに破局する、ということがよくあります。

この場合、男性側からすると「結婚したい結婚したいって言うけれど、お前と結婚して俺になんのメリットがあるの?時間もお金も奪われるのに」というのが、どこまでいっても本音なんですよ。

要するに、結婚したいと言いながら、相手が結婚したいと思えるにふさわしい行動をとっていない女性が多いということです。

とはいえ、つゆぽんさんは彼のニーズに応えておられますので、なにも与えていないということはないようにお見受けします。

現在のスタンスを崩さなければ、彼に結婚する気がないという場合を除き、結婚相手として意識してもらえるのではないでしょうか。


しかし、残念ながら彼は“結婚に向いてない人種”であることは否めません。

なぜなら、「面白いことが大好き」ということは「刺激がほしい」ということなんですよ。

結婚生活には刺激とは真逆の「安定」や「安心」が求められますよね。

詳しくは後述いたしますが、彼の束縛されたくないという性質を考えると、家庭におさまる人ではないようにお見受けしますので、事前に結婚願望があるかどうかの確認はしておいた方がいいでしょう。

彼の結婚願望を確認する方法

以上のことを踏まえた上で、彼に結婚願望があるかどうかを確認する方法をお話しさせていただきますね。

実は、これには相手にプレッシャーを与えないような上手い言い方とかはないので、直球で聞かなければなりません。

とはいえ、極力プレッシャーを与えないようにするには、

「そういえば、ちゃんと聞いたことがなかったけれど、結婚願望ってあるの?男の人って結婚は墓場だって言う人が多いから、アナタはどう思ってるのかなと思って」

という感じで、「そういえば」+「素朴な疑問」+「客観的意見」の3つを交えて聞くといいでしょう。

ここで、ハッキリと「結婚はしない」と彼が言ったのであれば、残念ながら結婚願望はないと思った方がいいですね。

もしくは、「いずれは考えている」といったたぐいの発言をしたのであれば、「結婚する気はあるけれど、それは今じゃない」ということです。

もし、彼がこのたぐいの発言をした場合、「そっかー」で終わらせるのではなく、さらに次のような感じで言ってみてください。

「前にさー、私は28歳までには子供が産みたいって言ったと思うけど、よくよく考えてみたら、結婚っていう制度にとらわれすぎてたなあと思って。
もちろん、いずれはしたいなと思うけれど、お互いがその気じゃないと結婚しても上手くいかないし、それに、お互いが結婚相手としてふさわしいかどうか見極める時間ってアナタの言うとおりやっぱり必要だよね。
だから前にアナタが言ったとおり、2年経って私の気持ちが変わってなければ、またそのときに言うね(笑)」

という感じで言ってみてください。

さらにこのタイプの男性は、結婚後も今のままの生活が続けられるんだと分かれば、結婚に対して前向きになる傾向もあるので、「アナタは束縛されたら魅力を失う人だと思うから、結婚してなにかを変えようとは思ってないけどね」といった感じの言葉を交えてもいいですね。

そのあとは、彼が結婚してもいいかなと思えるにふさわしい接し方を積み重ねることです。

つゆぽんさんは「そんなに待って結婚できなかったらどうしよう」と思われるかもしれませんが、どんな人が相手でもいいなら結婚なんてすぐにできるんですよ。

別に彼じゃなくて誰でもいいのであれば、それはそれでかまわないですが、前述したように、相手のことをよく見極めずに始めた結婚生活は上手くいかないことがほとんどです。

世間でもよく「結婚してくれない男性にはすぐ見切りをつけて次にいきましょう」なんて言われていますが、考えてみるとこの風潮は、「結婚できるんだったら相手は誰でもいいんでしょ?」というニュアンスも感じられてひどく無責任だなと思います。

ちゃんと相手のことを好きになって結婚をされたいということであれば、その人と付き合って、結婚という流れになるまで、平均で3年はかかると言われています。

しかも、人によるものの、好きな人なんてそんなに簡単にできないですし、好きな人探しの時間も付け加えるとさらに時間がかかると思った方がいいでしょう。

最後に…このタイプの彼は束縛厳禁!!

それでは、結婚に向けて彼と円満な関係を築いていくための注意点を最後にお話しさせていただきます。

前述したように、彼は束縛されることを非常に嫌う人種なので、束縛は厳禁だと思った方がいいです。

つゆぽんさんもそれを強く感じられているようにお見受けしますので、彼を縛らないのではないでしょうか。

なぜ、彼が束縛を嫌うのか、その理由をお話しさせていただきますね。

週末をイベントのサークル活動にあてていることや、今が楽しければいいがモットーという背景がそれを物語っているのですが、どういうことかと言うと、彼の優先順位は「友達との時間」が一番でして、恋愛はその次なんですよ。

歴代彼女の「彼女として一緒にいる意義を見出せなくなった」という背景を考えると、彼は誰が相手でも自分のスタンスを変えないと思っておいた方がいいですし、それはつゆぽんさんが相手でも同様だと言えるでしょう。

なので、この優先順位をくつがえそうとする女性だと彼は上手くやっていけませんし、その前に嫌気がさすと思います。

それから、今が楽しければいいという人は逆に言うと、「楽しくないことはしたくない」んです。

要は、好きなことをして自由に生きていたいという人なので、現在までそのスタンスを崩さずに生きてきたのでしょうし、そういう生き方をしてきた人は日常でストレスを感じることがあまりないので、それが彼のおおらかな性格の源になっていると言ってもいいでしょう。

このように、非常に自由で楽しいことが好きな人ですから、これからも束縛しないというスタンスでいてください。

それから、面白いことが大好きな彼ですので、彼の面白いと感じることを、つゆぽんさんも心から楽しんで一緒に共有することができれば、今よりも優先順位が上がりますね。

彼の元カノたちが、自分が彼女である意義を感じられなかった原因の一つに、面白いことの共有ができていなかったことがあるように思いますので、つゆぽんさんがその役割を担うことができれば、「この子は今までの女性と違う」と彼も感じるのではないでしょうか。

本コラム内にてお悩み相談、随時募集中!
相談内容や相談へのお返事はコラムに掲載させていただきます。
送り先は僕のメールアドレス(hamsanmm@gmail.com)かメールフォーム(http://damasarenaiwa.com/contact/)まで。
応募の際はより具体的な状況を知るため下記の6つを必ず入れてくださいね。

 
  • ・「アイスムコラム内での相談」と必ず記載をお願いいたします。
  • ・ニックネーム
  • ・簡単な自己紹介(年齢・性別・職業など)
  • ・相手とのこれまでの経緯
  • ・相手の性格や恋愛遍歴
  • ・これからどうしていきたいか
 

いただいた相談内容はこちらのコーナー以外での使用はいたしませんのでご安心ください。

皆さまのご応募、お待ちしております。僕はあなたの力になれます。

投稿者名

藤本シゲユキ

42歳。悲恋改善アドバイザー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」「これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ 友達をつくるように、彼氏ができる本」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ