pagetop

 > あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case10 彼女持ちの彼との関係

あなたの恋、見直します。藤本シゲユキの恋愛ラボ Case10 彼女持ちの彼との関係

2018/06/19 UPDATE

恋愛指南ブログ月間100万PV、恋に迷える女子から絶大な支持を得る“悲恋改善カウンセラー”藤本シゲユキさんが、あなたのお悩みに真摯にお答えする恋愛ラボ。
第10回はペンネーム「あー」さんからのご相談です。

皆さん、こんにちは。悲恋改善アドバイザーの藤本シゲユキです。
この度は恋愛ラボに多数のご相談をいただき、誠にありがとうございます。
今回は「彼女持ちの彼との関係」この方のお悩みにお答えします。

■相談者:あー(25歳/女性/事務職)

■相談内容:
今回相談したいのは、昨年10月頃に職場で出会った1歳年上の男性との関係についてです。

彼は、現在付き合って2年半になる彼女と同棲中です。
でも、彼女が結婚を迫ってきて上手くいっていないらしく、彼から「彼女と付き合う前に出会いたかった」と言われたり、見た目がタイプという話をされたりしました。

彼女がいる人なので全く興味が持てずスルーしていましたが、2ヶ月ほど前に2人で飲みに行くことになり、最終的に酔っ払って途中で寝てしまって、その隙にキスされてしまったんです。その後、お酒の勢いから本当に軽い気持ちで、体の関係を持ってしまいました。
それでも、好きにならないだろうなーと思っていたのですが、毎日会社で会ったり、ホテルで男の人が賢者モードになる時にも毎回ベタベタされ、「ずっと一緒にいたい」「ほかの人にはこんな風に思ったことない」などと言われたりして、「彼のことを好きかもしれない」という思いが浮かぶようになりました。
ただ、彼女と同棲しているという事実は変わらないし、同棲解消宣言や別れる宣言をしたという話を聞くのに、しばらくすると「引越しとかめんどくさいし、まだいようかな」「彼女が嫌ってくれればいいのに」と言われ、彼女から別れを切り出さない限り現状は変わらなさそうです。
でも、会う時は必ず手を繋がれたり、彼自身のことや複雑な家庭環境のことをたくさん話してくれたり、泊まった時に眠くて彼を拒んだとき「眠いだけならしょうがないけど、本当にそれだけ?何か他に理由があるの?」と不安そうに聞いてきたりと、ただの体目当ての人とは違うような気がして困惑してしまいます。
彼のことを「好きかも」と思うのに、付き合えなかった時のことを思うとブレーキを踏んでしまい、藤本さんが提唱している『突き放し』をする覚悟がありません。
藤本さんから厳しいご意見をいただけたら嬉しいです。

◆相手について
  • ・彼はモテる方だと思うけど、今まで自分から好きになった人とはことごとく付き合えなかったらしい。
  • ・「(私が)何を考えてるかわからないから気になるのかも」と言っている。
  • ・一人っ子で家庭環境もよくないためか、寂しがり屋で甘えん坊。

優柔不断な男性をなめてはいけません

あーさんはじめまして。

Case7「好きになった人に彼女がいたら」でもお話しさせていただいたのですが、彼女持ちの男性を攻略する場合、敵になるのは彼女ではなく、相手の男性の『優柔不断さ』なんです。

お2人の関係性自体は良好のように見えますが、彼の「引越しとかめんどくさいし、まだいようかな」「彼女が嫌ってくれればいいのに」という発言を考えると、まさしく優柔不断な男性に当てはまりまして、今のまま関係を進めていっても、状況はなにも変わらないと思った方がいいでしょう。

完全に“自分が悪者になりたくない人”特有の考え方で、彼女にもあーさんにも恨まれたくないから、別れる決断を彼女にゆだねているわけです。

では、「いつまで経っても同棲を解消しないことを、あーさんが不安に思っていないだろうか」と、彼が考えていないのかと言うと…はい、残念ながら考えていません。

彼の「(私が)何を考えてるかわからないから気になるのかも」という発言が、あーさんの不安や懸念を彼が分かっていないことを意味します。

彼からすると、あーさんに対して「彼女とは上手くいってないし、こんなにあーさんに好意を示しているんだから大丈夫だろう」という大義名分があるんです。あーさんが懸念している“彼女と同棲しているという事実”から目を背けて逃げているんですよね。

たとえが悪くて申し訳ありませんが、不倫をする男性の「妻とは上手くいってない」「離婚しようと思っている」と口では言うけれど、なにも行動にうつさない…という状況と、ほぼ同じだと思っていいでしょう。

ご存知のとおりその結末のほとんどは、結局男性が離婚しないまま、不倫相手とズルズルと関係が続くだけです。

こういうことを言うと、彼があーさんに、人にあまり言えないような話をしてくれたり、好意的な接し方をしてくれたりすることに対して、「でも、私だけは違うかも」とか「彼の場合は違うかも」と期待したくなるかもしれませんが、優柔不断な男性をなめてはいけません。

彼らは、自分が悪者になりたくないあまり、自分が選択したい道を選ばずに、自分の保身を考えた安全な道を選ぶ人種ということを忘れないでください。

「自分から好きになった人とはことごとく付き合えなかった」という彼の過去も、彼の優柔不断さが招いた結果ではないでしょうか。

ようするに、優柔不断な人って例外なく、自分の直感に従ってその通りに行動できないという一面があるので、その結果、小さなチャンスを逃し続けてしまい、自分が望む未来を手に入れられないんですよね。

彼が求めていること、目を背けていること

次に、あーさんがもう一つ懸念されている、『彼がちゃんと自分に恋愛感情を抱いているのか』という点についてお話しさせていただきます。

状況をお見受けするかぎり、かぎりなく恋愛感情に近い好意ではあると思いますが、自分で承認できずに満たされない部分を、あーさんで穴埋めしているのではないかというのが僕の見解です。

詳細はわかりかねますが、彼の家庭環境が複雑だったということを考えると、おそらく、彼はお母さんからの愛情をちゃんと受けていなかったり、自分の感情を両親に受け止めてもらえなかったりしたのではないでしょうか。

そういった背景で育った男性は、大人になってから、自分の母親がしてくれなかったことを無意識に異性に望むようになり、自分のことを無条件で愛してくれる女性を探します。

彼が幼少期に愛情をちゃんと受けていないことが、「寂しがり屋で甘えん坊」という性質を作っているのでは?と思いました。

ちなみに、自分の感情を親に受け止めてもらえないというのは、たとえばこういうことです。

子供が泣いたり怒ったりするのって理屈じゃないですよね。
ただ、悲しいから泣くし、ただ、腹が立つから怒るわけです。
それを親が「そんなこと言ったってしょうがないでしょ」といった感じで諭してしまうと、子供は感情を受け止めてもらえないと感じ、子供でいられなくなるのです。
いずれ「うちの親に感情をぶつけても無駄なんだ」と無意識に学習するようになります。

そういった子供が大人になると、「自分の親がしてくれなかったことを他人がしてくれるわけがない」と思って自分のことを話さなくなるか、頭では分かっているけれど我慢できなくなって感情的になり、自分の気持ちを他人にぶつけるかのどちらかになるんですよね。

彼は前者に該当するのですが、「眠いだけならしょうがないけど、本当にそれだけ?何か他に理由があるの?」という台詞を考えると、それだけ彼が親御さんの顔色を伺って生きてきた背景があるのだろうなと思いました。

とはいえ、彼はあーさんに対し、現時点ではかなり心を開いているとは思います。
しかし、残念ながらそれは、あーさんの表面的な部分しか見ずに気を許しているだけであるということ、そして、「(私が)何を考えてるかわからないから気になるのかも」という台詞にあるように、分からないからこそ、彼が望む理想の女性であってほしいとあーさんに期待しているということではないでしょうか。

なぜ、表面的な部分しか見ていないかが分かるかと言うと、ご相談内容から見て取れるように、彼は自分ともあーさんとも向き合っていないからなんですよ。

自分とも相手ともしっかり向き合っていたら、自分にとって都合の悪いことから逃げないですし、相手が感じている不安もちゃんと受け止めるはずですよね。

彼は、“彼女と同棲しているという事実”だけでなく、あーさんが感じる不安からも逃げていることになりますね。

だから彼は、あーさんがなにを考えているか分からないんです。
そして、もちろん彼女からも逃げています。

以上のことを踏まえて考えると、彼はあーさんに対して「お母さんがしてくれなかったことを再現してくれる女性であってほしい」と望んでいることになるのですが、ここで彼の期待から外れた言動をあーさんがしてしまうと、それが積み重なることによって違和感がどんどん蓄積されていき、いずれは「この子も結局俺のことを受け止めてくれなかった」となる可能性が高いです。

そのとき、もし彼が彼女と別れていてあーさんと付き合っていたとしても、彼が自分と向き合わないかぎり、また同じことを繰り返すのではないでしょうか。

彼との関係を発展させるには「突き放し」をすること

それでは、彼との関係を交際へ発展させるためになにをしないといけないかと言うと、あーさんが覚悟しきれずにいる『突き放し』です。

同じことを繰り返して違う結果につながることはないので、前述したように、このまま彼の側にいても彼女が別れを告げないかぎりは、今のままの関係が続くと思っていいでしょう。

ただ、厳しいようですが、僕が提唱する突き放しとは、「場合によってはこのまま二度と会わないかもしれない」という女性側の覚悟を相手に突きつける行為になるので、職場が同じ場合、突き放しの効果は薄れると思ってください。

さらに、職場にかぎらず同じコミュニティで相手と顔を合わせているかぎり、突き放しを実践しても相手には「でも、押したらもう一度元の関係に戻れるだろう」という期待と甘えがあることが多く、突き放した男性からもう一度言い寄ってこられると、寂しさに負けて元のサヤに戻ってしまう女性が多いです。

そして、彼の今までの言動を考えると、ほぼ間違いなく期待して甘えて言い寄ってくると思っていいでしょう。

その上でどうやって突き放しをするかというと、以下のように言ってみてください。


「私のことが好きだって言いながら、結局は彼女と別れてないし、私は都合のいい女だよね。
ごめん、もうこのままの関係に疲れちゃった。
決断力がない人と一緒にいて苦労するのは自分だし、同じ女として、今アナタが彼女にしてることって酷いと思う。
彼女ともこのまま結婚しないなら、別れを長引かせれば長引かせるほど、相手の時間を奪ってること、分かってる?
アナタは自分が悪者になりたくないから、都合悪いことから逃げてるだけじゃん。
会社で会ったら業務内のことはふつうに話すけど、それ以外のことは話さないし、もう外でも会わない。
私への気持ちが本心なら、彼女と別れて同棲を解消するまで、もう連絡してこないで。」


という感じです。

すごく勇気がいることは重々承知の上ですが、何度もお話ししているように、このまま関係を続けていても、彼が彼女から別れを告げられないかぎり、違う結果になることはありません。

このように突き放しをして、彼が決断できずに彼女と別れて同棲を解消しないのであれば、将来も別れることはないと思ってください。

それから、突き放しの時期ですが、今すぐ突き放しましょう。

後で突き放した方がすこしでも結果が良くなる、ということはないでしょうし、むしろなにも変わらないです。

突き放した後、彼がどれだけあーさんの心が動くようなことを言ってきたとしても、行動にうつしていないのであれば、しっかりと拒絶すること。

どうか強い気持ちを持って、流されないようにしてください。

最後に。

あーさんの彼に対する気持ちが“執着”である可能性が高いなと感じましたので、そのことについてお話しさせていただきます。

 

まず、恋愛感情というのは、自分にないものを持っている人に対して「理屈ぬきで」起こるものです。

 

逆に執着とは、「女である自分を承認された気持ちよさ」が忘れられないことから起こるものです。

 

そう考えると、

 
  • ◆それでも好きにならないだろうなーと思っていた
  • ◆賢者モードになる時にも毎回ベタベタされ、「ずっと一緒にいたい」「ほかの人にはこんな風に思ったことない」などと言われたりして、「彼のことを好きかもしれない」という思いが浮かんだ
 

以上の背景があることからも、彼への気持ちは恋愛感情ではなく、ただの執着ではないでしょうか。

 

今一度、ご自身の気持ちをよく考えてみることをおすすめします。

 

 

投稿者名

藤本シゲユキ

42歳。悲恋改善アドバイザー。
ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。
関西弁を交えた独特の語り口で繰り広げられる恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」はPV数月間100万回を記録し、悲恋改善カウンセリング(有料)は現在1ヶ月待ちの人気を誇る。
心理学、仏教、量子力学など様々な視点からのアドバイスで、恋愛だけにとらわれない「女性の人生単位での幸せ」を日夜追求している。
著書「本命になる技術」、WEB漫画「恋べたアニマル3匹娘」公開中。

だまされない女のつくり方:http://damasarenaiwa.com/
恋べたアニマル3匹娘:http://koiani.com/
Twitter:https://twitter.com/hamshigesan

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ