pagetop

 > 女子大生・超絶シャイガールが「彼氏と浮かれて旅行をしたら…」

女子大生・超絶シャイガールが「彼氏と浮かれて旅行をしたら…」

2018/09/10 UPDATE

「彼のことが好きすぎてバグを起こしそう…」愛してやまない彼氏との赤裸々な日常や、女子の本音を発信したSNSが同世代からの共感を呼ぶ、現役女子大生・肉まんさんの連載スタート!
彼氏への毒舌は「好き」の裏返し。素直になれない肉まんさんが、“愛憎”の振り幅を駆け巡る!

はじめまして、肉まんです。

残暑がやばい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
エアコンのない貧乏部屋に住まう私は、死にそうになりながら扇風機にしがみつく毎日です。

大学3年生らしく、インターンシップや自己分析に忙しい日々…と言いたいところですが、インターンシップには1回も行っていないし、自己分析もまったくしていません。

(やばいかな…?やばいかな…?)と不安に思いながらも、(まあ…今月中にやればいいか…)と、ぐうたらする日々を過ごし、夏休みも残すところあとわずかです。

そんなゴミのような日々を送っている女子大生にも、友人の紹介で付き合って半年になる彼氏がいるのでした。

あだ名はゴリたん。
付き合い始めた頃、恥ずかしくて下の名前で呼べなかったので、マッチョな体から適当に命名したのですが、普通に考えてゴリたんと呼ぶ方が恥ずかしい。
しかし、もう慣れてしまい手遅れなので「ゴリたん」と呼び続けています。

ゴリたんは記念日にもらった手紙を実家のリビングのテーブルに置きっぱなしにしたり、ベッドで仲良くした後に「ちょっと…黒かったよ」とわざわざ信じられない指摘をしたりするような、デリカシーのかけらすら見られない男である。

趣味は筋トレと、恋愛ドラマを見ることなのですが、これがまた大変気持ち悪い。

鏡を見てうっとりしている現場を目撃すること多数。
また、恋愛ドラマでは女優より俳優にときめいており、ほんとはゲイなのではないかと何度も問い詰めたが違うと言いはっているので、信じることにしている。

ゴリたんの最大の特徴は、おそらく月9で覚えたであろう甘いセリフを連発してくるところだ。
代表例は「絶対に離さない」である。

付き合った当初に「肉まんちゃんの行きたいところ全部行こうね!」と言われたのを覚えている。
しかし、後日「疲れる」という理由で、付き合ったら絶対に行きたかった某有名・夢のテーマパークは拒否された。
同理由により「車の運転は100キロ以内でお願いします」とも言われた。
筋トレ大好きな男の口から「疲れるから嫌だ」という発言が出てくる意味が全くわからない。筋トレの方が疲れそうな気もしますが…。

このように大変キモい上、複数の契約違反があるため、クーリングオフしてやろうか?と思う瞬間もあるのですが、休みの日は同居している祖母をご飯に連れて行ったり、家事を手伝ったりする優しい男なので、私はとても好きなのです。

彼氏と1泊2日の日光旅行へ

ゴリたんは社会人で忙しい身ながら、いちおう毎月どこかしらに連れて行ってくれる。

8月には日光へ行った。

この日光の旅行プラン、仕事で忙しいゴリたんのかわりに全て私が立てた。

『夏の青空が広がった日光の自然を背景に、おしゃれで仲睦まじい写真をたくさん撮り、昼はジンギスカン、夜はホテルのディナー、その後温泉に入り、翌日はかき氷を食べて帰る』という大まかな予定をたて、ホテルから各観光地への距離、入場料、営業時間など全て調べ上げ、調子に乗った私はパワーポイントを使ってカラー刷りのしおりまで作った。

これらを旅行1週間前に終え、ゴリたんにしおりを渡し、あとは当日を待つのみとなった。

なぜ私がここまでしたかというと、前回ゴリたんと箱根に行った際、下調べせずに適当に決めたおかげでかなり痛い目にあったからである。
ホテルは素泊まりでとったのだが、近くにレストランはおろかコンビニすら無く、かなりひもじい思いをした。
そのあげく、ほぼ全ての商店が定休日。おまけに雨だったのだ。

それに比べ、今回は完璧と言えよう。
気になる点といえば、しおりの感想を一切言われていないことぐらいである。

しかし、人生とはことごとく人を裏切るもので、私がどんなに完璧と思っていたプランにも落とし穴は多数存在した。

まず、車の運転に疲れた初日のゴリたんは日光に着くなり「休憩していいですか…?」と言ってコンビニに車を止め、仮眠しだした。
運転してもらっている手前「寝るな」とは言えず、1時間ほどコンビニを眺めるハメになった。
言うまでもないが、私が立てた日光旅行のプランに『昼寝』という項目はない。

その後のホテルでも夕食が始まるまでスマホでアニメを見ていたし、夕食で出てきたサラダには文句をつけていた。


ここはお前の家か?


もしもゴリたんと結婚した場合、食卓から野菜を消さねばならない。しかし、そうすると健康面に害を及ぼすため、文句を言われながらも野菜を食わせるしかないのだ。
彼氏との楽しい旅行で女子が思い描くはずの、2人の明るい未来…にはほど遠く、理想と現実のギャップにため息が出る。
将来、女の子を産んだ際には「好き嫌いが多い男はやめておけ」と忠告しよう。

初日はこんな感じで終了した。
2人の未来に暗雲が兆した日であった。

2日目はチラッと観光し、かき氷を食べて帰った。
帰り道では事故渋滞が発生しており、イラついたゴリたんの口から「なに事故ってんだよ〜人様に迷惑だろ〜」という言葉が飛び出したので「人が死んでるかもしれないんだからそんなこと言っちゃダメ!」と注意しておいた。

運転を一切せず、隣でボーッとしている女に、このような偉そうなことを言われてもキレずに「すみません!」と言えるところが、ゴリたんのいいところと言えよう。

そして、夕方にはゴリたんの家に着いた。
帰宅した瞬間「家はいいなぁ〜!」と叫びソファに寝っ転がるゴリたん。

もうほんと、男と女は別の生き物だということを悲しい程思い知らされた旅行だったと思う。

彼氏との旅行でわかったこと

旅行を存分に楽しみたいなら、やっぱり旅の相方は男ではなく女がいい。

女友達と遊びに行って昼寝が開始されたことはないし、ご飯や観光地に対するリアクションも女同士の方が大きく、楽しい。

私の経験上、男は肉と美人以外には大した反応を示さないのだ。

しおりだってもう作るものか。感想はいまだに言われていない。リビングのテーブルに、あげた時と同じ状態のままのしおりを発見した時の気持ちといったら虚無である。

はりきってしおりなど作ってしまった己が非常に恥ずかしい。

彼氏との旅行を楽しみたくて、一生懸命作ったしおりなのだ。見てほしかったし喜んでほしかった。女友達だったらきっと見てくれたし、活用してくれていたと思う。


“ソファで寝っ転がってるゴリたんへ
運転お疲れ様、一生そこで寝ていてね
神さま、彼の来世はナマケモノにでもしてやって下さい”


まあ、どれだけ文句を言ったところで旅行はもう終わったのだ。これからの私を待っているのは就活準備時期という忌々しい期間である。

現実に引き戻された今、睡眠過多男との旅行も天国だったと思う。
しおりにはなかったはずの出来事も多発したが、好きな人と味わう非日常は何にも代え難いひとときだった。

好きな人と行く旅行は、なんだかんだ楽しいのだ。
旅先の素敵なところだけではなく、一緒に行った人の素敵なところも発見できる。
もちろん、素敵なところだけではなく、呆れ果てるようなところや、ぶん殴りてぇと思う箇所を発見したりもする。
今回の旅行では、うたた寝をするゴリたん、仮眠をとるゴリたん、昼寝をするゴリたん、熟睡をするゴリたんなど、さまざまなゴリたんを見ることができた。

…やはり、文句と嫌味が止まらない。

でも、それは私が彼のことを大好きだからこそ。
デリカシーはないが優しいゴリたんと、恋に不器用な私。家にいても日光にいても、どこにいても、私たちは恋人同士、それが変わることはない。
それだけでも幸せなことと言えるだろう。

女友達と行く旅行も恋しいが、女同士キャーキャー騒ぎながら、ふとゴリたんを恋しく思ってしまうことを私は知っている。

すぐ疲れてすぐ寝るゴリたんが、私は大好きなのだ。

投稿者名

肉まん

BMI25のFラン女子大生。彼氏への愛憎と食欲が止まらないので毎日しんどい。好きな言葉は「当駅始発」

Twitter:https://twitter.com/mou_yadayada

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ