pagetop

 > 5歳さん嫁非公認コラム Episode:29「夫婦関係は進化する。嫁と僕の8年間」

5歳さん嫁非公認コラム Episode:29「夫婦関係は進化する。嫁と僕の8年間」

2018/09/18 UPDATE

ちょっと奇抜な奥さまと元気な息子さん達とのユーモラスなエピソードが大人気!ツイッター界随一の恐(愛)妻家 5歳(嫁公認アカウント)さんのコラム!

運命の人と結婚しても、多くの人が感じる「相手との価値観の違い」。
結婚8年目を迎えた5歳さんが、ご夫婦の実体験をもとに、変わりゆく夫婦関係の面白さを説きます。
「もう、離婚してやる!!」と口走る前に、ぜひご一読を。

第1章 結婚8年目の嫁と僕の関係

最近嫁と仲が良い。
ちょっと僕も驚いているくらいに、夫婦仲が良い。

今までSNSで僕ら夫婦のやり取りをずっと発信してきましたが、そこはもちろん夫婦の仲の良い、人様にお見せしても恥ずかしくない部分を、温かくて笑える生活の一部を切り抜いて呟いたりしていました。

しかし、僕らだって元々は赤の他人。四六時中一緒に過ごしていれば、意見の食い違いで喧嘩をする事だってありました。というか、結構な頻度で夫婦喧嘩をしていたのです。

嫁は客観的にみてもかなりワガママな性格だと思うし、結構無茶な事も言ってきます。
普段、僕に余裕がある時はそれを軽く受け流したりできるのですが、僕も人間なので、仕事で忙しかったりちょっと精神的に余裕がなくなってきたりすると「いい加減にしろよ!」と怒ったりします。
そうすると嫁が「いつもは聞いてくれるのに!」と激怒し、夫婦喧嘩開始のゴングが鳴り響いていました。

嫁から言わせれば、僕にも機嫌が悪い時はあるから、お互い様ということなのです。「いやいや、君とは比じゃないから!」と僕が反論しだすと、そこからはお互いに譲らない、平行線の言い争いに発展していました。結局は毎回僕が折れるのですが、こんな話はよそ様に聞かせてもなんの役にも立たない、まさに、夫婦喧嘩は犬も食わないのです。
だから僕は、こんな事はツイッターでも言わないようにしていました。

そんな感じで結婚してから8年間、僕らは犬も食わない夫婦喧嘩をし続けてきたわけですが、今年に入ってからほとんど夫婦喧嘩をしなくなったのです。それだけでも僕にとっては驚きなのですが、夫婦喧嘩をしないばかりか、ちょっとラブラブな感じさえもあるのです。

第2章 訪れた2度目の新婚生活

僕が仕事に行く時など「いってきま〜す」と家を出ようとすると、嫁に呼び止められて「忘れ物だよ♡」とキスをされたりします。そして、帰宅して玄関を開けると、嫁がダッシュで駆け寄ってきて「さみしかったよぉ〜」と飛びついてきたりするのです。もちろん、こんな感じのやり取りを新婚の頃は毎日のようにしていました。

しかし、しかしです。もう一度確認しておきたいのですが、僕らは結婚8年目です!とっくに新婚時代は終わっています。

8年目にして訪れた2度目の新婚生活。

そんな甘い時間をここ半年過ごしているのだけど、何故今更こんな状態に戻ってしまったのか、僕なりに考えてみました。

第3章 夫婦喧嘩は“ぶつかり稽古”

結婚したての頃を思い返してみると、ほんとお互いにひと時も離れたくないと思っていて、僕らは毎日ずっと一緒にいました。僕らにも一般的なカップルと同じように、そんな時期がかつてはあったのです。そのラブラブ期間の長さは人それぞれだと思いますが、長い時間ずっと一緒にいるとどうしたって相手の嫌な所も見えてきます。「片時も離れたくない!」と思っていたはずなのに、距離が近いと色々見えてきちゃうんですよね。そうなると、大体喧嘩が始まります。お互いに我慢できなくなるまでの期間は3年くらいなんじゃないかなと思います。僕らがそうでした。それからは結構な頻度で喧嘩しましたよ。

でも、今思えば、この喧嘩の期間ってお互いの譲れる所と譲れない所の確認作業なんですよね。

僕にとってどうでもいい事でも嫁からしたら大切な事だったり、その逆もあったり。
一つひとつを、お互いにぶつかり合って確認するんですよね。まさに、夫婦のぶつかり稽古ですよ。たまには怪我だってします。
夫婦ってやっぱり他人で、育ってきた環境が違うから好き嫌いはしょうがないんですよね。その好き嫌いをお互いに把握する期間なんだと思います。
新婚ラブラブ期を3年過ごして、そのあとぶつかり稽古を5年やって、合計8年。
やっと、お互いの好き嫌いとか、タイミングとか、歩幅がわかったんですよね。

僕は基本的に嫁を喜ばす事を考えて生活しているけど、1週間前に喜んでいた事が今週も通用すると思ったら大間違いです。嫁の表情や言動をよく観察していれば、何らかのサインとかヒントが出ていて、それに応じて今はこれだな/これじゃないなと判断するのです。8年過ごしてようやくわかってきました。

例えば、嫁が冷蔵庫にスンドゥブの素を買っていたら生理の前触れだから警戒が必要ですし、火曜日にお菓子とコーラを買ってきたら一緒にテラスハウスを観たい合図だし、日曜日の朝に嫁が早起きしたら近くのパンケーキ屋さんに朝ごはんを食べに行きたいサインだし、リビングのソファーでうつ伏せになってお尻をフリフリしている時はマッサージをしてもらいたい時だし、帰ってきて上目遣いで僕の事を見つめてくる時は美容院に行った時だし、、、その他にも、気をつけていないと見逃してしまいそうな小さなサインを嫁は日々出しています。
8年かけて、僕はそのサインを自然とキャッチ出来るようになったのです。

逆に、嫁も僕の事をよく理解してくれる様になりました。
好きそうな映画が公開されると「観てきていいよ!」と言ってくれたり、録画し忘れた番組をしっかりチェックしてくれていたり、僕が特に疲れている日にはワガママを言わないし、お風呂に入浴剤を入れてくれたりしている。僕は「ありがとう!わかってるじゃん!」と、そのタイミングの良さに嬉しくなったりしています。


結婚当初は「離婚してやる!」「おう!望むところだよ!」と売り言葉に買い言葉のような言い争いも数多くしてきた僕ら夫婦も、ここに来てようやく呼吸が合ってきた。
長い年月をかけて変化しながら進化していく【夫婦】という関係を、僕はとても面白く思います。
とりあえず、今の僕らはラブラブである。
しかし、ぶつかり稽古の第2ステージが始まる日がいずれ来るかもしれない。
激しくツッパリしたり、時には手を繋いだりしながら、僕らはどんな所に辿り着くのでしょうか。楽しみでもあります。
Life Goes Onですね。ではでは。

投稿者名

5歳

34歳。嫁と息子2人。
嫁は可愛くて、恐ろしい。
息子達は可愛いくて、可愛い。
そんな4人家族の半径15mの生活。
嫁が快適に生活出来る事を一番に考えながら今日も僕は働いて、そして書く。
普段僕の話を聞いてくれる人はいないので皆さんが聞いて下さい。よろしくお願いします。
Twitter:https://twitter.com/meer_kato Instagram:https://www.instagram.com/gosai531/ Comic:https://comic.pixiv.net/works/3313

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ