pagetop

 > はるたむ流・人生はこうでなくちゃ!『男ウケより女ウケより自分ウケ』の心意気

はるたむ流・人生はこうでなくちゃ!『男ウケより女ウケより自分ウケ』の心意気

2018/12/12 UPDATE

ギャルのカリスマ・はるたむさんの人生観をありのままに配信するこちらのコーナー!
今回は、はるたむさんの座右の銘でもある『男ウケより女ウケより自分ウケ』な生き方について。
周りの目を気にせず自分らしさを貫くはるたむさんの言葉から、人生を楽しむエネルギーが溢れます。

はるたむの考える“生き方”

こんにちは!はるたむです。

今回は、私の生き方についてお話ししたいと思います。

日常生活の中で"普通"っていう言葉をよく聞きませんか?
日本人は特に"普通"に対する固定観念が強いのかなって思うんです。
学生時代から校則があり、同じ制服を着せられて、"普通"でいることがいいことだって洗脳されてるように感じるんですよね。
海外だと制服もないし、校則もないところもあって、みんな自分の考えを自分の言葉で生き生きと主張してる…あの自由な感じにすごく憧れます。

基本的に、私は"前ならえ"したくない派なので、「みんなと同じ」とか「みんながやってるから」っていうのには全然魅力を感じないのです。

たとえば、セールには魅力を感じない!!
セールになると洋服の値段が下がる→誰でも手を出しやすくなる→みんな同じような格好になっちゃうから。
一般的には、セールって聞くと喜ぶ方が多いと思うんですけど、私は一気に冷めちゃいます。
その分、“限定”って言葉には弱いですけどね(笑)。

買い物するときのポイントは“これを着ている自分がときめくかどうか”。
ここを基準に考えます。
どんなに可愛くてもときめかなかったら買わないし、安いからって理由だけでは買わない。
安いから買ってみようって買ったものより、本気でときめいて買ったもののほうが結局いっぱい使うことになるから、コスパも気分もいい!

“自分がときめくかどうか”
これ、すごく大事な基準だと思うんです。

周りの意見はもちろん大事、だけど

私は見た目が派手ですし、生き方も"普通"ではないせいか、色々な方から相談を受けるんですが、

『〇〇がしたいけど、周りの目が気になります』

って悩んでいる人がけっこう多いんです。

迷っている時や、自分だけじゃ決められない時に、周りの人の意見を聞くことは大事ですよね。
人に言われて初めて気づくことだってたくさんあるし。
でも、周りの意見ばかりを聞いていたら、自分のためじゃなくてその人のための人生になってしまう気がするんです。

大事なのは、やりたいことをやっている自分と、周りの目を気にしてできない自分、“どちらの自分がときめいているか”ですよ!

自分が本当にやりたいと思うことなら、周りの目なんて気にする必要なし!
やったことの後悔より、やらなかったことの後悔の方が強く残ると思うから。

限られた時間の中でどれだけ笑えるか!

やりたいことがあるって、とっても幸せなこと。
やりたいことが見つからない、夢がないって人も多いみたいですよね。
なりたい自分に近づくためには、焦らないで、小さなことから一つずつ始めたらいいんです。
小さな目標でも、一つクリアすると自然ともっとがんばりたくなったり、視野が広がったりするから。

"これでいいや"じゃなくて、
"これだけがんばったから悔いはない"にすること!
その方がきっと、得ることも多いはず。
時間だけは唯一みんなに平等なものです。その限られた時間の中でどれだけ笑えるか、どれだけ楽しい人生を歩めるか。
人と違うことをする時って、勇気がいるものです。たしかに、出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれないから(笑)。

『男ウケより女ウケより自分ウケ』

これ、昔から言ってる私の座右の銘です。

周りにいくら褒められても、自分のことが自分で好きじゃないなら…そんなの意味ない。
一度きりの自分の人生、自分のために生きましょう!

投稿者名

はるたむ

元黒ギャルユニットリーダーを務め、さまざまなメディアに出演しているギャルモデル!最近ではYouTubeやDJもやっている。
派手な見た目とは裏腹な"男ウケより女ウケより自分ウケ"を貫くための人生論を繰り広げる。

Twitter:https://twitter.com/harutamusama

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ