pagetop

 > はるの珍人図鑑 その12 「すぐスポクラ辞めちゃう人」

はるの珍人図鑑 その12「すぐスポクラ辞めちゃう人」

2019/02/20 UPDATE

独特の人間観察力とユーモアあふれるツイートで大人気の「は * る」さん。そんなはるさんがこれまでに関わり合った珍しい人たちについて語るコラム「珍人図鑑」、第十二回目をお届けします。
今回はすぐスポクラ辞めちゃう人。健康やダイエットのためにジムに通おうと決意し、実際お金を払ったものの、めんどくさくなって結局行かなくなっちゃった…そんな経験がある人は少なくないのではないでしょうか。今回はるさんが、同僚のすぐスポクラ辞めてしまう女子のお話を通して、どうすれば運動が長続きするのかを考えてみました。皆さんぜひ読んでみてください!

人が運動する姿は美しいのです

こんにちは!今日も寒いですね!

この前、遅刻ギリギリらしき出勤途中のOLさんが、とても走るのに向いてないタイトミニのワンピースにピンヒールを履いて、ガツガツ音をさせながら必死に駅まで疾走する姿を見ました。結局電車に間に合わなくて、改札でガクッと脱力した後に、気を取り直してスタスタ歩いていきました。たまんねえなおい。私が男子だったら恋に落ちてたと思います。

人の走る姿は美しい、ということで本題に移ります。

昨今の健康ブームのせいでしょうか。私の周りには運動好きな人が少なくありません。毎週公園を10km走ってる人、毎日プールで泳いでいる人、ちょっとの時間があればジムに行ってバーベルをあげてる人など、みんなそれぞれに身体を動かすことを楽しんでいます。

でも、運動って疲れますよね。健康のために運動しようと決意しても実際長続きしない人はなかなか長続きしません。私のバイト先の同僚にもなかなか長続きしない子がいます。今回はその子の話をしようと思います。

題してすぐスポクラ辞めちゃう人。

バイトの同僚がすぐスポクラ辞めます!

私のバイト先に、夜はスナックで働いて、昼間はこっちで仕事している女性がいます。彼女は入った当時スラっとした体型で、「なにか運動やってるの?」と聞いてみたら「ホットヨガをやってます」と言ってました。

で「ホットヨガって、普通のヨガとどう違うの?」と聞いてみたら「やっぱりたくさん汗かくし、デトックスですよ!体重も普通のヨガより落ちる気がするし!」と教えてくれました。それはダイエットに効果的だね~、っていうか全然太ってないけど、それ言ったら私なんか冷蔵庫みたいな体型だけど…と思いました。

でも、しばらく経った頃、「ヨガ続けてる?」って聞いてみたら、「あー、辞めちゃいました」とあっけらかんと言われました。「なんかスタジオ暑すぎて苦しくなっちゃって。それに月会費が高いのに、通う時間がなくて」とのこと。せっかく結果が出てるのにもったいない!だけどまぁ、夜のお仕事もしてるし、昼間っから暑いとこでヨガのポーズ取るのも大変よね…。

それからしばらくしたある日。
例の彼女が「年を取ってから食べた分だけ身体に肉がつくようになった」とぼやいていました。そこで、「30歳あたりでなんか節目があるんだよね。30歳、35歳、38歳、40歳って小刻みに階段みたいなタイミングで体質が変わるよ。体重がどんどんビクともしなくなるんだよ!」なんて、人生の先輩として嫌なアドバイスをしてみました。
そしたら、目の前の冷蔵庫体型のおばさん(私)に自分の未来を重ねて焦ったのか、「またジムに通う!」と言い出したんです。そしてすぐ新宿にあるキックボクシングジムに入会を決めました。ヨガの次はキックボクシングでエクササイズ、略してキクサイズ。ハリウッド女優の間で流行ってるみたいだし、楽しく通って痩せられるといいね!と思いました。

でも、その1ヵ月後、「キックボクシング続けてる?」って聞いてみたら、「辞めちゃいました」とのこと。「電車乗って行くのは遠い…あとノリについていけない…」だそうです。ま、まぁ、何事も合う合わないはありますよね。

最初に見た時はスレンダーな体型だった彼女。この頃には結構お腹周りがボリュームある感じになってました。

ところで私はその頃、近所のジムに通ってたんですけど、キックボクシングを辞めた直後の彼女から「はるさんが行ってるジムって駅前のあそこでしたっけ?」と聞かれました。「そうだよ~」と答えたところ、彼女、なんと今度は私と同じジムに入会。
まあ、なんとなーく予感はしてました。また続かないんじゃないかなって。それで案の定、彼女は2回ほどプールで泳いだあとすぐに通わなくなり、翌月には休会してました。

「おい!何がしたい!」

思わず突っ込んでしまいました。

がんばる趣味とがんばらない趣味

まぁ、彼女の気持ちもなんとなくわかるんです。
私も昔、手芸が趣味だった頃に、毛糸やレースを買うのが楽しくて、次々と新しい材料を揃えては使い切れずに押入れに溜め込んでいたものでした。それを経験しているからよくわかるんですが、そういうのってお金を払って何かやった気になって満足してるだけなんですよね。

人にはがんばる趣味とがんばらない趣味の二つが必要だと言われます。

がんばる趣味とは、筋トレやジョギング、また創作活動などがあげられます。自分が努力して成果を出してその成果に満足するタイプのものです。がんばらない趣味とは、食べ歩きや温泉やマッサージなど、いわば娯楽です。自分以外の誰かが頑張ってくれることで成り立つタイプのもので、弛緩する幸せとも言います。

普段リラックスタイムがふんだんに取れる人は、がんばる趣味だけでも良いかもしれません。でも彼女のように日ごろ張りつめっぱなしの生活を送ってる人は、がんばる趣味を作ってもなかなか長持ちしません。仕事でもプライベートでもがんばってたら辛いですよね。そう考えるとすぐスポクラ辞めちゃうのも納得できます。

このように誤解されることもある夜のお仕事。でも人と会話をしたり、話を合わせたりするのって、実はとても疲れることなんですよね。

彼女自身、ダイエットをがんばってるのに長続きしないループは結構しんどかったんじゃないかなと思います。それで自己嫌悪に陥って余計心に余裕がなくなる悪循環です。私が彼女の立場だったらって考えると精神的に相当キツい。

結局、彼女がどうなったかと言いますと

それからしばらくした頃。
彼女が今度は「パーソナルトレーニングジムに入会した」と教えてくれました。何それ?と思いましたが、一言でいうとラ●ザップみたいなところのようです。
正直、どうせまた辞めちゃうんじゃないの…?って思いました。でも「今回は入会金が高かったから絶対行きます」とのこと。値段も聞いてみたら結構おっきな金額でびっくり。
なんでも、トレーナーがみっちり付いて、指定した曜日と時間に行き、トレーナーが指示した通りに身体を動かすみっちみちのメニューが組まれ、食べた物も細かく報告しなければならないそうです。でも、辛い時は励ましたり褒めたりもしてくれるそう。

それを聞いて、「あっ、これは続くかもしれない」と思いました。
今までの彼女は、昼夜働きずくめ、休日はジムに通って自主的に運動、というパターンで失敗してました。でも今度はその自主的に運動する部分をトレーナーが負担してくれます。つまり“継続させる努力”をトレーナーが請け負ってくれるわけです。しかもポジティブな言葉をかけてくれる。これは今までとは違う展開になりそうです。

1ヶ月ほど経った頃、「続いてる?」と聞いてみたところ、「今までのジムに比べてちゃんと行けてる」と言ってました。今までの彼女の挫折の日々を聞いてるので、おめでとう!よかったね~!と自分のことでもないのに思わず嬉しくなってしまいました。この調子でダイエットに成功してほしいなと思います。


健康のため、ダイエットのために運動をがんばりたい!でも長続きしない!という方は結構多いんじゃないでしょうか。
どうして彼女がそれまで長続きしなかったか、そしてなぜ今はそこそこ続いてるのか…まあぶっちゃけお金で解決したって話でもあるんですけど、お話のポイントは「がんばる」と「がんばらない」のバランスにあったと思うんです。彼女はそれをお金を出して整えてもらったということ。人って、「がんばる」と「がんばらない」のバランスが保たれていれば誰でも結構がんばれるんです。運動が長続きしない人はそこを見直してみるといいかもしれません。無理なくイキイキとした生活を目指してみましょうね!

面白かったらTwitterで記事をRTしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします!

投稿者名

は * る

独自のユーモア溢れるセンスで数多くのフォロワーを抱える女性ツイッタラー。
実は神経質で几帳面なA型。「世間話をしていたつもりなのに、いきなりシリアスなカミングアウトをされがち」とのこと。
ちょっとシニカルながらも多くの人が親しみを覚える切り口で、なんとなく思っているけど言葉にできないことを呟くツイートが大人気。

Twitter:https://twitter.com/PlasterStar999

読者アンケートにご協力ください

アイスムをご覧いただきありがとうございます。
より良い記事を今後もご提供させていただくためにも、ぜひアンケートにご協力をお願いいたします。
※個人情報の記入はしないでください。

Q1.ニックネームをご入力ください。
Q2.本記事について
Q3.アイスムの記事を読んで笑顔になった事がありますか?
Q4.アイスムの記事を友達にシェアした事がありますか?
Q5.本記事のご感想や、アイスムで取り上げて欲しいテーマなどありましたらお聞かせください。

送信

この作者の他の記事を見る

すべての記事を見る

さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!
さまざまなコンテンツを読んで、試して、参加して、 幸せな気分で毎日たのしく過ごしていきましょう!

アイスムアプリアイスムは日々のなかにある
笑顔のタネを発見するアプリ