フルーツで彩る、梅雨と夏。

晴れでも雨でも食べるのだ。 #14

2021.06.10

食べものや飲みものにまつわるあたたかな記憶とその風景を、奥村まほさんの言葉で綴るエッセイ「晴れでも雨でも食べるのだ。」今回のテーマは「フルーツ」です。雨の多い季節にも、暑い夏にも、救世主となってくれるフルーツ。エッセイには奥村さんのフルーツ愛がたっぷり詰まってます。


全身が清涼感を求めている。

このエッセイを執筆している五月後半、東京はまだ梅雨に入っていないものの、天気が不安定でちょくちょく雨が降るし、晴れの日もじめじめしている。今年の五月はちょっとおかしい。

五月晴れの青空。涼しい初夏の風。きらきら萌える緑。待ちわびていた新緑の季節はいったいどこへ……。

ため息をつきたくなってしまう。

でも、そんな毎日の救世主として大活躍中の食べものがある。カラフルでジューシーなフルーツたちだ。

フルーツ × ヨーグルトではじまる一日

わたしの一日は、フルーツでヨーグルトを彩るところからはじまる。

img_hareame_014-01.jpg

まっしろなヨーグルトに絵を描くようなイメージで、冷凍のミックスベリーを散らしたり、マンゴーやぶどうを添えたりする。フルーツの色彩ひとつで、部屋全体が明るくなるようで気分が上がるし、フレッシュな酸味と冷たさ、しゃりっとした食感が眠気覚ましによく効く。

最近、フルーツ入りヨーグルトのバラエティーパックも家に常備しはじめた。頭痛やだるさを感じやすい雨の季節には、切り分けてすぐに食べられるヨーグルトの存在がものすごく心強い。眠くて体が動かなくても、とりあえずこれだけは食べておこう、という気持ちになるのだ。

img_hareame_014-02.jpg

朝食はワンパターンになりがちなので、「今日はどれにしようかな」と主体的に味を選ぶ機会があると、いい気分転換になるという発見もあった。

逆に余裕があるときは、生のフルーツを切ってヨーグルトと一緒に食べる。「なにこれめっちゃおいしい!!」と今季もっとも気に入ったのは、「清見タンゴール」というオレンジと温州みかんをかけ合わせた品種だ。たまたま通りかかった八百屋の店主のおじさんに、「種がなくて食べやすいよ」と教えてもらった。

img_hareame_014-03.jpg

食べ方はとっても簡単。ナイフでさくっと8等分して、内皮ごとがぶりといく。口に入れた瞬間にみずみずしい果汁がじゅわ〜っと溢れてたまらない。果肉は弾力がありつつもやわらかくて、手品みたいにあっというまになくなる。

柑橘類は食べるのがめんどうなイメージがあってなかなか手を出せなかったけれど、これなら毎日でも食べられそう!と感激した。

果実ゼリーやジュースで休憩する昼下がり

蒸し暑さが増す日中には、さっぱりした甘味がほしくなる。

チョコレートやクッキーなど、砂糖と脂質をたっぷり含んだお菓子が大好きなわたしは、ちょっと前まで果実ゼリーにもジュースにも全然興味がなかったのに、夏日が増えてきたとたん、磁石のごとく吸い寄せられるようになった。

涼しげなゼリーを容器からぷちんっと出して皿にのせ、透明感とぷるぷる感をじっくり味わいながら食べたり。

img_hareame_014-04.jpg

晴れ間をねらってコーヒースタンドに行き、レモネードを片手に雨の匂いを感じながら散歩してみたり。

img_hareame_014-05.jpg

ちょっと疲れてきた昼下がりに、甘酸っぱくてひんやりしたデザートやドリンクを味わえば、身も心もじわじわと生き返る。

たまには贅沢しちゃおう。癒しのごほうびデザート

出かける用事があると、つい自分に買ってあげたくなるのがごほうびのデザートだ。これもやっぱり、もはや病気なのではないかと思うほどフルーツに目が行ってしまう。

img_hareame_014-06.jpg

ここのところ見かけると自然に手が伸びるのが、ビタミンカラーのフルーツサンド。「見た目だけなんじゃないの?」とずっと穿った目で見ていたけれど、一年前にはじめて食べて、失礼ながら「意外とおいしいじゃん!」とびっくりした。

とにかく元気がほしい。特別感がほしい。クリームの甘さもほしい。でも、こってりしたものは食べられない。そんなときにぴったりなのだ。

フルーツをふんだんに使ったパフェも、ここ数年で好きになったデザートのひとつだ。なかでも、果実の味をそのまま生かした甘さ控えめのものに惹かれる。

つい先日は、「京はやしや」で期間限定の「日向夏と柚子の煎茶パフェ」を食べた。

img_hareame_014-07.jpg

いくつもの要素が組み合わさって優美なフォルムとグラデーションを織りなすパフェは、まるで芸術作品のよう。食べるのがもったいなくて、何分もかけてあらゆる角度からじっくり眺めてしまった。

シャーベットやジュレの爽やかさ、メレンゲやクリームの軽さ、煎茶の苦味と旨味、すっきりとした後味。パフェとは思えないほどサクサク食べた。平日のお昼前、人が少ない店内で静かに甘味を食べていると、マイナスイオンを浴びている気分になる。

から揚げにもハイボールにも、風呂上がりの体にも。レモンで〆る一日

柚子やレモンなどの柑橘類の果汁は、夕食においても大活躍する。我が家ではから揚げやとんかつをよく作るので、ポッカレモンに日々お世話になっている。

レモン果汁は、ある意味魔物だ。たった一滴、ぽちょんと垂らしただけで、脂っこい料理が爽やかな風味に早変わりする。おかげで、わたしはカロリーなど気にせずにパクパク食べてしまうことになる。なんて罪な奴なのだろう。

img_hareame_014-08.jpg

夫はハイボールにスライスしたレモンを添えるし、わたしは夏場にキリンレモンをよく飲むし、レモンだらけの食卓になることもしょっちゅう。

さらにお風呂上がりに氷菓子の「サクレ」で頭をキーンとさせれば、夏はレモンのために存在する季節なのでは?と疑ってしまうほど、レモン尽くしの夜が完成する。

外出の機会が減るなか、もっとも身近なところで季節感を演出してくれる風物詩は、食べものなんじゃないかと思う。もう夏だなあ、と食べることで実感するのだ。

img_hareame_014-09.jpg

ちなみに先日、わたしの枕カバーもレモン柄になった。ニトリでつい目が止まって買ってしまった。やっぱり全身が切実に清涼感を求めていて、その代表格がレモンなのだろう。脳が完全に味覚に支配されている。

img_hareame_014-10.jpg

今宵もレモンに包まれて眠り、明日の朝はフルーツヨーグルトをしっかり食べよう。

フルーツを味方につけて、どんよりとした雨の季節にも、代わり映えのない日常にも、明るいビタミンカラーをちょっとずつ塗り重ねていくのだ。

奥村まほ

1992年、富山県生まれの文筆家。中央省庁とIT企業での勤務を経て、フリーで執筆・編集を軸に活動中。なにげない日常の煌めきや食べ物の記憶を言葉と写真で切り取るのが趣味で、おやつとミルクティーとスパイスカレーをこよなく愛す。note(https://note.com/kiizukimaho)では食べ物や暮らし、生き方にまつわるエッセイを投稿している。ポプラ文庫『夜更けのおつまみ』にエッセイ掲載。

この記事をシェアする