料理なんてテキトーでも、胃を満たせてマズくなければいいーーヒロシさんの、気負わない料理論

きのう何作った?

2020.11.06

img_nanitsuku_010-01.jpg

著名人の方々に、おうちごはんをテーマにお話を聞く連載「きのう何作った?」。今回のゲストは、ソロキャンプで話題のお笑い芸人・ヒロシさん。「家では料理なんて全然しないですよ?本当に俺でいいんですか?」の一言から、インタビューは始まりました。

img_nanitsuku_010-guest.jpg

お話を伺った人:ヒロシさん

約15年前、「ヒロシです……」で一斉を風靡したピン芸人。現在、ソロキャンプの様子をアップしたYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」が大ヒットし、登録者数は100万人を突破。

そもそも、料理への興味はまったくない

img_nanitsuku_010-02.jpg

ーーヒロシさん、ソロキャンプでいつも美味しそうなごはんを作っていますね。料理はもともと好きなんですか?

本当に、料理好きとか自分自身では一切思ってない。むしろ、まったく興味ないと言えるくらいなんですよね。「一人暮らしだし、吉野家でいいか」って考えちゃうタイプ。すぐ胃を満たせるメシを選びがちで。

ーーそうなんですか?一人暮らしなのに、釣りたてのマグロを自分で捌いてマグロ丼にしていたので、相当なお料理好きなのかと思っていました。

img_nanitsuku_010-03.jpg

あれは、たまたまマグロが釣れちゃったんです。「せっかくだから、調理してみるか」と思ってやっただけ。でもまあ、魚って生臭いし、店で食った方がいいんだよ。プロの料理人が作ったメシの方が、絶対うまいんだから。

ーー確かに。ヒロシさん、潔いですね。

「ご飯は作らなきゃいけないもの」って人もいるんだろうけどさ。やりたくないならやらなきゃいいんですよ。SNSに手料理をアップする人も多いけど、別に上手くいかなかったら載せなきゃいいだけ。俺も、料理の見栄えなんて、いちいち気にしないし。

img_nanitsuku_010-04.png
いえいえ、おいしそうですよ。

独特過ぎる献立決定法

img_nanitsuku_010-05.jpg
キャンプ道具にこだわり、オリジナルの鉄板も作ったヒロシさん

ーーヒロシさんは、料理をする際、どんな基準でメニューを決めるんですか?

「この料理を作りたい」「食べたい」って考えたことは一切なくて、「この調理法を試してみたい」って感じ。本当に、味はどうでもいいのよ。体験として、変わったことをやってみたいだけ。「ブッシュクラフト」って、知ってます?俺、大好きなんです。

ーー勉強不足ですみません、初耳です。「ブッシュクラフト」とは……?

ざっくり言うと「サバイバルまではいかないけれど、できるだけ自然のものを使って生きる」なのかな。まだ日本ではあまり馴染みがないから、英語ハッシュタグ「#Bushcraft」で検索して調べています。でも俺、英語がまったく読めないから、写真から判断するしかなくて。「なんとなくこんな感じか?」と、雰囲気で実践することが多いですね。

ーー写真からなんとなく再現できちゃうなんて、ヒロシさん、やっぱり料理の才能があるのでは?

 料理は基本、雰囲気と目分量でやってます。米を炊くときも、いちいち計量カップ使わない。

ーーべちゃべちゃパサパサにならないの、逆にすごいですよ。 

パンを作るときも、そんな感じ。

img_nanitsuku_010-06.jpg
ヒロシさんのお手製パン

ーーパンも目分量で!?パン、軽量や温度管理など、超繊細な調整が必須のジャンルでは……??

一応、「強力粉と、ドライイーストを使う」ってとこまではちゃんと調べたけど、感覚で作りますね。もちろん、最初のパン作りは大失敗。ドライイーストを入れ過ぎたのか、すげー臭ぇのが出来ちゃった。でも、それでもいいと思ってる。実験みたいなものだからさ。俺は結局、料理してるんじゃなくて、遊んでるだけなんです。

日常生活にメリハリをつけてくれるベランダの野菜たち

img_nanitsuku_010-07.jpg
ヒロシさんが育てた夏野菜

ーーご自宅では、ベランダ菜園もしてるようですね。

植物は、昔から育てています。春先など、気が向いた時にタネや苗を買ってね。今年の夏は、トマトときゅうり。あとは、唐辛子、しそ、ローズマリー。キャンプのときに鉄板で肉焼いたときにローズマリーを添えると、見栄えがちょっと良くなるんだよね。

ーーあれ……?ヒロシさんも、結局見栄えを気にしている……?

img_nanitsuku_010-08.jpg
冒頭の「料理の見栄えなんて、いちいち気にしない」発言との矛盾に気がついたのか、一瞬だけ舌を出して笑うヒロシさん

ーー育てる野菜は、何を基準に選んだんでしょうか。

しそは、ずっとエゴマを育てていたつもりだったんだけど、間違えて買っちゃったことに後から気が付いたんだよね。キャンプの時は肉ばっかり食べるから、「エゴマをちぎって、肉で巻いて食ったらウマいんじゃないか」と思ったんだけどさ……。

ーー(笑)。今は、植物を愛でること自体を楽しんでいるんでしょうか?

実がなったり、育ったりするのを見ると、やっぱりうれしいよね。でも、今年はとにかく暑かったから、カラッカラに枯れちゃって。例年、ミニトマトも食べきれないくらいの量が収穫出来たのに、全然採れなかったんです。ロケで東北の農家の人と話す機会があったから気になって聞いたんだけど、「2020年はとくに厳しかった」って言ってました。

ーー「人との交流が苦手」というヒロシさんが農家の方に質問しちゃうくらい、本気でベランダ菜園に向き合っているんですね。

まあでも、植物は水やりが面倒くさいっすよね。ベランダに出しっ放しの草履も、雨風にあたっちゃうからさ。履いたあと、結局フローリングが汚くなるし。

ーーあるあるですね。私も足が汚れるのが億劫で、水やりを忘れがちです。

でも、結局なんとなく続いてる。今年はね、初めて全自動の水やり機を買ったんですよ。でも、説明書が英語だったし、使い方が全然わからなくて、上手く使えていません……。

コンビニ飯にちょい足しは必要ない

img_nanitsuku_010-09.jpg

ーーヒロシさんの冷蔵庫のスタメン食材はありますか?

せっかく食のメディアで取材してもらっているのに申し訳ないんですけど、なーんにも入ってない。アイスコーヒー、キャンプで使う保冷剤、ふるさと納税でもらった肉や刺身くらいかな。肉なんて、焼いて、野菜で巻いて食べたらいいでしょ?刺身もそのまま食えるし、楽なんですよ。

ーー効率主義なんですね。

キャンプ以外は、そうですね。コンビニ飯もさ、企業努力の結晶だと思うんですよ。そのまま食うのが、最高に美味しいじゃないですか。ちょい足しとか、余計なことしなくてもいいんですよ。

ーー心強いです。「今日はコンビニで買ったものをそのまま出しちゃった……」と、罪悪感を持つ方もいらっしゃるので。

まあ、主婦は大変ですよね。俺もキャンプでは料理するけど、肉焼くくらいだしさ。毎日栄養ある料理を作るの、偉いよね。

人のために料理を作るなんて面倒くさいのがあたりまえ

ーーヒロシさんの、思い出の実家ご飯はありますか?

いや、ウチはテキトーでしたね。俺が学校から帰ってくると、袋のラーメン茹でてた。実家がそんな感じだったから、俺も食へのこだわりがない。小麦粉に水を足して焼いただけのものを「パンケーキ」って言ってたくらいの親だったんで。バターじゃなくて、安いマーガリン塗ってね。本当にテキトーなもんですよ。

img_nanitsuku_010-10.jpg

そりゃ、「ウマいものを食いたいな」と思うけど、グルメではないし、こだわりはないんです。本当に、メシに執着がないのよ。ウマいか、マズいか、くらい。俺、人と接するの苦手だし「人にご飯を作ってあげたい」みたいな感情も一切ないね。正直、面倒くさいだけじゃん。

ーー潔いです。「ひとりが最高」キャラ、一貫していますね。

俺の料理、マズくはないけど、ウマくもないし。「食べるだけなんだから、別にいいじゃん」って思ってる。毎回ちゃんとした料理を作ろうなんて、一切思わないよ。無理だもん。まあ、俺は一人暮らしだからメシなんてなんとでもなるし、気楽ですよ。

ーー「人のために毎日おいしいごはんを作らなきゃ」って悩んじゃう方も多いんですよ。

まあでも、昔より主婦もやりにくくなっちゃったよね。子どものキャラ弁とか、凄いクオリティの人いっぱいいるじゃないですか?素敵だし、子どもはよろこぶんだろうけどさ。「友達の弁当と比べて、ウチのドラえもんは汚ねぇな」って、劣等感うまれちゃうこともあると思う。あんなの、やれる人がやればいいんだよ!

ーー差がついてしまうので、キャラ弁を一律禁止にした幼稚園があると聞いたことがあります。

そうなの?それはそれですごいな。まあ、旦那や子どもが絡むと、さじ加減は難しいですよね。けど、余裕がある人とない人がいるからさ。無理しなくていいよ。料理なんて、やりたきゃやればいいし、やりたくないならやらなきゃいいの。そんなもんで、ゆるくやればいいんじゃないですか?

img_nanitsuku_010-11.jpg

小沢あや

フリーランスのコンテンツプランナー / 編集者。音楽レーベルで営業とPRを経験後、IT企業を経て、2018年に独立。エッセイのほか、女性アイドルやミュージシャン、経営者のインタビューを多数執筆。Engadget日本版にて「ワーママのガジェット育児日記」、「フリーランスな私たち」連載中。豊島区公認の池袋愛好家としても活動している。

この記事をシェアする

取材・文:小沢あや
撮影:黒羽政士