自分のための料理こそ、盛り付けにこだわりをーー小南光司さんのおうちごはん

きのう何作った?

2021.01.13

img_nanitsuku_013-01.jpg

著名人の方々に、おうちごはんをテーマにお話を聞くインタビュー連載「きのう何作った?」。今回のゲストは、ドラマや2.5次元舞台で活躍する小南光司さん。SNSなどでもいつも自炊写真をアップし、料理好きで知られる小南さんに、得意な一品を作っていただきながらインタビューしました。

img_nanitsuku_013- guest.jpg

お話を伺った人:小南光司さん

今注目の若手俳優・モデル。ファンからは「こなん」の愛称で親しまれている。2021年は舞台「チョコレート戦争 ~a tale of the truth~」に出演予定。

スフレオムレツから始まる朝

img_nanitsuku_013-02.jpg

ーー今日の取材は、お料理をしながらのインタビュー。小南さんから「スフレオムレツを作りたい」ということで決まったメニューですが、思い入れが強いんですか?

簡単だし、おしゃれなオムレツから朝がスタートしたら、素敵だなって思ってよく作ってて。ふわっふわだから、意外とこれだけでもお腹いっぱいになるんですよ。

ーー確かに、カフェっぽいごはんに憧れますよね。スフレオムレツのレシピ、記事の最後でご紹介するんですが、コツはありますか?

メレンゲを作るときに、お酢かお塩を入れるとさらにふわふわになるらしいって聞いたことがあって。僕は欲張って両方入れちゃいます(笑)。火を通せばお酢の香りも飛ぶから、気にならないです。

img_nanitsuku_013-03.jpg

実家が和食中心だったから、初めて一人暮らししたときに洋食ばっかり作ってたんです。思い出のメニューですね。スフレオムレツを作るときに余った卵黄は、自家製プリンにしています。

自炊の軸はキャベツ「一人暮らしだけど、いつも1玉買います」

img_nanitsuku_013-04.jpg

ーーかなりのお料理好きの小南さんですが、普段どれくらいの頻度で自炊しているんですか?

作るときは週に15食くらい作りますね。今日は表向きにちょっとおしゃれっぽい料理にしたんですけど、いつもは「男メシ!」って感じのごはんばかりです。キャベツとちょっといいお肉を買ってきて、バターと醤油を落として焼くだけとか。

img_nanitsuku_013-05.jpg

ーー豪快ごはん、気楽だしおいしいですよね。

ひとり暮らしで1K3万円くらいのアパートに住んでいた学生の頃から、キャベツがすごく好きで。一人暮らしだけど、いつも1玉買います。自炊するときも、3〜4人前くらい作っちゃう。

ーー作り置きもしてるんですね。

いや、その場で全部食べちゃいます(笑)。

作り過ぎても全部食べちゃう

ーーおお、それはすごい。でも、キャベツだったらヘルシーですよね。

とにかく葉野菜が好きで、いつも白菜かキャベツをストックしていますね。手軽だし。あと、トマト缶も常備してます。なんにでも使います。

img_nanitsuku_013-06.jpg

ーー日々の食事で、強く意識していることはありますか?

自宅ではお米を炊かないけれど、「毎日、お茶碗1杯分は白米を食べる」かなあ? 夜は控えるけど、食べないと力が出なくって。

ーー1食ではなく、1日単位でバランスを考えているんですね。夜は白米も我慢して…

高校時代に白米を食べ過ぎたから、あんまり執着がないんですよ。野球部だったとき、1食3合食べてました。1日9合。

ーー1日9合!?

2Lサイズのタッパーを買って、ごはん敷き詰めて持ち歩いて。とにかく、野球部時代は毎日漫画みたいな量食べていたんですよ。ごはんを食べるのが、ちょっと嫌になるくらい(笑)。

ーーすごい生活ですね……!

今は野菜も意識してたくさん摂取します。タンパク質の摂取も心がけていて、もともとお肉が好きだったんですけど、積極的に魚を選ぶようにもなりました。お刺身のサクを買って、そのまま焼いてステーキにすることも多いです。

おやつ感覚で豆腐を食べる生活

img_nanitsuku_013-07.jpg

ーー小南家の冷蔵庫のスタメン食材は何ですか?

キャベツのほか、豆乳、納豆、お豆腐は常備してあります。料理しなくてもそのままで食べられるし。夜中にお腹が空いたときも、基本はお豆腐で我慢。

ーー小南さん、ストイックですね。かなり気をつけているんですね。

お豆腐が本当に好きなので、おやつ感覚で食べています。ラー油をかけて食べるか、納豆と卵黄をのっけるかしています。高たんぱく質なので。納豆もよく食べるし、大豆大事ですね。

ーー普段の献立も、たんぱく質と糖質量を意識しているんですか?

割と、気の向くままに食べています。食べたいメニュー名で検索して、いいなと思ったレシピをスクショして、スーパーに買い出しへ。キャベツが大好きだから、レシピになくても入れちゃいます。

ーー一人暮らしだと、食材の管理も大変なのでは。どうやって工夫しながら消費していますか?

食材を買うときに、使い切れるサイズを探して買っています。玉ねぎも1個単位で買うと少し高いけど、無駄にしたくなくって。最初はその料理を作るためだけに食材を買っていたけれど、だんだん冷蔵庫にいろんな食材が揃っていくじゃないですか?消費するために、食材名で検索して、初挑戦の料理を楽しんでいるんです。

ーー食材を無駄にせず、楽しみながら消費しているんですね。

料理をしているうちに、自分が使える食材がどんどん増えていくのが楽しいんです。最近は冷凍野菜も充実しているし、楽になりましたね。

img_nanitsuku_013-08.jpg

写真映えを意識したら、料理がさらに楽しくなった

ーー小南さんの自炊写真、盛り付けも綺麗です。 

僕、料理自体もですけど、器が大好きで。雑貨屋さんに行くときは、必ず食器のコーナーをチェックします。美容室でグルメ雑誌を読むときも、お店の情報じゃなくて、盛り付けやお皿をじっくり見ますね。「この焼き鳥屋さんの黒いお皿いいな」とか「アメリカンダイナーのお皿はポップだなー」とか、考えるのが楽しくて。

img_nanitsuku_013-09.jpg

お仕事を頑張って、ほんの少しお金にも余裕が出てから「しっかり料理してる俺、おしゃれだな」みたいな気持ちになって(笑)。インスタにアップする写真も、シンクやコンロが映らない角度を研究して、光の入り具合とか考えながらやってます。

ーー自分の料理や盛り付けが上達していく過程がログに残るし、楽しいですよね。

そうなんです。何パターンか撮って、アップしたあとに「いや、もっと綺麗に撮れるな」と投稿を消して、後日同じメニューを作り直してアップすることもありました(笑)。自分のごはん、好きなお皿、好きなコップ、あと好きなアニメがあれば、いつもご機嫌でいられるんです。

img_nanitsuku_013-10.jpg

小南さんちの洋風スフレオムレツ

img_nanitsuku_013-11.jpg


材料

  • お塩
  • お酢
  • あらびきコショウ
  • たまご(大)…3個※卵白のみ使う
  • ベーコンブロック
  • ピザ用チーズ
  • カットトマト缶…半分くらい
  • パセリ

作り方

1. ベーコンを食べやすい大きさに短冊切りにし、炒める。
2. たまご3個分の卵白にお酢と塩少々入れ、泡立ててメレンゲを作る。
3. 大きめのフライパンに油を引いて、中火でメレンゲを落とす。
4. 平らにして、底面に火が通るまで待つ。
5. ベーコン、チーズをお好みで乗せ、ふたをする。
6. 二つ折りにして、表面に焼きめをつける。
7. トマト缶を半分ボールに入れてチンして温めてかける。
8. パセリをまぶして完成。

小沢あや

フリーランスのコンテンツプランナー / 編集者。音楽レーベルで営業とPRを経験後、IT企業を経て、2018年に独立。エッセイのほか、女性アイドルやミュージシャン、経営者のインタビューを多数執筆。Engadget日本版にて「ワーママのガジェット育児日記」、「フリーランスな私たち」連載中。豊島区公認の池袋愛好家としても活動している。

この記事をシェアする

取材・文:小沢あや
撮影:小原聡太