業務用スーパーはレジャーランドだった!

きじまりゅうたと推しスーパーへGO! #3

2023.01.13

きじまさんは言いました。「最近、改めてスーパーの楽しさに気付いちゃったんですよね」。誰かの「推しスーパー」に行って、一緒に買い物をしたら、もっと楽しいかも!というわけで、この企画が生まれました。スーパーを案内してもらうお礼は、買った食材で作るきじまさんの即興料理です。さあ、出かけましょう。

肉のハナマサ千束店へ!

今回訪ねたのは、東京都台東区にある肉のハナマサ千束店。ハナマサは、食肉の加工や卸売、食品やワインなどの輸出入も行っている業務用スーパーで、関東を中心に店舗展開をしています。

img_oshisupa_003-01

一緒にお買い物する人:竹内聡さん

生まれも育ちも台東区入谷という江戸っ子。地元で手作りハム・ソーセージと惣菜の店を経営しています。家の食事や店の仕入れに利用しているという、ハナマサを案内してもらいました。
きじま

ハナマサは、普通のスーパーでは買えないような肉が置いてあるから、撮影用に利用することはあったけど、がっつり見て回ることはなかったから楽しみです。そういえば、学生時代にバイトをしてた居酒屋の裏にハナマサがあったなぁ。

竹内

うちの店では日替わりの惣菜を作っているので、それに使う野菜などの生鮮食品を買うことが多くて、週に数回は来ています。

img_oshisupa_003-02

きじま

ほら見て、白菜丸ごとが山積みですよ。最近はカット売りが多いけど、さすが業務用スーパーは単位が大きいね。

店舗は大通り沿いにあり、黄色い看板が目印です。入り口前には野菜が山積みで、ついついいろいろ見たくなりますが、まずは中に入ることにしました。

きじま

竹内さん、おすすめの野菜はありますか?

竹内

にんにくの芽なんてどうですか?この店、いつも売っているんですよ。

きじま

ホントだ!中華食材の店でもなければ、あまり見ないよね。炒めものにするととってもおいしいのに、なかなか生では買えない。いいなあ。

img_oshisupa_003-03

スタッフ

わー、にんにくを見てください。全部皮をむいてバラしたものが袋詰めになってます!

竹内

大量に使う飲食店は、皮をむく下ごしらえも手間ですから、こういうものを利用しますよね。

スタッフ

少量パックもありますね。これ欲しいなあ。皮がむいてあると、料理に使おうって気になります。玉ねぎの皮をむいたパックもある。わかるわかる、その手間!

img_oshisupa_003-05

カメラマン

もやしもかなりの大袋。しかも種類が多いってところがすごいですよ!

竹内さんは見慣れているようですが、きじまさん始め、スタッフ一同はこの時点で大興奮。身近な野菜なのに、“量が多い”というだけでこんなに盛り上がってしまうとは!

img_oshisupa_003-06

竹内

パスタ売り場もぜひ見てください。ナポリタン用のスパゲッティっていうのがあるんです。

きじま

なになに?何が違うの?あぁ、デュラム小麦だけでなく強力粉が混ぜてあるから、もちもちになるんだね。お店では、ゆでた後に水で洗ったり、あえて時間をおいたりして、あの食感にすることもあるけど、専用の麺もあるのかあ。

調味料類も充実してますねぇ。

竹内

ハナマサオリジナルのケチャップおいしいですよ。ナガノトマトが作っているものだから。長野が誇るブランドで、長野のテレビでは1日に何回もCMが流れてます。

きじま

詳しいですね〜、長野事情に。

竹内

軽井沢のお店でハム修行をやっていたので、長野県に住んでいたことがあるんです。

きじま

だから長野愛があるんですね(笑)。しかし、この大きさで買うのはちょっとなあ。と思ったら、小さいサイズもある。これならお試しに買えるね。

img_oshisupa_003-07

きじま

刻んだピクルスの大瓶がある。これ、ホットドッグに入れるやつでしょう。

竹内

野球が好きで、よく球場に観に行くんですけど、そこで食べるホットドッグにも山盛りで入ってますよね。狭い席で食べてるとこぼれそうになるやつ。

きじま

わはは、わかるー。お店で使いやすいように加工された商品も多いってことですね。ケチャップとマスタードが混ざっているものもあるし、ケイパーやピクルスも種類が多い。こういうものがあると、ホットドッグ作ってみようかなって気になるね。

カメラマン

冷凍コーナーにホットドッグパンもありましたよ!なんだか、自分の店が作れそうな気がしてきました。つきだしにコレを使おうとか、メニューを妄想するのが楽しい。

img_oshisupa_003-08

トマト缶やソース類も1kg入りでずらりと並んでいたり、なかなかのインパクト。ここは巨人の国のスーパーなのでしょうか。どの棚の前でも立ち止まってしまい、気になるものが目に入ると、ついつい横のレーンに移動してしまいます。今回はスタッフともども、より激しい店内回遊となりました。

竹内

そういえば、ハナマサには惣菜は売ってないんですよ。

きじま

なるほど!飲食店さんの利用が多いから、食材中心ですよね。普通のスーパーにはないもの、という視点で見るのもおもしろいな。

竹内

調理手前の加工品も多いですけど、鮮魚もなかなかです。いわしのつみれを作りたくて、いいすり身はないかと探していたんですけど、ここで相談したら、いわしの頭と内臓をとる処理をやってくれて助かりました。

きじま

それはいいですね。業務用スーパーはそういうことをやらないイメージがあったけど、親切な対応もしてくれるんだ。

変わったものが買いたくなる、ハナマサマジック

img_oshisupa_003-09

きじま

牛の骨や内臓。さすが、肉は部位もいろいろありますね。お、バックリブ(骨つきロース)がありますよー。ふつうのスーパーなら切り離して売られているものですよ。これをオーブンで焼くだけで、ごちそうになるんだ。

スタッフ

鶏肉も、部位ごとに大袋ですね〜。

竹内

一時期、鶏むね肉を大量に買っていました。低温調理に凝っちゃって(笑)。じっくり火を入れるとおいしいんですよ。ほぐしてサラダに入れたり。たくさん作ってもいろいろな使い道があるから。

きじま

串に刺した焼き鳥の冷凍まであるんですね。

竹内

スチームって書いてありますから、一度火を入れたものですね。こういうものをバーベキューに持っていくと、いつもと違う外の調理でも安心ですよ。塩をふったりして、好みの味つけにすればいい。

きじま

うんうん。バーベキューやパーティー前にハナマサで買い物、というのも良さそうですね。

img_oshisupa_003-10

時折、エプロンをつけたままの人がサーッと店に入ってきて、目的の売り場に一直線に小走りで行く光景を見かけました。もやしだけ、豆腐だけ、と買っていく人も結構多い様子です。

竹内

今、注文が入ったんじゃないかな(笑)。

きじま

お店の人は目的を持って来るから、買い物が早いねー。

スタッフ

それに比べて我々はすでに1時間歩き回っています。おかしいです!

きじま

やっぱりそういうことになったかー。そろそろ買い物しよう。ハナマサで買うべきものは何かな。入り口にあった白菜丸ごともいいよね。生のままでも焼いてもおいしいから、食べがいがありますよ。

竹内

いいですね!

img_oshisupa_003-11

きじま

竹内さん、食べたいものはありますか?

竹内

パクチーをお願いします。好きなんだけど、いつも同じ使い方をしてしまうから。

きじま

普段はパクチーで何を作ります?

竹内

おひたしにしたり、料理のトッピングにしたり。

きじま

じゃあ今日はサラダを作りましょう。生の青唐辛子も大袋で売っていたから、使ってみたいな。いつもは肉や魚を買うけど、竹内さんのお店のソーセージを食べたいから、今回は野菜中心で。

竹内

ハナマサは、レジ袋が3円均一なんですよ。袋の大小関係なく。

スタッフ

え、それはなんだかお得…。

きじま

たいていの人が大袋なんじゃない?

img_oshisupa_003-12

「店の“推し”も聞いてください」千束店柴崎さんのお話

きじま

いやー、おもしろいものがたくさんありました。

柴崎さん

そう言ってもらえるのが一番嬉しいです。ハナマサは業務用スーパーからスタートしましたが、今では業務利用以外のお客さまも多いんですよ。

きじま

プロ専用、ということではないですもんね。

柴崎さん

もちろんです。どんなお客さまでも買っていただけます。

きじま

トマト缶とか、両手で抱えるような大きさのものもたくさんあって。むやみに持ち上げてみたりして、楽しんじゃいました。

柴崎さん

見るだけで楽しいな〜、というお買い物も歓迎です。おもしろがってもらえそうだから、という理由で巨大な缶詰を置く、ということもあります。そんなに売れなくても、楽しんでいただけたらいい、という商品もあるんです。

きじま

我々、まんまとテンション上がっちゃったね。

img_oshisupa_003-13

柴崎さん

他にはないものを揃えたい、と考えてやっています。今では輸入部門が頑張っておもしろい商品も入れているし、PB(プライベートブランド)も充実してきました。

きじま

PBのレトルトカレーもけっこうマニアックなラインナップで、いいなと思いました。柴崎さん、お気に入り商品はありますか?

柴崎さん

「マッサマンカレー」です。おいしくて、好みです。

きじま

即答ですね!いい、お店の人の推しはぜひ知りたい(笑)。

柴崎さん

「麻婆豆腐の素」もおいしいですよ。辛みがきいていて、おいしい。隠れた名作です。スープの素も種類が多くて、ハマグリのだしや牛のだし、というものもあります。おいしいとリピートしてくださるお客さまが多いです。

買い物終了! 料理を作りましょう

img_oshisupa_003-14

ワイワイ歩き回って、ようやく買い物が終了。竹内さんのお宅のキッチンを借りて、料理を作ります。

img_oshisupa_003-15

今回ハナマサで買ってきたもの。ナッツ類も種類が多くて充実していたので、「サラダに使えるね」と買いました。

img_oshisupa_003-16

お宅に伺う前に、竹内さんのお店(手作りハム・ソーセージの店 TAKE-ZO)に寄って、ソーセージとベーコンも購入しました。

img_oshisupa_003-17

きじま

大きな白菜からやろう。生で食べる分を少し切り分けたら、あとは塩漬けを作ります。ザワークラウト風にして、竹内さんのソーセージを焼いて一緒に食べたらいいじゃない?

img_oshisupa_003-18

竹内

残った塩漬けはどうやって食べたらいいですか?

きじま

ごま油で炒めて、少し醤油をたらすとうまいと思う。おかかをかけたり、豚バラと一緒に鍋にするのもサイコー。春雨入れたりするとまたうまいですよ。うちのおばあちゃんが、白菜の古漬けでよく作ってくれたんです。今日の白菜は塩分少なめにしているから、早めに食べきってくださいね。

img_oshisupa_003-19

きじま

今日は1.5%くらいの塩分にします。コクを出すために砂糖も少し入れて、酸味を加えるとちょっと古漬けっぽいような味わいになるから、酢も入れます。このアルミ鍋、ボウルがわりにちょうどいいなあ(笑)。

白菜とベーコン焼き

白菜をそぎ切りにして、フライパンで焼きます。「くたっとさせたいから、斜め切りにして水分が出るようにするの。さっと炒めたら、あまりいじらずにふたをしておくと、いい感じの焼き目がつきます。」

きじま

サラダに使ったパクチーの茎と赤玉ねぎもあるから、それも一緒に炒めちゃおう。きっといい香りなると思う。

img_oshisupa_003-20

そこに、食べやすく切ったベーコンを入れて、塩、こしょうで味つけするだけです。
「ベーコンは長く炒めるとかたくなるし、風味とフレッシュ感を生かすには後入れがいいと思うんだよね。ベーコンのうまみで味はしっかりつくと思う。」

img_oshisupa_003-21

パクチーサラダ

パクチーの葉だけ摘んで、細切りにしたピーマン、青唐辛子を混ぜて、塩、砂糖、酢で味つけ。ナッツも刻んで加えます。「白菜のやわらかい葉っぱ部分も細く切って入れよう。白菜の葉はふんわりしていてサラダに合うんですよ。」これに花椒油をまわしかければ完成!

img_oshisupa_003-22

焼きソーセージと白菜のザワークラウト風

きじま

白菜漬けがしんなりしてきたから、ソーセージを焼こうかな。竹内さん、おすすめの焼き方はありますか?

竹内

油をひかずにフライパンに入れて、じっくり焼いてください。

きじま

油いらないんだ。

竹内

ソーセージから脂がじわじわ出てきますから。ゆっくり、こんがり焼いてください。はじけさせずに、表面がぱんぱんになるまで。

おいしそうに焼けたら、白菜漬けを添えて、粗挽きの黒こしょうをガリッとふって完成!

img_oshisupa_003-23

三品できました! いただきまーす

img_oshisupa_003-24

竹内

白菜炒め、いいですね。しんなりして甘みが出ていて。これ、パクチーの茎を入れたのもきいてます。香りがよくなりますね。

きじま

よかった。あるもので組み合わせを考えるのは緊張するけど、それも料理のおもしろいところですね。

竹内

サラダにナッツを入れるの、いいですね。味つけは塩だけなのに、エスニックになる。これは日曜の昼つまみにぴったりだ!

img_oshisupa_003-25

きじま

今日の買い物は、料理のプロとしての竹内さんの目線が感じられておもしろかったですね。品物や調味料の選び方の話は刺激になりました。

竹内

私は、自分が寄らない棚の商品をじっくり見たりして、楽しかったですね。ふだん、5分で買い物を済ませちゃってるもんで(笑)。いつも厨房にこもって作業をしているから、誰かと一緒に買い物するというのはいい気分転換になりました!

img_oshisupa_003-26

本日もたっぷり買い物に時間を費やして、楽しく三品が完成しました。

“買い物がレジャーになる”ということはだんだんわかってきた我々ですが、業務用スーパーはまさにレジャーランドでした。キャンプやバーベキュー、パーティ前にみんなで買い出しに行くのにもぴったり。使ったことのない調味料を試してみたり、新しい料理にチャレンジするきっかけにもなりそうです。そして、プロの買い物を眺めたり、プロの使い方を想像したり…。“買わなくても楽しい”というのも発見でした。

推しスーパーを案内してくれる方募集!

きじまさんと一緒にいつものスーパーでお買い物しませんか?

「きじまさんにぜひ紹介したいスーパーがある!」「あのスーパーで買った食材で、きじまさんに料理してもらいたい!」「大好きな近所のスーパー、でもいつも同じものばかり買ってしまう…きじまさんなら何を買うだろう?」などなど、きじまさんと一緒にスーパーへ行ってお買い物をしてくださる方を募集します!

こちらのフォームから取材協力内容の欄に「推しスーパー」とご記入の上、紹介したいスーパーの店名をお送りください。

みなさんの「推しスーパー」、お待ちしています!

きじまりゅうた

祖母、母ともに料理研究家。「常に誰かが料理している」ことが日常の環境で育つ。大学卒業後、アパレル会社に勤務したのち独立、料理の道へ。現在はMCをつとめるテレビ番組を持つなど、各メディアで人気者。
公式YouTube「きじまごはん」でレシピ動画を公開中。

この記事をシェアする

取材・文:岡村理恵
撮影:鈴木泰介
協力:肉のハナマサ千束店

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する