親友と行ったイギリス旅行

わが家の笑顔おすそわけ #6「思い出の旅」〜ナコさんの場合〜

2020.08.19

img_smile_006-c-01.jpg

img_smile_006-c-02.jpg

こんにちは。ナコです。
11歳8歳2歳の三姉妹の母です。

私は当時のこのイギリス旅行が初めての海外旅行でした。

コッツウォルズ地方の可愛い街並み、物語の中のようなホテル、現地のバー。
そして雑貨屋さんで陶器のカップを買ったときに
「プチプチに包んで欲しいけど英語でなんて言うんだっけ?」
なんて話していたら「プチプチ」という言葉が現地で通じたこと。
ロンドンで食べたフィッシュ&チップス、やたら可愛いドーナツの移動販売車、お寿司が個装されて売っているお寿司ファーストフード店。
たまたま入ったパスタ屋で注文したミートソースが、たくさんのミートボール入りでルパンみたいだったこと。
憧れの赤いダブルデッカーバス、蚤の市、ハロッズ、ナショナルギャラリー、オペラ座の怪人などなど…
なにもかもが楽しかったです。

現地の観光プランは全部親友が立ててくれました。
あの頃は深く考えずに「ありがとー!」ぐらいでそれを享受していましたが、改めて思い返すとすごく充実した内容で、プラン立てるの大変だっただろうな…と、いまさらながらありがたく思っています。

若い頃から、私は仕事とお絵かき以外の趣味といえば、料理したり雑貨作ったりとインドアなものばかりなので、この親友をはじめ、私と違うジャンルにアンテナの高い友人たちの存在がなければ、受けられなかった刺激がたくさんあったと思います。

現在は海外旅行はまだ難しい状況が続いています。

でも、実際に行けるかどうかはわからなくても、実施するつもりの未来の予定があるというのは、なんとなく心が楽しくなります。

時々、マダム旅の約束を思い出しては、どこがいいかなーと妄想を膨らませております。

ナコ

宮城県在住。イラストレーターをしながら、アメブロを始めてトップブロガーに。3姉妹を育てる母。次女妊娠中の緊急入院で家が惨憺たる状態となってから、自分ひとりで家事を頑張ることをやめ、住みやすい家作りに目覚める。チーズとずんだ餅が好き。

この記事をシェアする

banner_osusowake.png同じテーマの他の記事も読む