サンタさんに渡す“おみやげ”クッキー作り

わが家の笑顔おすそわけ #10 「クリスマス」〜ナコさんの場合〜

2020.12.17

img_smile_010-c-01.jpg

img_smile_010-c-02.jpg

こんにちは。ナコです。
11歳8歳2歳の三姉妹の母です。

一昨年、次女とうこから「サンタさんにクッキーをあげたい」との提案を受け、それからわが家ではサンタさんへの“おみやげ”のクッキーをツリー下に置いておくことになりました。

当時次女はプレゼントのことを“おみやげ”と表現することが多く、なんだかそれがかわいくてわが家ではそのまま定着しました。
うちに(プレゼントを置きに)来た記念の“おみやげ”ってことで…。

手作りに意味があるわけではなく、市販のもので充分なのですが、食べたい味や作る楽しさから、何かとイベントにかこつけてクッキーやお菓子を作るわが家では、クリスマスも(余裕があるときは)クッキーを作るイベントのひとつになりました。

「作る方」で人気なのは型抜きや丸めるクッキー、「食べる方」で一番人気なのはアイスボックスクッキーです。
時間がある時に生地を前もって作って冷凍しておいて、イベントの時期が近くなったら切って焼くだけ~というのをよくやります。

棒状にクッキー生地を成型する時、ボール紙で作った型にぎゅうぎゅう押して形にはめていくのですが、こういうことをしていると、お菓子作りというよりも工作に近いような感覚があります。
型抜きのクッキーも粘土遊び的な要素があるし、この工作的なところがクッキー作りの楽しいところだと思います。

作るのは楽しくて、食べるとおいしくて、サンタさんはおみやげがもらえて、子どもたちはプレゼントがもらえて。

この楽しい情景を、ずっと眺めていたいなあ…と、毎年思う私です。

アイスボックスクッキーの作り方

img_smile_010-c-03.jpg

ナコ

宮城県在住。イラストレーターをしながら、アメブロを始めてトップブロガーに。3姉妹を育てる母。次女妊娠中の緊急入院で家が惨憺たる状態となってから、自分ひとりで家事を頑張ることをやめ、住みやすい家作りに目覚める。チーズとずんだ餅が好き。

この記事をシェアする

banner_osusowake.png同じテーマの他の記事も読む