毎年食べる、好きなものしか入ってないきりたんぽ鍋

わが家の笑顔おすそわけ #11 「鍋」〜ナコさんの場合〜

2021.01.21

img_smile_011-c-01.jpg

img_smile_011-c-02.jpg

こんにちは。ナコです。
11歳8歳2歳の三姉妹の母です。

毎年、お鍋がおいしい季節になると、秋田の夫方の実家からきりたんぽ鍋セットが送られてきます。

たっぷり入ったきりたんぽは、ばーばとひいちゃん(娘たちから見て祖母と曾祖母)お手製のもの!
全ての材料と味噌たんぽのタレまで入っていて、クール便で届くという至れり尽くせりの内容です。

ねぎは細かく切っちゃうし、全員香草が苦手なので、せりは入れずにいただきます。
我が家流にカスタマイズされたきりたんぽ鍋には、家族の好きなものしか入っていません。

昨年までは鍋の大きさの都合もあり、汁が残らなかったのですが、今年は大きい鍋を購入したのでたっぷりとつゆを作り、2日目もそのまま楽しんだり、雑炊やうどんにしています。

夏休みも年末年始も帰省できなかったのもあってか、今冬はきりたんぽ鍋セットを折に触れ3回も送ってくれて、温かいお鍋を食べて体がほこほこ。
ばーば達に電話で「おいしかった~!!」と報告する子どもたちを見ては、気持ちもほこほこになりました。

ナコ

宮城県在住。イラストレーターをしながら、アメブロを始めてトップブロガーに。3姉妹を育てる母。次女妊娠中の緊急入院で家が惨憺たる状態となってから、自分ひとりで家事を頑張ることをやめ、住みやすい家作りに目覚める。チーズとずんだ餅が好き。

この記事をシェアする

banner_osusowake.png同じテーマの他の記事も読む