夫が作る、娘のお弁当と自分のお弁当

わが家の笑顔おすそわけ #31「お弁当」〜ちずるさんの場合〜

2022.09.19

わが家では、平日は夫が自分のお弁当を作っているため、小学生の娘の遠足用のお弁当作りも夫の担当になっています。

img_smile_031-f-01

夫がおかずのリクエストを聞くと、カップに占いが書いてある冷凍のエビグラタン、ぶどうやみかんなどの果物、枝豆、プチトマト…どんどん食べたいおかずが出てくる娘ですが、絶対に入れてほしいおかず第1位は、だし巻き卵。

娘は保育園の頃から夫の作るだし巻き卵が好きで、お弁当の時は毎回必ずリクエストしてきました。

遠足中にお弁当を食べている様子は直接見られないけど、きれいに完食した空のお弁当箱や「お弁当おいしかったよ」と夫にお礼を言う娘を見て、笑顔でお弁当を食べている様子を思い浮かべています。

娘のために作る、彩りがあってかわいいお弁当に対して、夫自身のお弁当は食べやすさ重視。タッパーに詰めたごはんの上に直接おかずをのせる方式で、野菜炒めや麻婆豆腐など前日夜のおかずの余りや冷凍食品の白身魚フライ、カップ付きの冷凍食品はカップを外した状態でのせ、ふたは輪ゴムでとめています。

せめて容器をちゃんとしたお弁当箱にランクアップしようと夫に持ちかけてみましたが、タッパーは扱いやすいし十分間に合っているのだそう。

大人気!夫のだし巻き卵

img_smile_031-f-02

娘も私もだし巻き卵は自分で作ることはできるのですが、「パパのが一番おいしいよね」と、夫には毎回多めに作ってもらいます。

コツを聞くと、調理師学校の試験で何度も練習したおかげとのこと。本気で練習をすれば夫のだし巻き卵に近づけるかもしれません。でも、自分で作れるようになったとしても、作ってもらったお弁当のだし巻き卵が一番おいしいんだろうなぁと思うのでした。

ちずる

ゲームとお寿司と温泉が好きな北陸のアラサー。
お絵かきが好きで娘の成長を4コマ漫画でメモしたり挿絵を描いている。

この記事をシェアする

banner_osusowake.png同じテーマの他の記事も読む

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する