冷凍庫はお取り寄せしたパンでパンパン!小川麻琴さんのベーグル愛

「スキ」を語る。

2021.08.04

img_suki_002-01

「食への偏愛」をテーマにした連載【「スキ」を語る。】の第2回は、幼少期からパンが大好きで、中学生の頃から毎日ベーグルを食べているという小川麻琴さん。彼女のInstagramならぬ「パンスタグラム」には、お気に入りのお店のベーグルが並んでいます。今回は小川さんのベーグルへの愛と情熱をたっぷり伺ってきました。ぜひ音声とテキストの両方でお楽しみください。

img_suki_002-guest

お話を伺った人:小川麻琴さん

モーニング娘。(5期)として2001年にデビュー。卒業後は、役者・タレントとして舞台を中心に活動中。 新潟県柏崎市出身。

 

米どころの新潟出身だけど……「私、主食がベーグルなんですよ!」

img_suki_002-02

ーー小川さんはTwitterのプロフィール欄に「毎日ベーグル食べてます(笑) 」と書いてあるくらい、ベーグルがお好きなんですね。

一日一食は必ずベーグルを食べています。心がけているというよりは、むしろ朝昼晩毎回食べたいのを我慢しているんですよ。昔は、本当に毎食ベーグルでした。

ーーもう、白米のような感覚でベーグルを食していると。

私の場合、主食がベーグルなんですよ!白米は月に一度食べるくらいですね。

ーーベーグルはさまざまな献立と合うと思うのですが、何を組み合わせることが多いのでしょうか?

今はお昼ごはんにベーグルを食べることが多いので、ゆで卵やサラダチキンなどのボリュームのあるサラダを作って一緒に食べています。基本のサラダはだいたい決めていて、レタスやパクチー、ルッコラやベビーリーフ……そのとき家にある葉っぱを使います。

img_suki_002-03

そこにブロッコリーやミニトマト、パプリカと舞茸をオリーブオイルで炒めてブラックペッパーで味付けしたものをトッピングとして乗せるのも好きですね。基本的に、ハマるとず〜〜〜〜っと同じものを食べてばっかりの人間なので。ほぼほぼそれがメインです。

ーー「ベーグルとサラダ」は固定なんですね。

どこに行っても、ずっと変わらないです。自分の好きなものを食べていると、テンションが上がるんですよね。旅行先とかは難しいけれど、お稽古のときも稽古場にベーグルを持っていきますし、実家に帰ったときもサラダとベーグルです。母も私がサラダを食べるのわかってるから、「サラダ作っとくね~」なんて言ってくれます。

幼少期からパンが大好き!そしてベーグルとの出会い…

img_suki_002-04

ーーベーグル中心の食生活は、いつ頃からスタートしたんですか?

もともと、物心ついた頃から、ごはんよりもパンが好きだったんです。スーパーって毎週「パンの日」がありませんでしたか?「今日はパンの日だからスーパー行こうよ!」って親にねだるくらいパンが好きで。

ーー幼少期からパンへの愛情がすごかったんですね。

ベーグルに出会ったのは東京に来てから。モーニング娘。に入った頃、差し入れに「BAGEL&BAGEL」のベーグルが届いたんです。それを食べたとき、すごく衝撃的で。「何、このもっちもちなパンは!?」みたいな(笑)。

ーー2000年代はBAGEL&BAGELの店舗も増えて、ベーグルが流行していましたよね。

その頃はまだ、全国のベーグルを取り寄せて食べるほどではなくて、「東京にはおいしいパン屋さんがたくさんあるんだな〜」くらいの感覚でしたね。でも、モーニング娘。時代、一時期すごく体重が増えてしまったことがあったんです。

朝から菓子パンを3個食べて、お弁当も差し入れも、夕食も食べて……という生活をしていて。さすがに気をつけなきゃと思ったけれど、パンって種類によってはバターや砂糖を使っている分、白米よりカロリーが高いものも多いじゃないですか。でもパンは絶対にやめたくなかったんです。

ーーそこでベーグルにたどり着いたんですね……!

そうそう。ベーグルってバターや卵、牛乳を使わずに作られているから、「これからは好きなベーグルを1日1個だけ食べよう」と決めたんです。それから、ベーグルのことを調べたら、全国に専門店があると知って。地方のものも取り寄せるようになり、そのおいしさにどんどんハマっていったんです。

ーーベーグルってシンプルなようで、主食にもなるし、デザートのようにもなる。多様性がありますよね。

そうなんです~!私は元々菓子パンのような甘いものが好きで、甘い系のフレーバー、それひとつでごはんとしてもデザートとしても食べられるようなパンを求めていたんです。両方満たせるのがベーグルなんですよ。それに気づいてから、色々なお店を調べるようになって、その延長線上でこんなになっちゃいました(笑)。

冷凍庫は、常にベーグルのために空けておく

img_suki_002-05

ーー毎日ひとつベーグルを食べている小川さんですが、「今日はこのベーグルを食べるぞ!」って、どのようにして決めるんですか?

そこは本当に優柔不断かも~!朝起きて「今日何食べようかな~」って考えるのが楽しくて。「こんなサラダを作るからあのベーグルにしようかな」「今日の夜は外食するから軽めにしとこうかな」「友達とケーキを食べる約束があったら、甘いベーグルはやめておこうかな」とか、一日の流れの中で決めます。

ーーベーグルの味で調整をかけることもあるんですね。 事前に送っていただいた冷凍庫の写真も拝見したのですが、あまりにもパンしか入ってなくて、最初冷凍庫とわからなくて(笑)。

img_suki_002-06

お取寄せの箱ではなく、我が家の冷凍庫です(笑)。本当にパンしか入ってないんですよ。ベーグルは、10個以上絶対にストックしています。

ーー常にモーニング娘。のメンバー数くらいいるんですね。どの子もいいぞ〜!って(笑)。

はい、いろんな子がいますね(笑)。冷凍庫は常にパンパンです。そこに、新しくお取り寄せしたベーグルが届いてしまったときは……悲劇ですよね。そういう場合は、ほかの冷凍野菜や氷などを一旦取り除いて、ベーグルを詰めていくんです。氷よりもベーグルですよ!

ーー愛を感じますね。

もしもベーグルが足りなくなったときは、お取り寄せは結構時間かかっちゃうんで、都内のベーグル屋さんに買いに行きます。

小川さんのお気に入りの、都内のベーグル店は?

img_suki_002-07

ーーお取り寄せメインとのことですが、都内のお気に入りのベーグル店を教えてください。

結構あるんですよ~。おすすめは、道玄坂のオーガニックレストラン「BiOcafe」のべーグルです。大きくてもちもちして、大好きなんです。

img_suki_002-08

ーー大きめのベーグルがお好きなんですね。

私はベーグルでお腹をいっぱいにしたいので、大きい方が好きなんです。初めてお取り寄せするお店のときは、検索をかけてグラム数も調べます。「130グラムくらいあったらありがたいな〜」って感覚ですね。

ーー重量が大事なんですね。どうやってリサーチしているんでしょうか?

Instagramってハッシュタグで検索をかけると、私みたいなベーグル好きの人が、グラム数や断面の写真も載せて、細かいレポートしてくれているんですよ。そういうのをチェックしています。ナッツの入ったベーグルは、グラム数だけじゃなくて、断面の写真があるとわかりやすいですよね。フィリング(具材)がまんべんなく入っているものが好きです。

ーー情熱がすごい!

だっておいしいものを食べたいじゃないですか。私、パンを食べてるときが一番幸せだもん。 だから、一つひとつのベーグルを食べる時間が、全部大切。「頼まなければよかった」なんて失敗をしたくないから、パン調べは必死です!

ーー他におすすめのお店はありますか?

代々木八幡の「テコナベーグルワークス」にはよく通っていましたね。ここのベーグルは、「ふか」「もち」「むぎゅ」という3種類の生地があるんです。

ーー「ふか」「もち」「むぎゅ」が、商品名なんですね。

そう!それぞれの味も違うし、いろんなフレーバーもあるので、種類が豊富で楽しいと思います。

ーーその中でも、小川さんはどんなベーグルを選ぶことが多いのでしょう?

私は和モノのスイーツが好きなので、かぼちゃやあずき系のフレーバーを買うことが多くて、あとはその時の気分で買っています。他にお気に入りのお店は……。この間初めて食べたんですけど、中目黒の「サイドウォークスタンド バイセン&ベーグル」(現在は下北沢に移転)の、ココナッツベーグルがめちゃくちゃおいしかったですね。生地の表面にクラッシュされたココナッツがまぶしてあるんです。

ーーおいしそうですね。

他にも都内のお気に入りベーグルはいっぱいあります!幡ケ谷の「634ベーグル」のベーグルも、ボリュームがあって食べごたえがあって私好みです。フィリングやクリームが入っているのではなくて、生地そのものに素材を練り込んでいるのが特徴です。

img_suki_002-09

ベーグルサンドでおいしかったのは、「Cafe masumiya」ですね。以前お仕事でご一緒させていただいたスタッフの方が、SNSを見てくださっていたのか、私のベーグル好きをご存知で。このベーグルサンドを用意してくださったんです。

img_suki_002-10

ーーSNSから小川さんの好物を調べてくださったんですね。

サンドウィッチって、生地が柔らかい方が食べやすいとされるじゃないですか。あんまり噛みごたえがありすぎると、食べてて疲れちゃうし。でもこのお店は、ベーグルの生地もしっかりしている上、中の具材もしっかり入ってて!原宿にあるお店にも行ってみたいですね。おすすめです。

仲間たちと作った「パンスタグラム」

img_suki_002-11

ーー本当に愛と熱量がすごくて、SNSにもそれがあらわれてますよね。小川さんのInstagram、タレントさんなのに、自撮りよりもベーグルの方が投稿数が多いという(笑)。

今は自分の写真も投稿しているんですけど、Instagramを始めたばかりの頃は、本当にパンしかアップしていなかったです(笑)。私はあまりSNSに詳しくないんですけど、モーニング娘。同期の高橋愛ちゃんがSNSに詳しかったんです。ある日、愛ちゃんが「麻琴、そんなにベーグル食べてるなら、絶対インスタやってパンの写真を載せたらいいよ!」って言ってくれたんです。

ーーさすが、高橋愛さん……!

私も更新は苦手だけど、「食べたもの記録なら続けられるかな?」と思って、「じゃあ作る~」と、その場で一緒にInstagramアカウントを作ったんです。だからきっかけは愛ちゃんですね。最初の投稿は全部パン。「パンスタグラム」でした。

ーー「パンスタグラム」!

当初は「需要あるのかな?役に立ってるのかな?」と思ってましたけど、さっきもお話したように、仕事先の方が「小川さんってベーグル好きなんですね!」と、私のことを事前に知ってくれることもあるので、好きなことを発信していくことって大事なんだなって気づきました。

ーーInstagramに投稿する上で、こだわっていることはありますか?

ベーグル用の食器は決めているんです。私はあんまり「インスタ映え」を気にしてなかったんですけど、元AKB48のうっちー(内田眞由美)が「麻琴さん、パンをInstagramに載せるなら、見た目にもこだわった方がいいと思います。食器とかも!」とアドバイスをくれたんです。

ーー内田眞由美さん、飲食店「焼き肉IWA」の経営を手掛けていらっしゃるだけありますね……!

しかも、うっちーが食器とランチョンマットを「これ使ってください」って、プレゼントしてくれたの!それからずっとベーグルをInstagramに載せるときは、その食器を使っています。私のパンスタグラムは、友達に支えられて進化してきたんです。

img_suki_002-12
元AKB48 内田眞由美さんにプレゼントしてもらったパン型のお皿

ーーお友達や同期の愛を噛み締めながら楽しんでいるんですね。今日はベーグルへの愛をふんだんに語ってもらいましたが、小川さんには今後の野望があるんだとか。

そうなんですよ!今、自分のプロデュースするベーグルを作ろうって企画が進行中なんです!試食を重ねている段階なので今はまだ言えないんですけど、とあるベーグルショップさんと一緒に、私の「好き」を詰め込んだベーグルを作っています。今後も色々展開していきたいですね。

img_suki_002-13

小沢あや

ピース株式会社 代表取締役。音楽レーベルで営業とPRを経験後、IT企業を経て、2018年に独立。エッセイのほか、女性アイドルやミュージシャン、経営者のインタビューを多数執筆。Engadget日本版にて「ワーママのガジェット育児日記」、「フリーランスな私たち」連載中。豊島区公認の池袋愛好家としても活動している。

この記事をシェアする

取材・編集:小沢あや
構成:藤谷千明
撮影:曽我美芽