「肉も食べ、野菜だってホドホドに食べましょう」ーー控えめ店主の思いがこもる、「ホドホド野菜」

テイクアウトのある風景 #13

2021.09.02

写真家の中川正子さんが写真と文章で綴る、「テイクアウトのある風景」。今回は、岡山でオープンしたばかりのお店、「ホドホド野菜」を訪れます。「ホドホド」どころか「爆盛り」の野菜プレートには、店主 川口裕彦さんの、「大それたことは言いたくない」、でもすてきな思いがこもっています。


夏休みは忙しい。子どもの学校がある期間は8時前に彼がでかけていく。わたしたちはそのあと、大人のスケジュールを始める。そんな日々とは違い、子どもは毎日家にいる。そしてすぐ、お腹を減らす。

とくにお昼。どうしてすぐにお昼になるんだろう。時間が夢のように過ぎていく。仕事がのってきたころ、日焼けした小学生がまわりをうろうろし始める。「今日のお昼なに?」え、もうそんな時間。あとちょっと集中できたらよかったのに。今日そうめんでいいかな。

そんな日々が続く。楽しいけれど、時間管理が常に課題。ある日、息子が友達の家に朝から遊びに行った。今日はもう、ランチに、誰かの作った何かが食べたくなった。食べたいものの方向性はわかっている。自分ではランチで使わないほどのたくさんの食材と、野菜がふんだんに使われている何か。

img_takeout_013-01

「ホドホド野菜」。先月オープンしたお店に行くことにする。スーパーフードとかグレインとか。好きな予感しかしない。。ずっと気になっていたお店だから、早く行きたくてクルマに飛び乗る。

岡山市の中心から少し離れた住宅地。ついたそこは、かわいい一軒家。ネオンサインがいいかんじ。

img_takeout_013-02

メニューを見せてもらうと、たくさんのチョイスがある。カカオニブ、シード、グレインズ、ビーンズ…。

そうそうそう、そういうの。今まさに求めていたもの。胸が高鳴る。昼から細々と茹でたり戻したりしてる場合じゃないわたしが欲していた、小さきすてきなよきものの集まり。そしてケールやビーツ、スプラウトなどの野菜がみずみずしく並ぶ。

img_takeout_013-03

トッピングを自分で一から選ぶこともできるけれど、わくわくして目移りしてしまう。初めてだし、まずはお店おすすめのトッピングを載せたサラダプレート三種の中から選んでみることにする。

グレインズサラダ。グレインズ、つまり雑穀ですね。それと、ナッツ。あとは人参ドレッシングのもの。

デリは三種選べる。たとえば、ひじきとめかぶ、紫キャベツのイタリアンハーブマリネ。好きなものしか入ってない。うれしい。

img_takeout_013-04

店主の川口裕彦さんは、岡山県総社出身。10代の終わりに本人曰く「ふらっとノリで」東京へ。そしてそのまま、飲食の道へ。下北沢でマルサンというカフェバーをやっていた。

img_takeout_013-05

わたしも東京に暮らしていたころ、何度か行ったことがある。お酢のドリンクがおいしかった居心地のよいお店。12年続けたそこを離れ、家庭の事情などのタイミングが重なり、岡山に戻る。気になっていたスーパーフードのお店を始めることにした。

img_takeout_013-06

無口な彼が出してくれたサラダプレートの野菜の量を見て驚く。これ、ぜんぜん「ホドホド」じゃないじゃないですか。「爆盛り野菜だよね。」一緒に行った友達も笑う。ほんとうに、野菜まみれ。まさにわたしが求めていたもの。

img_takeout_013-07

お酢のドリンクも一緒に。レモングラスのビネガードリンク、ソーダ割。熱いからだに染み渡る。

img_takeout_013-08

そもそも店名の「ホドホド野菜」って?と尋ねると、彼ははずかしそうに教えてくれた。

野菜中心のお店にしようと思ってたから、もともとは「野菜中毒」なんて名前も候補にあったと。でも、「野菜をみんな食べましょう!」なんてえらそうなこと言いたくないなって思ったそう。

「肉も食べるし、野菜だってほどほどに食べましょうよ」そのくらいでいいや、と。

img_takeout_013-09

「いや、ほんと、大それたこと言いたくないんですよ。」わたしと同い年だという彼は、語ったことを照れたように黙々と食材と向き合っている。その様子、失礼だけど、5年生の息子の友達に似てると思った。元気いっぱいで一生懸命で、たくさん話さないあの子に。

img_takeout_013-10

爆盛りの野菜には、ドレッシングがよく絡み、すいすいお腹に収まっていく。キヌアやもち麦、押麦。プチプチした雑穀がよきアクセントに。添えられたスパイスが効いたアボカドのデリも混ざっていく。めかぶもひじきも。インド料理のミールスにも似た、この渾然一体感がすき。こういうのがまさに、食べたかった。

img_takeout_013-11

肉好きの男子たちと暮らす我が家では、サラダにここまで手をかけていられない。これ、テイクアウトってできますか?

もちろんと、大きな容器にぎゅうぎゅうにつめてくれた。

img_takeout_013-12

仕事がたまってまだランチできてないってさっき連絡のあった友達に届けることにする。きっと、喜んでくれるはず。絶対すきだもん、これ。

ごちそうさまでした。野菜とスーパーフードの摂取に定期的におじゃまします。ほどほどじゃなく、もりもりのやつを。

img_takeout_013-13

店舗情報

ホドホド野菜

岡山市北区西小松234-101

営業時間 11:00〜14:00、17:00〜20:00
定休日 日曜

※営業時間は変更になる場合があります。
お店のInstagramでご確認ください。

@hodohodoyasai 

中川正子

写真家。津田塾大学在学中、カリフォルニアに留学し写真を始める。自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、書籍など多ジャンルで活動中。2011年3月より岡山を拠点に、国内外を旅する日々。最新作は『Rippling』ほかに写真集に『新世界』『IMMIGRANTS』『ダレオド』などがある。文章執筆の仕事も多数。fua accessoryとのコラボレーションで短編「モキク」を発表。開設したオンラインストアも好評。

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する