好きなのは、野菜と魚。健康的なごはんと絵本の読み聞かせですくすく育つ三兄妹

となりのおうちの「1週間ごはん」#9

2021.07.14

普通の家庭のリアルな1週間のごはんを紹介するシリーズ「となりのおうちの『1週間ごはん』」。今回のご家庭は、両親とお子さん3人の5人家族です。「好き嫌いがほとんどない」というお兄ちゃん二人のおかげで、食卓はとっても健康的。メインのおかずに煮豆や酢の物、ごま和えなど、定食屋さんのようなメニューが並ぶ1週間の夕食を紹介してもらいました。

img_weekly_009-guest

(左から)友野さん、みーちゃん、おーちゃん、秀彰さん、きよちゃん

母・友野さんは、元幼稚園教諭。自宅で絵本の読み聞かせのレッスンを開くことも。父・秀彰さんは、児童書に関する編集者。長男・きよちゃんは7歳でポケモンと将棋が好き。次男・おーちゃんは幼稚園の年中さんで、とってもお茶目。みーちゃんは1歳で、末っ子長女。蝶よ花よと育てられています。

圧力鍋で、お迎え前に煮物を用意しておく

img_weekly_009-01

——では、まず月曜の夕食についてうかがっていきます。


img_weekly_009-mon

ごはん、手羽元のやわらか煮、きゅうりとワカメのごま酢の物、ほうれん草のごま和え、煮豆、豆腐とねぎのお味噌汁、棒々鶏サラダ、ゆでブロッコリー、ミニトマト


友野 この日は幼稚園が終わったら公園に行こうと思って、圧力鍋を使って手羽元のやわらか煮を事前に仕込んでおいたんですよね。圧力鍋を使えば、調味料とお肉を入れて、何分か加熱して、あとは火を止めて放置すれば出来上がり。その準備をしてから、次男を幼稚園に迎えに行って、そのまま公園で遊んだんです。

——時短ワザですね。定番の和食というか、定食屋さんなどで出てきそうなごはん!品数も多い。

友野 言われてみれば、昔ながらのおかずが多い素朴なごはんですね(笑)。お兄ちゃんふたりは野菜が好きなんですよ。だからこういう感じのごはんになるんです。

img_weekly_009-02

長男 おれはフルーツ好きじゃないから。

友野 果物より野菜が好きだよね。フルーツ以外はなんでも食べます。長男は1年生になって給食が始まってから、よりなんでも食べようと思うようになったみたいで。

次男 おーちゃん、バナナがフルーツの中で一番大好き。

秀彰 おーちゃん、苦手な食べ物は?

次男 キムチ。

長男 おれはキムチ大好き!わさびも好き。

次男 おーちゃん、わさび大嫌い。

——わさびも食べられるとは、長男くんすごいですね……!

友野 長男は辛いものが大好きで、キムチやわさびも平気ですし、カレーも大人と同じ辛さのものを食べます。

あと、ごま和えや酢の物は前日に作っておいた常備菜です。夫がお弁当を持っていってるので、そこに入れるおかずは前日に作っています。


img_weekly_009-tue

ごはん、バジルカツ、ブロッコリースプラウト、ほうれん草のごま和え、納豆、ねぎとじゃがいものお味噌汁、煮豆、きゅうりとワカメの酢の物


——バジルカツというのは、衣にバジルがついてるのでしょうか。

友野 そう、生協の商品なんです。揚げるだけで簡単だし、子どもたちもよく食べるので重宝しています。ブロッコリースプラウトは、子どもたちの好物なんですよ。

——いやあ、好きな食べ物が健康的ですね。

友野 ブロッコリースプラウト、付け合せとしても使いやすいんですよね。汁物なら娘も食べられるので、なるべくお味噌汁をつけるようにしています。

img_weekly_009-03少しずつ、家族と一緒のごはんを食べ始めた1歳の娘ちゃん。この日はご機嫌で一人遊びをしていました。

自転車で魚屋さんへ。旬の丸魚をさばいてもらう


img_weekly_009-wed

ごはん、鮭、がんもとしいたけとにんじんの煮物、鶏手羽(残り)、大根と豆腐と小松菜のお味噌汁、煮豆(残り)、さくらパウンドケーキ


友野 水曜はバタバタしていたんですよね。上の二人がサッカーを習っていて、幼稚園部と小学部で時間帯が違うんです。先に次男を連れて行って、あとから長男が一人で来る、というかたちになる。外に出ている時間が長いので、煮物を作っておいて、帰宅して鮭を焼くだけ、という状態にしておきました。でも帰ってからなんとなくダラダラしてしまって、けっこう夕食が遅くなっちゃいました。

——パウンドケーキはデザートですか?

友野 これ、お祝いのケーキなんです。次男はサッカーに行くと、習いたくて行ってるはずなのになぜかいつも泣いてしまって。でも、この日は初めて最初から最後まで泣かなかったので、「泣かなかった祝い」でケーキを買いました(笑)。

秀彰 近くに洋菓子の直売工場みたいなところがあって、そこのケーキです。安く買えておいしいんですよ。

img_weekly_009-04取材中、お母さんに突然「リップ塗った?」と聞く次男くん。色がつかないリップを塗ってもらってご満悦。

——この日のごはんも、焼き魚定食って感じですごくいいですね。大人もうれしいラインナップ。

秀彰 子どもたちは、魚も大好きなんですよね。

長男 今日は、太刀魚買ってきましたー。

次男 お魚大好き。

友野 自転車で行ける距離にあるスーパーの魚コーナーが充実していて、いろんなお魚が丸ごと売ってるんです。そこに、男三人衆で買い物に行くんです。

次男 おやすみの日はね。

秀彰 サヨリなどもあったけど、太刀魚が食べたいと言われて太刀魚にしました。長くておもしろいんですよね。魚コーナーでさばいてもらったので、刺し身で食べる予定です。

——お子さんの希望で太刀魚にしたんですね。好みが渋い……!


img_weekly_009-thu

カレーライス、棒々鶏サラダwithゆで卵、トマト、まいたけとエリンギのバター醤油ソテー


友野 この日は、前日夕食が遅くなったときに「カレーだったらもっと早く食べられたのに」と思って、その気持ちのままカレーにしてみました。

——カレーも野菜たっぷりでいいですねえ。

友野 ほぼ野菜ですね(笑)。棒々鶏サラダは、きゅうりを入れたら完成するサラダベースを使っています。トマトはおーちゃんが切ってくれたんだよね。

秀彰 トマトどうやって切ったの?

次男 こう切って、こう切って、こう切った。

img_weekly_009-05トマトを切る様子を実演してくれました

——子ども用の包丁があるんですか?

友野 そうです。おーちゃんはトマトが大好きなんですよ。

——まいたけとエリンギも大量ですね。

友野 きのこはバター醤油炒めにするとすごくたくさん食べてくれますね。こうやって写真で見ると、茶色くて「映え」ないんですけど(笑)。

お好み焼きは「オールインワン」。野菜・肉・炭水化物がこれ一つで


img_weekly_009-fri

お好み焼き、トマト


友野 だんだん疲れてきて、品数が減ってきてます(笑)。

——月曜日と比べると(笑)。毎日ごはんを作ってると、週末が近づくにつれて疲れちゃいますよね。

友野 しかもこの日は、お好み焼きを作ろうと思ったのに、たこ焼き粉しかなくて、結局たこ焼き粉で作ったんですよね。

秀彰 甘みがちょっと少ない感じだったね。さっぱりしてるというか。

img_weekly_009-06パソコンでプログラミングの教材をやる長男くん。分からないながらもやってみたくてのぞき込む次男くん。

——お好み焼きって野菜もお肉も炭水化物も一気に摂ることができていいですよね。

友野 そうそう、オールインワンな感じです。

——平日の夜は、友野さんとお子さんで食べる、という感じなのでしょうか?

友野 そうですね、いつメン(いつものメンバー)で先に食べて、夫は帰宅したら食べる、という感じですね。

——家庭内のいつメン(笑)。

秀彰 在宅勤務のときは一緒に食べて、そうでないときは先に食べてもらいます。


img_weekly_009-sat

カレーうどん&カレーそば


友野 余ってたカレーのアレンジですね。この日はお昼ごはんをたくさん食べたので、夜は軽めにしました。

——これは、うどんとそばの両方作ったということですか?

友野 うどんもそばも全員分には足りなかったので、うどんの人とそばの人で分けたんです。長男はそば派で、次男はうどん派。私は少しずつ両方入ってました。カレーを出汁でのばして、おあげを入れたらけっこうおいしくて、子どもたちもよく食べてくれましたね。

秀彰 これおいしかったね。


img_weekly_009-sun

ごはん、鶏もも肉うま塩ねぎだれ、ブロッコリーごまマヨ和え、じゃがいもとねぎとにんじんのお味噌汁、新玉ねぎ明太バター、きゅうり辛子漬け、枝豆


友野 この日、いっぱい作ってるな。

秀彰 気合が入ってる。たしか、運動会の日だったよね?

友野 そうそう、次男の運動会があったけど、学年別での開催なので午前中の1時間くらいで終わったんです。それで、昼に次男リクエストのオムライスを作って、それで打ち上げも終わり。で、夜はもう普通のごはんでした。

——運動会なんてあったっけ?と(笑)。

友野 そんな感じでしたね(笑)。鶏もも肉うま塩ねぎだれは、こういう感じの味が食べたいというリクエストがあって作ったんです。おいしかった。新玉ねぎは私の実家から送られてきたものです。父が趣味で畑をやっているんですよ。

img_weekly_009-07「ログアウトしちゃった」とお父さんにパソコン画面を見せに来た長男くん。娘ちゃんも興味あるのかな?

——加熱した玉ねぎに明太バターをのせてるんですか?

友野 はい。玉ねぎをレンジでチンしたあとで、のせてます。次男の分は、明太バターなしです。きゅうりの辛子漬けも実家から送られてきました。母が漬けたんだそうです。

絵本と食事で、子どもの心と体が育まれていく

——もともと友野さんは料理をするのが好きなのでしょうか。

友野 キッチンに立つのは好きですね。料理もですし、パンを作るのが好きなんですよ。以前、パン作りの先生と一緒に、パン作りと絵本の読み聞かせを組み合わせたレッスンを開いていたんです。それで私自身もパン作りが好きになりました。

——パン作りと絵本という組み合わせはおもしろいですね。

友野 食べ物も絵本も、同じように子どもをつくっていくものだと思うんです。うちではごはんを食べるのと同じように、絵本を読んでいます。この1週間の献立に、その日読んだ絵本を入れたいくらい。

img_weekly_009-08

——読み聞かせの時間を設けているんですか?

友野 時間を決めているわけではなく、「読んで」と言われたら読む感じですね。日課のようになっているのは、朝、長男を送り出したあと、次男が幼稚園に行くまでの時間に絵本を読む、ということ。あとは寝る前とか。

秀彰 寝る前は、ほぼ毎日読んでるよね。

——なにか、おすすめの絵本はありますか?

友野 さっき、魚屋さんの話が出てましたが、この『きりみ』という絵本はおもしろいですよ。サケやヒラメ、マグロなどいろんなお魚の全体図や切り身になった姿などが描かれているんです。買ってきた魚と見比べたりすることもあります。

img_weekly_009-09子どもスペースには絵本がずらり。色別にしまってあるのは、子どもたちでも簡単に片付けられるからだそう。

——あ、太刀魚も載ってる!それで知っていたんですね。長男くんは、何のごはんが好き?

長男 うーーーーん。

秀彰 最近は、揚げないメンチが好きだよね?

友野 オーブンで焼くメンチカツね。

長男 そうそう。でも……一番好きなのは、焼き肉です!!

次男 おーちゃんは、焼き鳥!!

友野 外で食べるものと買ってくるものだ。そんなものですよね(笑)。

——おうちのごはんがとってもおいしいのは、当たり前なんでしょうね(笑)。きっと、実家を出たらそのありがたさに気づくはず……!楽しいお話、ありがとうございました。

崎谷実穂

札幌生まれ。2012年、ライターとして独立。現在はビジネス、教育関連の記事や書籍のライティングを中心に活動。著書に『ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命』、『Twitter カンバセーション・マーケティング』、共著に『混ぜる教育』。構成協力に『発達障害を生きる』(NHKスペシャル取材班編)など。食に興味があり、ホームパーティ料理を習う連載を担当していたことも。料理をするのも外食するのも好き。
この記事をシェアする

撮影:村上未知

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する