子どもたちからもらうパワーを源に。辻希美さん、笑顔の秘訣

Bento For Me 〜わたしのごほうびお弁当〜

2021.04.30

ごはんやお弁当を「作る」側のみなさんに、「自分だけ」のお弁当をプレゼントする「Bento For Me 〜わたしのごほうびお弁当〜」。今回のゲストは、4人のお子さんを育てる辻希美さんです。

「韓国風」「東南アジア料理」「和風鶏肉料理」をリクエストした辻希美さん。「私の三大大好物を一つのお弁当にぎゅっと詰めてほしい!」という贅沢なオーダーに、料理研究家の山崎志保さんが応えたお弁当は、その名も「よくばりアジア三段弁当 

img_gohoubibento_003-01.jpg

牛丼にコチュジャンを添えたり、タイの焼きそば「パッタイ」をかつおだしでスープ仕立てにしたりと、ひと工夫、ひと技が光るお弁当に、「すごーい!」「参考になるなぁ…!」と、辻さんは感動しきり。

「おいしい…」としみじみ味わいながら、「自分のためにだれかがお弁当を作ってくれるなんて何年ぶりだろ?めちゃくちゃうれしい!」育ち盛りのお子さんのために毎日奮闘するお母さんだからこその心の声がもれます。

十代の頃からアイドルとして活躍し、現在は中2、小5、小3、2歳と4人の子育てママとしてがんばる辻さん。お弁当の思い出、日々の家事や育児の苦労、そして喜び、たっぷり語っていただきました。

ぜひ動画とテキストの両方でお楽しみください!

img_gohoubibento_003-02.jpg

ーーお子さんにお弁当、作ってますか?

幼稚園時代は毎日でしたが、今は主に中2の長女が部活の日に作っています。今思うと、幼稚園のお弁当の方が大変でしたね。いろいろ食べさせたいのでおかずはたくさん作らなきゃいけないけど、お弁当箱が小さいからすぐいっぱいになっちゃう。余ったものを次の日に回せばいいのかもしれないけど、それは罪悪感があって……。お弁当箱というちっちゃな枠に振り回されていました(笑)。それに比べたら、今は大きなお弁当箱なので作り甲斐があります。

不思議と「お弁当」というだけで子どもたちのテンションが上がるので、いつものごはんをお弁当箱に詰めて、お天気のいい日は外で食べたりしています。お弁当マジックなのか、子どもたちも大喜び!

ーー辻さん自身のお弁当にはどんな思い出がありますか?

やっぱり「仕事現場のお弁当」が思い出深いですね。特に十代の頃、毎日がむしゃらに仕事をする中で唯一の楽しみがお弁当でした。

ただ、モーニング娘。時代は年功序列で、下っ端の頃は年上の人が選んだあとのお弁当にしかありつけず……。ハンバーグと唐揚げが大好きだったのですが、大抵残ってなくて「くっそー!」と(笑)。

img_gohoubibento_003-03.jpg

新メンバーが入ってくると少し早く選べるようになり、「私も先輩になったんだなぁ」なんて実感していました。

幼稚園の頃は、母が毎日お弁当を作ってくれていました。甘じょっぱい卵焼きが入っていて、幼心にそれが「いつもの母のお弁当」と感じていたように思います。

今、私も同じ味の卵焼きを子どもたちに作っていますし、最近は長女もお手伝いをしてくれるのですが、娘が作る卵焼きも同じ味。きっと私にとっての母の味は、娘にとっても母の味になっているのだと思います。

ーー20歳でご結婚され、すぐに出産。それまでの仕事一色だった生活はどう変わりましたか?大変だったことはありますか?

実は結婚と同時に仕事は辞めようと思い、2年弱は家事と育児に専念しました。

でも、そもそも家事なんてやったことがなかったので、料理も掃除も洗濯も何もできない。洗濯は洗濯機のスイッチを押してハンガーにかければなんとかなりましたが、料理は本当に苦労しました。リンゴもむけない、麺も茹でられない、からのスタートだったので(笑)。

img_gohoubibento_003-04.jpg

さらに夫(杉浦太陽さん)は関西出身で、東京育ちの私とは食文化が違う。夫が長期間関西に滞在する仕事が入ったときに、私も一緒に行って義理の母から関西風のだしの取り方から何から、みっちり教えてもらいました。

あとは、調理師免許を持つ私の両親に聞いたりして。ただ、母の料理はいつも目分量。「鍋に1周ぐるっと入れて、あとは好みで調整するといいよ」みたいな大雑把な教え方で(笑)。でもそのやり方が私にはとても合っていたみたいで、今では煮物が得意料理になりました。

ーー現在、ご夫婦とお子さん4人の6人家族。毎日のごはん、どんな風に献立を決めていますか?

長女はグラタンやドリアなどチーズを使ったイタリアン系、長男はステーキなどの肉系!次男はお寿司などのお刺身系と、好物がバラバラです。

なので、メインは子どもたちの好きなものをローテーションし、それに合わせて副菜を何品か、という感じで回しています。

パパは夜はお酒を飲むので、その副菜をつまみに。筋トレしていることもあり、鶏のささみかムネ肉を入れておけば満足してくれます。パパがいちばん安上がりかも(笑)。

img_gohoubibento_003-05.jpg

ーー今日は疲れてごはん支度したくないな、という日はどうしていますか?

お惣菜など出来合いのものを買ってきたら楽なんだろうなとは思うものの、食べ盛りの子どもがいると量が必要で、結構な金額になってしまう。結局は自分で作っちゃいますね。

ただ、「今日は楽したい」という日にはとっておきメニューがあります。卵と鶏肉のそぼろをかけた「2色そぼろごはん」。子どもたちが大好きで大喜びしてくれるし、私は楽できる。みんなが笑顔になれるごはんです。

img_gohoubibento_003-06.jpg
今回のお弁当を作って下さった山崎志保さんと

あと、最近電気圧力鍋を手に入れまして。これがめちゃめちゃ優秀! 末っ子の三男がまだ小さいので魚は骨を1本1本とってあげなければいけないのですが、電気圧力鍋だと骨までホロホロに。そのまま全部食べられて栄養たっぷりだし、何よりすごくおいしい! カレーだってほったらかしで完成しちゃう。

実は私、「信用しないタイプ」で(笑)。食洗機より手洗いしたい、温め直すなら電子レンジより鍋で、と思ってしまうんです。

同じように電気圧力鍋も最初は疑ってかかっていましたが(笑)、ものすごくいい仕事をしてくれて、毎日大活躍です。

img_gohoubibento_003-07.jpg
カメラマンさんの、「このカメラは信用して!」の掛け声にとびきりの笑顔をみせてくれました

ーー最後に、毎日がんばるお母さんたちにメッセージをお願いします。

お母さんって家事に育児に追われ毎日大変。なのに周りからは「やって当たり前」とほめてもらうこともない……。なんで私だけ?なんのためにがんばってるんだっけ?って思っちゃうこともありますよね。

でも、よく見ていると、子どもたちは大好きなお母さんにたくさんの勇気や元気、パワーを送ってくれているはずです。それに応えられるよう、お母さんとしても女性としても、自分を大切に、一緒に、がんばりすぎずにがんばっていきましょう。笑顔がいちばん!

img_gohoubibento_003-08.jpg

辻希美さん

2000年、モーニング娘。の第4期メンバーとしてデビュー。同グループを卒業後、ユニット活動を経てソロとして数多くのバラエティ番組に出演。2007年に結婚。
現在は4児の母親として育児の傍ら、TV・イベントに出演のほかアメブロInstagramを日々更新中。オリジナルKID'Sブランド「Ange Charme(アンジュ シャルム)」のプロデュースをスタートし、YouTube「辻ちゃんネル」では飾らない等身大のリアルな部分が共感を呼んでいる。

 

この記事をシェアする

文:中津海麻子
撮影:前康輔
ヘアメイク:福田翠
スタイリスト:トリイクニコ
ムービー制作:株式会社BPPS