混ぜるんや、大阪のカレーは混ぜるんや。

アイスム × note「私のイチオシレシピ」 #9 〜うちのカレー〜

2023.01.17

img_ichioshi_009-01

アイスムとnoteによるエッセイコンテスト第三弾では、三名の受賞者を選ばせていただきました。第三弾では「うちのカレー」をテーマに、オリジナリティあふれる、おうちで作れるカレーをご紹介します。レシピはもちろん、一人一人の料理に込められた物語もぜひ楽しんでくださいね。

今回は、ニッポンの洋食大好き!料理をしつつ物書きもしているトケイヤkitchenさんのエッセイ「混ぜるんや、大阪のカレーは混ぜるんや。」です。思い出深い大阪カレーには、香味野菜がたっぷりと入っているそう。ぐるぐる混ぜるのも楽しそうなカレーレシピは必見です。


「カレー」というと、こういう絵が頭に浮かぶ方は多いと思います。

img_ichioshi_009-02

お皿の半分に白いごはんが輝き、その周囲を埋め尽くすのは琥珀色のカレーソース。

スプーンですくったカレーをごはんにからめてひとくちパクリ。
ごはんとカレーはそれぞれ独立して色と味を主張しながら存在し、それを一緒にすくってまた食べる。パクリ。

でも、私がそんなカレーを知ったのは、中学生の頃でした。

え?じゃあそれまではどんなカレーを知っていたの?
と問いたくなりますよね。

想い出のカレースタイル

私がずっと知っていたカレーは、これです。

img_ichioshi_009-03

今となっては全国的にも知られていると思いますが、いわゆる「大阪スタイルの混ぜカレー」。

これをアレンジしたようなカレーが実家の定番でした。アレンジといったのには理由があります。

img_ichioshi_009-04

わが家でもカレーはこんな感じで、ごはんとカレーはセパレートで盛り付けられていました。

でも食べるときに、ここにまず卵を割り落とします。
それからウスターソースをかけます。
そして全体をよく混ぜてから、食べていたんです。

それがカレーだと思っていました。

その後、外でカレーを食べるようになって「カレー、混ぜないんだ」とか「ウスターソースはかけないの?」とか、いろいろ思うところはあったのですが、その時を経て、今では一般的なカレーがスタンダードだと思っています。

でも、わが家のあのカレーってなんだったんだろう。そんな思いはずっとありました。

そしてたまたま見ていたテレビで知ったのが、「自由軒」さんのカレーだったのです。どういう経緯かはわからないのですが、わが家のカレーは、まさにあの大阪名物 自由軒さんのカレースタイルでした。

大阪スタイルのカレーは、エコレシピでもある

今でも懐かしくなって、たまに食べたくなるこの大阪スタイルのカレー。
トケイヤkitchenでは、エコレシピの定番です。

なにがエコなのかというと、このカレーを作るとき、メインのカレーソースはリメイク素材なんですよね。

カレーやビーフシチューを煮込むときに、にんにくとか玉ねぎとかセロリとか、いわゆる香味野菜をメインのお肉と一緒に煮込むのですが、冒頭の写真みたいな欧風カレースタイルにするときは、煮込んだ後にこしています。

こした後の香味野菜は、お肉やフォンドボー(だし汁)の旨味を吸っているわけで、捨てるなんてもったいなさすぎるんです。

そこで思いついたのが、懐かしい混ぜカレーにすることでした。

大阪風混ぜカレーのエコレシピ

img_ichioshi_009-05


材料(大まかな目安)

  • 煮込んだ後の香味野菜…適量
  • バター…5グラム
  • ごはん…お茶碗1杯分
  • カレー粉…大さじ2
  • ケチャップ…大さじ1
  • 水…1/4カップくらい

img_ichioshi_009-06

まずは、香味野菜を刻みます。

リメイクレシピとして、煮込んだ後の香味野菜を使いますが、ふだんであれば、にんにくと玉ねぎのみじん切りとひき肉や牛肉の細切れでOKです。

大阪のご当地グルメがベースなので、お肉は牛肉がおすすめです。大阪のカレーには牛肉を使うことが多いのです。

バターで炒めたら、そこにカレー粉をプラス。

img_ichioshi_009-07

全体にカレー粉がなじんだら、次はケチャップを加えます。

img_ichioshi_009-08

全体がなじんだら、そこに水を少し加えて軽く煮込みます。

img_ichioshi_009-09

ソースができたら、そのままごはんを投入。

img_ichioshi_009-10

全体を混ぜながらよくからめます。

img_ichioshi_009-11

お好みでこしょうやカイエンヌペッパーを足して、香りと辛みを調節してください。

盛り付けは命

さあ、盛り付けをしましょう!このカレーの大きなポイントです。

img_ichioshi_009-12

お皿の中央をあけて、ドーナツ型に盛り付けます。

img_ichioshi_009-13

真ん中に卵をどどーんとおき、ウスターソースをまわしかけます。
このルックスが命です。

img_ichioshi_009-14

そして、食べるときはもちろん、これ。
卵を崩して混ぜながらいただきます。

混ぜるんや、ぎょうさん混ぜて食べるんや

ウスターソースのスパイシーさがカレーのアクセントになりつつ、卵がまろやかさを加えてくれて、スタンダードなカレーとは違う個性的なおいしさなんです。

でも味のベースはカレー粉なので、やっぱりカレーでもあるのです。

混ぜて、混ぜて、一体感の出たカレー。おしゃれなカレー屋さんも増えましたが、こういうやんちゃなカレーもおいしいですよね。

ぎょうさん混ぜてもりもり食べるんがええんやで。

トケイヤkitchenさんのnoteはこちら

トケイヤkitchen

おうちごはんレシピプロジェクト「トケイヤkitchen」としてnoteほかTwitter、Medy、Instagramなど各チャネルでレシピを中心にしたフードエッセイやコラムを執筆中。子どもの頃から食べることが大好きで、学生時代の飲食店でのアルバイトをきっかけに料理を始める。ビストロ、カフェ、ビヤホール、バーなどで調理した経験を活かして洋食をメインにしたお酒に合うメニューが得意ジャンル。滋賀県生まれ。

この記事をシェアする

編集・構成:佐々木沙枝

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する