頭が良くなるって本当?魚料理で受験を応援!

六車奈々の子育てコラム「あいことばは、まあいっか」 #24

2022.02.17

img_nanarokusha_024-title

スーパーの鮮魚売り場でよく耳にする「おさかな天国」の歌。サビで歌っている「サカナを食べるとアタマが良くなる」は、本当の話です!!!

我が家では妊娠中から積極的に魚を意識した食事を取り入れ、出産後も授乳時、離乳食時はもちろん、今も週の半分以上は魚を食べています。ここまで魚を重視する一番の理由は、「脳に良いから」。魚を食べると、本当に頭が良くなります。ということで受験シーズン真っ只中の今回は、「魚料理で応援しよう!体の中から頭が良くなるお話」です。

img_nanarokusha_024-01

DHAは脳にはいれる特別な油!

青魚を食べると、DHAは小腸からリンパ管を経て血液に入り、脳に取り込まれていきます。今さらっと「脳に取り込まれる」と言いましたが、実はこれ、すごいことなのです!というのも、人間にとって最大の武器。鋭い爪も牙も持たない人類がこれだけ繁栄できたのは、大脳を大きくしたからですよね。

そこで、この大切な脳を守るために、脳の入り口はセキュリティが厳重になっています。脳の始まり部分ともいえる脳幹には『血液脳関門(ブラッド・ブレイン・バリア)』と呼ばれる関所があり、通過しようとする物質を厳しく制限しているのです。たとえば抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、βカロテンなどは、ここを通ることができません。

血液脳関門を通過し、脳内にはいれてしまうDHAは「脳に選ばれし者」なのです!

img_nanarokusha_024-02

脳内に入り込んだDHAは、神経細胞の細胞膜を柔軟にしてシナプスを活性化。頭の回転を良くしてくれます。さらにDHAは記憶を司っている海馬にも多く存在するので、DHAを増やすことは記憶力や学習力をアップするのに、とても効果があることがわかっています。

継続してDHAを摂取すれば脳が活性化し、脳全体の機能性も高まってきます。そしてこれは、受験を控えたお子様だけではありません。何歳になってもDHAを摂取すれば脳細胞は活性化されます。だから私も、週の半分以上は魚!お母さんも頭の回転を良くするために頑張っていますよ〜(笑)。
ちなみにDHAは母乳にも含まれていて、胎児期、 乳児期の脳の発達に欠かすことの出来ない重要な成分です。

魚は朝に食べるといい!

魚を食べるのはいつでも良いのですが、こと「DHAの効果」を求めるのであれば、朝がおすすめです。こちらをご覧ください。

img_nanarokusha_024-03
出典:国立研究開発法人産業技術総合研究所・マルハニチロ株式会社

これは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所とマルハニチロ株式会社の共同研究。グラフを見ると、魚油は朝食時に摂取した方が血中のDHA・EPA濃度がアップすることがわかります。つまりDHAを目的に魚を食べるなら、俄然朝がおすすめ。

とはいえ、平日の朝に魚を焼くのが大変な時もありますよね。そこで我が家は鮭おにぎりを作って冷凍しておいたり、冷凍しておいた鮭のほぐし身で鮭雑炊にしたりしています。

img_nanarokusha_024-04

そうそう、サバ缶を使ったお味噌汁も旨味たっぷりでおすすめです!もっと忙しい時には、DHA入りの魚肉ソーセージやコンビニのツナおにぎりを活用するのも良いですね。

img_nanarokusha_024-05

青魚が苦手な人は亜麻仁油を

「魚が体に良いことはわかっているけど、苦手で…」という方には、亜麻仁油がおすすめです。というのも亜麻仁油は、その一部が体内でDHAとEPAに変換されるのです!私の亜麻仁油の使い方に関しては、前回のコラムをご覧くださいね。

ちなみに私は亜麻仁油を15年ほど飲み続けていますが、本当に良いと実感しています。脳と美容のために飲んでいますが、お肌もすべすべ!保育士の受験前1週間は倍量を毎日飲み続けたおかげもあってか、無事合格できました!娘は3歳を過ぎた頃から、朝食後に亜麻仁油を小さじ半分ほど飲んでいます。

img_nanarokusha_024-06
朝食後は、スプーンで亜麻仁油をパクリ。

こうして亜麻仁油を毎日とっていると、たまにお肉の日が続いても「亜麻仁油を飲んでるし、まあいっか」と、思えるのでおすすめですよ。

お魚パワーでサクラサク。
受験生の皆さん、頑張って!お祈りしています!!!

六車奈々

京都府生まれ。1989年にモデルとしてデビュー。

女優、タレントとして活動しながら、2016年に“六車奈々の『食べる美人塾』”をスタートさせ、女性を対象とした美と健康に関する講演活動に取り組んでいる。

2019年には国家資格である保育士を取得。1児の母として自ら育児を楽しみながら、育児の楽しさと知識を伝える活動もスタートさせる。

この記事をシェアする

イラスト:あきばさやか
撮影:馬場伸子(SIGNO)
ヘアメイク:城所とも美

<参考文献>
産総研・マルハニチロ株式会社共同プレス発表「魚油による脂質代謝改善効果が摂取時刻によって異なることをマウスで発見―DHAやEPAの摂取は朝が効果的―」(2016), 2022年1月5日アクセス
西川正純, 「ドコサヘキサエン酸(DHA)の中枢神経に及ぼす影響 ~イオンチャネルからのアプローチ~」, 2022年1月15日アクセス
柴田重信, 古谷 彰子,  「時間栄養学とn-3系脂肪酸」, 2022年1月5日アクセス
橋本道男, 「ドコサヘキサエン酸による脳機能改善作用と神経疾患への応用」, 2022年1月15日アクセス
厚生労働省, 「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会報告書」, 2022年1月5日アクセス
斎藤衛郎, 「n-3系多価不飽和脂肪酸の生理的有効性と栄養学的側面からみた安全性評価」, 2022年1月5日アクセス
寺田新, 「脂肪酸の種類や油脂の構造による消化・吸収および代謝の違い」, 2022年1月5日アクセス
青山敏明, 「中鎖脂肪酸の栄養学的研究 : 最近の研究を中心に」, 2022年1月5日アクセス
久保加織, 川勝聡美, 堀越昌子, 石永正隆, 「あまに油の保存性と食品への利用」, 2022年1月5日アクセス
農林水産省, 「脂肪酸」, 2022年1月5日アクセス

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する