おしえてミニトマト農家さん!あまいミニトマトをつくるには、どうすればいいですか?〜収穫編〜

届け!お手紙!!キッチンミノルのおうちで社会科見学

2022.10.11

べものにまつわる、こどもたちの「なぜ?」「どうして?」。おうちのかたもよくかれるのではないでしょうか。そこで、こどもたちからのお手紙てがみ片手かたてに、しゃしん絵本作家えほんさっかのキッチンミノルさんに、実際じっさい工場こうじょうやおみせの方に疑問ぎもんこたえを聞いてきていただきました!写真と動画どうがで、たのしくリポートします。社会科見学しゃかいかけんがくかけたつもりで、ぜひおさんといっしょに楽しんでくださいね!前編ぜんぺん栽培編さいばいへんつづき、後編こうへんではミニトマトの収穫しゅうかく様子ようすをリポートします!


img_kitchen_003-01

編集部補足)お手紙はこちら

ミニトマトをつくっているひと

わたしは ミニトマトがきです。
あまいのもあまずっぱいおいしいとおもいます。
それに、いろんなかたちがあっておもしろいです。
わたしは学校がっこうでミニトマトをそだてています。
しつもんがあります。おねがいします。
・おいしくそだてるにはどうしたらいいですか?
・いっぱいをつけるためにはどうしたらいいですか。
・わたしはいつもサラダでたべています。
おすすめのたべかたはありますか。
・おいしいミニトマトのわけかたはありますか。(スーパーで)

これからもおいしいトマトをいっぱいつくってください。

東京都板橋区とうきょうといたばしく さら8さいより


補足2)


編集部:注
みなみレッド

img_kitchen_003-02

愛知県の渥美半島あつみはんとうでミニトマトを栽培する45の農家さんが作ったチーム。おいしいミニトマトを食卓しょくたくとどけるために、チーム全体ぜんたいで栽培技術ぎじゅつ向上こうじょう販促はんそく活動に情熱的じょうねつてきんでいる。


ミニトマト(収穫編)

今日きょうもまたあつい……まちあわせのハウスにたどりつくまえに、スポーツドリンクをラッパのみ。熱中症対策ねっちゅうしょうたいさくはバッチリだ!

指定していされた場所ばしょはこのへんなんだけど……ここもおおきなハウスがならんでいるなぁ。

img_kitchen_004-01

小久保

キッチンさーん!おはようございます。

っていてくれたのは、みなみレッドの小久保こくぼさん。

キッチンミノル

あっ、おはようございます。

小久保

さぁトラックにって!

キッチンミノル

ん?現場げんばはここじゃないんですか?

小久保

今日はね。うちはここでメロンの出荷しゅっかをしているんだよ。

キッチンミノル

メロン!!メロンもいいですね〜

小久保

田原市たはらしはメロンも有名ゆうめいでね。ほかにはキャベツにレタス、ブロッコリーなどの野菜やさいのほか、キクやカーネーションなどのるいつくっている農家のうかさんもたくさんいる、農業のうぎょうがさかんな地域ちいきなんだよ。

キッチンミノル

すごい!だけどなんでそんなに農業がさかんなのですか?

小久保

ここは「常春とこはる渥美半島あつみはんとう」といわれるくらい、日照時間にっしょうじかん快晴日数かいせいにっすうがともに全国ぜんこくトップクラスなんだ。

キッチンミノル

なるほど!

小久保

だけどね……

キッチンミノル

だ、だけど?

小久保

むかしはみずがなかったんだよ。このへんにはおおきなかわがなくてね。

キッチンミノル

え〜トマトにはとくに水が大事だいじだっておしえてもらったばかりなんですけど!!

小久保

そう、農作物のうさくぶつは、水がないとつくれない。そこでやく50ねん前に東三河ひがしみかわをながれる豊川とよかわから水をひいたんだけど、それがこの豊川用水ようすい

img_kitchen_004-02

小久保

つまり渥美半島の気候きこうと、この用水のおかげでこのへんは農業がさかんになったんだね。

キッチンミノル

どんなに気候がよくても水がなければそこでは農業はできないわけですね。おはなしを聞いてからこの水をみると、ただの水にみえないです。

小久保

こういう貯水池ちょすいちがこの地域にはたくさんあるんだけど、年に数回すうかい、地域のみんなで掃除そうじをして大切たいせつにまもっているんだよ。

キッチンミノル

そうなんですね。”水なくして農業なし!”こころにとどめておきます。

小久保

あはは、そんなにおおきなこえさなくても……おっと、そろそろ収穫がはじまるはずだから、みなみレッドのメンバー、河合かわいさんのハウスをのぞきにいきましょう!

img_kitchen_004-03

キッチンミノル

はーい!

img_kitchen_004-04

小久保キッチンミノル

河合さん。おはようございます!

img_kitchen_004-05

河合

小久保さん、キッチンさん、おはようございます。今日もあついねぇ。収穫風景ふうけいの見学でしたよね。ぜひみていってください。

キッチンミノル

ありがとうございます。

河合

今日はあついから、あれやってみようかな〜

キッチンミノル

あれ?

河合

みていてくださいね。

img_kitchen_004-06

キッチンミノル

おお〜!これはなんなんですか?

河合

これは、ふゆ暖房だんぼう空気くうきをおくるものなんだけど、なつは空気だけをおくって、すこしでもミニトマトが快適かいてきにすごせるようにしているんだ。まぁ、どれほどの効果こうかがあるかはわからないんだけどね(笑)

キッチンミノル

中神なかがみさんのところではやってなかったような…

河合

これやっているのはうちだけかも、あはは〜

キッチンミノル

農家さんによってそれぞれやりかたがちがうんですね〜

小久保

収穫がはじまったばかりだから、まだ、いっぱい実がついていますね。

img_kitchen_004-07

キッチンミノル

本当ほんとうだ!

小久保

むこうでさんが収穫をしているみたいだからにいってみましょう!

img_kitchen_004-08

キッチンミノル

あれ?収穫しないものもあるんですか?

小久保

キッチンさんよくづきましたね!みなみレッドでは完熟かんじゅくするまで収穫しないってめているんです。

キッチンミノル

なんでですか?

小久保

なんでって、それは……おいしいから!

キッチンミノル

やっぱり!!だけど完熟かどうかを判断はんだんするのはどうしているんですか?

小久保

トマトのいろづきです。なるべくあかくなってから収穫しています。このひょうを見てください。

img_kitchen_004-09
暖候期はNo.3で収穫する場合もあります。

小久保

このNo.1かNo.2にならないと収穫しないように自分達じぶんたちで決めているんです。

キッチンミノル

へ〜こんな基準きじゅん表があるんですね。でも李さんはこの表をっていなかったですよ。

小久保

ちゃんとあたまなかにはいっているんです。プロですから。

キッチンミノル

本当ですかぁ〜?わたしは自分ので見るまで信用しんようしませんよ!

李さーん!いま収穫したものを見せてくださーい!!

img_kitchen_004-10

キッチンミノル

いやもっとちかくで!!

img_kitchen_004-11

李

どうですか?

キッチンミノル

わ〜すごい!まいりました〜

小久保

さらさんが質問しつもんしてくれた、ミニトマトをえらぶときのコツは、完熟していてハリのあるものを選ぶといいですよ!なんたってミニトマトは完熟しているほうがおいしいですからね。

キッチンミノル

わかりました!

小久保

ミニトマトはこのようにうえの方から赤くなるので

img_kitchen_004-12

小久保

今日は上のみっつだけを収穫して、のこりは後日ごじつ収穫するということをしています。

キッチンミノル

ただ収穫すればいいってわけじゃないんですね。

小久保

いつ食べてもおいしいとってもらえるように、品質管理ひんしつかんりはとても重要じゅうようなんです。

河合

キッチンさーん!今日もたくさんれました〜

img_kitchen_004-13

キッチンミノル

いっぱいですね!!そのコンテナ一箱ひとはこに、ミニトマトはどれくらいはいっているんですか?

河合

だいたい10キロぐらいです。

キッチンミノル

10キロ!!

河合

ひとりで1にちに150キロくらい採りますよ〜

キッチンミノル

おおー!

小久保

収穫したあとのミニトマトは選果場せんかじょうにもっていって、おおきさごとにけて箱詰はこづめして出荷というながれになります。

河合

選果場っていってもぼくいえなんですけどね。

小久保

ほら、だれかがミニトマトをりにきたみたいですよ。

img_kitchen_004-14

河合

ちち(河合秀敏ひでとしさん)です。

父

お〜取材しゅざいかぁ〜

キッチンミノル

はい。

父

写真もるのかぁ

キッチンミノル

はい!

父

おいおい、こんなおっさん撮ってどうすんだ〜

キッチンミノル

え〜と、す、すみません。おとうさんじゃなくてミニトマトの……

父

おう、そうかぁ!じゃあ撮れ!

img_kitchen_004-15

キッチンミノル

ありがとうございます!このあと、選果場にいっしょにいってもいいですか?

父

おう!こいこい!!

キッチンミノル

ありがとうございます。

img_kitchen_004-16

キッチンミノル

この機械きかいはなんですか!?

父

おう、これが選果機だ。この機械でミニトマトのおもさで仕分しわけしていくんだよ。

キッチンミノル

あら、あら、あららミニトマトがおどりながらまれていく〜

img_kitchen_004-17

img_kitchen_004-18

キッチンミノル

見あきないですね〜

父

そうかぁ、でもミニトマトの品質を見極みきわめながら作業さぎょうするのは、集中力しゅうちゅうりょく必要ひつようだしたいへんなんだぞ。だから矢沢永吉やざわえいきちのCDガンガンながして作業しとるわ。

キッチンミノル

気合十分きあいじゅうぶんですね。おそれいります!

img_kitchen_004-19

父

こうやって、重さごとに分かれてたまってきたら、つぎは箱詰めだ。

img_kitchen_004-20

父

箱詰めのときにも品質管理をしっかりして、わるいミニトマトがざらないようにしてるんだよ。

キッチンミノル

品質管理を収穫、選果、箱詰めとさん回もしているから、品質にバラツキがなくなってくるんですね。すごいなぁ。

小久保

キッチンさん、じつはまだ品質管理がのこっているんです。

キッチンミノル

まだ!!

小久保

出荷場にあつまったみなみレッドのミニトマトを、ちで品質にバラツキがないか自分たちで検査けんさしているんです。見にきますか?

キッチンミノル

行きます!行きます!もちろんです!!

img_kitchen_004-21

小久保

全国に出荷されるのを待つミニトマトがならんでいますね。この中から、無作為むさくいに箱を抜きだして検査するんです。

img_kitchen_004-22

キッチンミノル

ふうをしているものを一度いちどあけて、チェックしていくんですね。
品質はどうですか?

img_kitchen_004-23

河合

はい。問題もんだいないですね!

キッチンミノル

よかったぁ。なんだか見ているこっちも緊張きんちょうしました。

河合

わたしたちはこうやって自分たちで切磋琢磨せっさたくましながら、品質がよくておいしいものをみなさんに毎日まいにち食べてもらえるように日々ひびがんばっているんです。

キッチンミノル

いや〜よくわかりました。「おいしい」には理由りゆうがあるんですね。

河合

はい。もしスーパーで「とまらん♪」というミニトマトを見つけたらぜひ食べてみてくださいね。

img_kitchen_003-20

編集部:注「とまらん♪」とは、みなみレッドのみなさんが作っているミニトマトのブランドです。

img_kitchen_004-24

コラム ミニトマト農家さんにごあいさつ

みなみレッド 副代表ふくだいひょう 河合竜太郎りゅうたろうさん

img_kitchen_004-25

今日はうちのハウスにてくれてありがとうございます!

私は3年前にこのアイコを作りたくてみなみレッドに入りました。このみなみレッドの自由じゆう気質きしつが好きですね。いまではアイコだけを作っています。

いつもは7時30ぷんから仕事しごと開始かいしして、収穫、出荷、温度おんどとかのチェック、っぱの間引まびき、誘引ゆういんして選果を17:30までかえします。17:30からは、ハウスを見てまわり、次のに必要なものはないかを調しらべて、その準備じゅんびをしてわりです。

友達ともだちにミニトマトをおくったとき、普段ふだんミニトマトを食べない子どもがバクバク食べてくれたと聞くとうれしいですね。

ミニトマトのおいしい食べかただと、アイコをふんだんに使つかったミートソースはおすすめです。いつか商品化しょうひんかして販売はんばいしたいくらい。

わった食べかただと、田原市にある「バロック」というジェラートさんでうちのミニトマトを使った限定げんていジェラートを作ってくれています。おいしいですよ〜

img_kitchen_004-26

お手紙ありがとうございます。「ミニトマトが好き」と言ってくれてうれしいです。
私達わたしたちみなみレッドの生産者せいさんしゃは、みんなにおいしいトマトが食べてもらえるように、しっかりと実があかくなってから収穫をし、キズの入ったものやいたんだものが入らないように気をつけて箱づめをして出荷しています。
トマトのおすすめの食べ方ですが、私はサラダで食べるのも大好だいすきですし、カレーにれて食べるのも大好きです。「トマト入りカレー」は水を入れずに、トマトをいっぱい入れて作ります。あまくておいしいのでためしてみてください。
おいしいトマトの見わけ方は色づきがよく、ツヤとハリがあるものをえらびましょう。「とまらん♪」と名前なまえがついたトマトを見つけたら私達の作ったトマトなのでぜひ食べてみてください。
これからも栄養えいよういっぱいのトマトを食べて、元気げんきに楽しくすごして下さいね。

みなみレッド役員やくいん 小久保貴啓たかひろ

キッチンミノル

しゃしん絵本作家・写真家
アメリカ・テキサス州生まれ
18歳の時に噺家を目指すも挫折。法政大学を卒業後、不動産会社に就職。2005年、写真家・杵島隆に写真を褒められて、会社を辞め写真家になる。
身の回りの面白い事象を多くの人と共有することを目標に企画を発信している。
写真絵本『たいせつなぎゅうにゅう』(白泉社)、『マグロリレー 』(月刊かがくのとも 福音館書店)を発表し、近著では『キッチンミノルの写真教室』(筑摩書房)を上梓。写真のたのしい撮り方を広める活動もしている。

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する