きじまりゅうたさん直伝!「ゆずこしょう麻婆豆腐とトマトの中華サラダ」に西垣匠さんが挑戦

特別企画 HiM Films × アイスム

2022.06.07

img_himreport_003-01

「朝」をテーマにオリジナルストーリーをお届けするインスタメディア『HiM Films』とアイスムのコラボ企画、第三弾。俳優の西垣匠さんと料理研究家のきじまりゅうたさんが「ゆずこしょう麻婆豆腐とトマトの中華サラダ」を作るインスタライブを実施しました。

きじまりゅうたさんのオリジナルレシピとインスタライブ当日の様子をご紹介します。イベントアーカイブはHiM FilmsのInstagramアカウント(@him_films)にてご覧いただけます。

ゆずこしょう麻婆豆腐

img_himreport_003-02


材料(2人分)

img_himreport_003-03

  • 豚ひき肉…150g
  • 絹豆腐…1丁(350g)
  • 細ねぎ…3〜4本
  • ごま油…大さじ1
  • (A)おろししょうが…小さじ1
  • (A)豆板醤…小さじ1/2
  • (B)水…200mL
  • (B)ゆずこしょう…小さじ1
  • (B)オイスターソース…小さじ2
  • (B)砂糖…小さじ1
  • (B)塩…少々
  • (C)片栗粉…小さじ1.5
  • (C)水…小さじ3
  • (D)ラー油…適量
  • (D)粉山椒…適量

作り方

1. 豆腐を1cm角に切る。細ねぎを小口切りにする。
img_himreport_003-04
img_himreport_003-05
2. 熱湯を沸かした鍋に豆腐を入れて1分ほど茹で、火を止めてそのままおく。

img_himreport_003-06

  • 豆腐を下茹ですると、水分が抜けてさらにおいしくなります。
  • 「トマトの中華サラダ」と一緒に作る時は、湯むきに使った鍋の湯をそのまま使って豆腐を茹でましょう。
3. フライパンに油を入れて火にかけ、ひき肉をパラパラになるまで炒める。
img_himreport_003-07
4. 透明な油が出てきたら(A)を混ぜ、香りがたったら(B)を加える。
img_himreport_003-08(A)おろししょうが、 豆板醤
(B)水、ゆずこしょう、オイスターソース、砂糖、塩
5. 豆腐をザルに上げて、フライパンにいれ、3分ほど煮る。
img_himreport_003-09
6. 混ぜた(C)を加えてとろみをつけ、(D)を加える。
img_himreport_003-10(C)片栗粉、水
(D)ラー油、粉山椒

トマトの中華サラダ

img_himreport_003-11


材料(2人分)

img_himreport_003-12

  • トマト…1個
  • 新玉ねぎ…1/2個
  • パクチー…1枝
  • 刻みピーナッツなど…適量
  • ごま油…小さじ2
  • (A)酢…大さじ1
  • (A)砂糖…小さじ1
  • (A)醤油…小さじ1
  • (A)塩…小さじ1/4

作り方

1. 新玉ねぎの根元を切り落とし、繊維と平行にごく薄切りにし、ボウルにいれて(A)を混ぜておく。
img_himreport_003-13
「新玉ねぎは生だと辛みを感じやすいので、なるべく薄く切ってください」
2. トマトのヘタと逆側に包丁で十字に切り目を入れる。ヘタを包丁でくり抜き、フォークを刺す。熱湯を沸かした鍋にトマトを浸して、皮がめくれたら冷水にくぐらせて皮を剥く。
img_himreport_003-14
img_himreport_003-15
3. トマトを一口大に切り、パクチーを3cmの長さに刻み、玉ねぎのボウルに入れ、ピーナッツとごま油を加えて和える
img_himreport_003-16

インスタライブでコラボ調理

当日、西垣さんはHiM FilmsのInstagramアカウント(@him_films)から、きじまさんはアイスムのInstagramアカウント(@ism_desk)からライブ配信。別々のキッチンから、それぞれスマホ越しにお話をしながら調理をしました。

「今日のきじまさんとのコラボ調理、とても楽しみでした!」と意気揚々と語る西垣さん。打ち合わせで、お互いの呼び方を相談した結果、呼び方は「しょうくん」「きじまさん」に決定。調理が始まる前から、おしゃべりが止まらないお二人でした。

img_himreport_003-17

img_himreport_003-18

西垣さんの好物が「辛い料理」だということもあり、今回きじまさんが提案してくださったレシピは、「ゆずこしょう麻婆豆腐」。麻婆豆腐というと、唐辛子がたっぷりで赤い色合いのイメージが強いと思いますが、今回は白い麻婆豆腐です。

img_himreport_003-19

麻婆豆腐を炒める際は、とろみがついても火を止めないのが重要。きじまさんによると「麻婆豆腐は、フライパンに焦げがつくまで煮詰めることで、とろみが強く出て水っぽくなりません」とのこと。たまにフライパンをあおり、全体を混ぜ合わせていくと、効率よく麻婆豆腐が混ざります。

img_himreport_003-20

ご覧いただいている方からも「いいコンビですね!」というコメントがあったように、お二人が楽しく話しているうちにあっという間に二品が完成。

img_himreport_003-21
ザーサイとごはん(好きなだけ)を添えて

きじまさんから「ゆずこしょうを入れることで、さわやかで切れ味のするどい辛さになりますよ」と説明があった通り、麻婆茄子は辛めのお味でした。

img_himreport_003-22
「おいしそうな匂い!」とごはんを食べるのが待ち遠しそうな西垣さん

「サラダは、ピーナッツが少し入っているので食感が楽しめますね。麻婆茄子はゆずこしょうが効いていてピリ辛でおいしい。これはごはんが進んじゃいますよ!」と、西垣さんもレシピを気に入ってくれた様子です。その言葉通り、ライブ配信終了後には、西垣さんはラー油をたっぷりかけて完食していました。

アーカイブはHiM filmsのInstagramアカウント(@him_films)にてご覧いただけます。お二人が料理をする様子を眺めながら、みなさんも是非「ゆずこしょう麻婆豆腐とトマトの中華サラダ」を作ってみてくださいね。

img_himreport_003-23

西垣匠さんのインタビューはこちら

この記事をシェアする

編集:小沢あや(ピース株式会社)
構成:吉野舞
撮影:小原聡太、猪原悠

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する