今週のあともう一品「山芋のともあえ焼き」

鈴村健一のアイスム 週末ダイニング・3ステップレシピ

2022.09.11

アイスム × TOKYO FMのラジオ番組『鈴村健一のアイスム 週末ダイニング』(毎週日曜18:00〜放送中)では、毎回「週末の食卓にあともう一品」をテーマに、料理家 今井真実さんの「3ステップレシピ」を番組パーソナリティ 鈴村健一さんの声でご紹介しています。今週は山芋のいろいろな食感が楽しめる「山芋のともあえ焼き」です。

img_weekend_050-01


材料

  • 山芋…200g
  • オリーブオイル…小さじ1
  • かつお節…1パック(2g)
  • 塩…1つまみ
  • 黒こしょう…適量

作り方

1. 山芋を洗い、皮がついたままフライパンにのせて、袋をかぶせた麺棒で皮ごと粗くつぶす。
2. オリーブオイルをフライパンの側面から入れ、中火にかけ、塩を1つまみとかつお節を入れて、ヘラで裏返しながらじっくり炒める。
3. とろとろの部分がもちっとしたら、中央に寄せて片面がこんがりするまで焼いて出来上がり。お好みで黒こしょうを挽いて召し上がれ。

img_weekend_050-02

おやきのような出来上がりで、ばらばらになってもそれはそれでおいしいです。
つぶすのは粗くても大丈夫です。フライパンの上で直接つぶせば手がかゆくなりません。
最後にじっくり焼き付けることで、かりかり、もちもち、サクサクといろんな食感が楽しめます。

img_weekend_050-03

鈴村健一さんのコメント

「へえ〜!皮がついたままでいいんですね。僕が鉄板焼き屋で最初に頼むやつだな、これ(笑)。山芋は本当にすごい。万能なんです。切ってそのまま焼いてもおいしい。生で食べるとサクサクだけどそこにちょっとトロトロもある。これはそのすべてが入ってますよね!表面がカリカリに焼けているのに、中はトロトロ。粗めにつぶしてるからモチモチもあるし、山芋本来のサクサクも残っている…という。ああ、これは好きです。」


鈴村健一のアイスム 週末ダイニング

■『鈴村健一のアイスム 週末ダイニング』

週末の夕暮れ。料理と食べることの好きな鈴村健一が、キッチンに立つ人とダイニングルームに集まるすべての人に贈る、音楽とレシピのトーク番組。

毎週日曜18:00〜 TOKYO FMにて放送中
番組放送後、AuDee(オーディー)にて放送の一部を配信中!

番組公式サイトはこちら

メッセージ募集中!

番組では、皆さまからのメッセージを募集しています。テーマは「がんばる日のレシピ、がんばらない日のごはん」。
番組公式サイトのメッセージフォームからお送りいただくか、Twitterで「#アイスムがんばる日」「#アイスムがんばらない日」をつけてツイートしてください!

今井真実

料理家。兵庫県出身、東京都在住。料理教室nanamidoriを主催。雑誌、web媒体、広告などでレシピ作成、撮影スタイリング等を担当。三度の飯より肉が好き!キャンプで塊肉を焼くのが一番のストレス解消法。作った人が楽しく嬉しくなる料理を提案している。

この記事をシェアする

撮影:今井裕治

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する