「よく見るけど使ったことない!」セロリのおいしいレシピ、井原裕子さんに教わります

旬を楽しむ

FOOD
2023.04.13

「よく見かけるけど、実は使ったことない野菜」ってありませんか?そんな野菜のおいしい使い方を井原裕子さんが教えてくれますよ。第1回目は春が旬のセロリです。葉も含めて1本まるっと使い切れるレシピを考えていただきました。

img_seasonalrecipe_001-guest

教えてくれた人:井原裕子さん

愛知県出身。料理研究家、野菜ソムリエ、食生活アドバイザー。季節感を大事にした、作りやすく分かりやすい家庭料理のレシピを得意とする。アメリカ、イギリスにも滞在経験あり。

今回の食材:セロリ

img_seasonalrecipe_001-01

セロリは私の大好きな野菜です。生で食べるイメージかもしれませんが、煮込んでくったりさせてもおいしいんですよ。今回は、煮る・生・炒めると3パターンの使い方をお教えします。

肉厚で、茎がしっかりと太いものを選びましょう。切り口が白く、きれいなものがいいですね。スカスカして変色しているものは鮮度がよくないものです。

セロリと豚肉のフライパン煮込み

img_seasonalrecipe_001-02


材料(2人分)

img_seasonalrecipe_001-03

  • 豚肩ロース厚切り肉(ソテー用)…2枚(200g)
  • セロリ…1本(150g)
  • じゃがいも…2個(220g)
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩、こしょう…少々
  • A
  • 水…200mL
  • 白ワイン…大さじ3
  • 塩…小さじ1/2(粗塩を使用)
  • こしょう…少々
  • にんにく…1かけ
  • ローリエ…1枚

※白ワインはなければ省いても構いません


作り方

1. セロリはまず、葉と茎に分ける。茎は筋を取って4cm幅に切る。根本の大きい部分はさらに半分に切る。
img_seasonalrecipe_001-04

井原さんポイント

img_seasonalrecipe_001-05

セロリの筋を取るときは、切り口のところから包丁にひっかける感じで、葉のついていたほうから下に向けてやると取れやすいです。

2. 葉は仕上げにちらす分を少し取り分けておき、残りはざく切りにする。じゃがいもは一口大に切って、水に3分ほど浸け、水気を切っておく。にんにくは縦2等分に切る。
img_seasonalrecipe_001-06
3. 豚肉は大きめの一口大に切って、塩こしょうを両面にふる。
4. フライパンにオリーブオイルの半量を入れて中火で熱し、豚肉を入れて焼き、焼き色がついたら裏に返して2分焼く。
img_seasonalrecipe_001-07

井原さんポイント

軽く焦げ目がつくぐらい、焼き色をつけましょう。軽い焦げは香ばしさを生み出してくれます。
5. フライパンにじゃがいも、セロリと葉、A を入れて火を強め、煮立ったらふたをして、弱火で10分煮る。
img_seasonalrecipe_001-08

井原さんポイント

じゃがいもに竹串などを刺して、スッと入るようなら煮上がりです。かたければ、さらに1~2分加熱して。

img_seasonalrecipe_001-09
6. 器に5を盛り、取っておいたセロリの葉をちらす。


「くったり煮込んだセロリのおいしさを味わってください。じゃがいもは煮汁を吸っておいしくなるので入れています。ショートパスタを入れてもいいですよ。ワインがお好きな方はぜひ一緒に。煮汁にバゲットをひたして食べてほしいです。」

セロリの春雨サラダ

img_seasonalrecipe_001-10


材料(2人分)

img_seasonalrecipe_001-11

  • セロリ…1本(150g)
  • 緑豆春雨…60g
  • ロースハム…2枚
  • 薄焼き卵
  • 卵…1個
  • 塩…少々
  • 酒…大さじ1
  • 片栗粉…小さじ1/3
  • サラダ油…小さじ1/2
  • ドレッシング
  • 醤油…大さじ1と1/2
  • 水…大さじ2
  • 酢…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1
  • ごま油…大さじ1
  • こしょう…少々

作り方

1. セロリは葉と茎に分ける。茎は筋を取って3〜4cm幅に切り、薄切りにする。
img_seasonalrecipe_001-12
2. セロリの葉はざく切りにし、細い茎は輪切りにする。
img_seasonalrecipe_001-13

井原さんポイント

セロリの太い茎の部分を薄切りにするときは、繊維に沿って縦に切ると、シャキッとした食感が楽しめます。
3. ボウルに酒、片栗粉、塩を入れてよく混ぜ、卵を割り入れてよくほぐす。フライパンに薄くサラダ油を入れて弱めの中火にかけ、薄焼き卵を作り、取り出して冷ます。冷めたら4等分に切って千切りにする。
4. ハムは3等分に切ってから細切りにする。
5. ドレッシングの材料をすべてボウルに入れる。
6. 鍋に湯を沸かし、セロリの葉を入れてさっとゆでて取り出し、冷水にとって冷ましておく。
img_seasonalrecipe_001-14
7. 湯を再度沸騰させ、春雨を入れて袋の表示通りにゆで、水気をよく切ってから5に入れて、混ぜて粗熱を取る。
img_seasonalrecipe_001-15

井原さんポイント

ゆでたての春雨をドレッシングにそのまま入れることで、味が入っておいしくなります。ゆでた春雨を水にとらないように気をつけてください。味が薄くなっておいしく仕上がらなくなるので。
8. ボウルにゆでた葉、刻んだセロリ、ハム、薄焼き卵を加えて全体をよく混ぜる。
img_seasonalrecipe_001-16

「シャキシャキした生のセロリと、柔らかい春雨の食感の対比を楽しんでほしいレシピです。おいしさは様々な食感の重なりからも生まれてきます。ハムや卵が入ることでさらに食感も豊かになり、彩りもよくなります。」

セロリとちりめんじゃこのおかか炒め

img_seasonalrecipe_001-17


材料(2人分)

  • セロリ…1本(150g)
  • ちりめんじゃこ…20g
  • サラダ油…小さじ1
  • かつお節…1袋(2g)
  • A
  • 酒…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 醤油…大さじ1/2

作り方

1. セロリは葉と茎に分ける。茎は筋を取って縦半分に切り、ななめ薄切りにする。葉はざく切りにする。
2. フライパンに油を入れて中火で熱し、セロリ、ちりめんじゃこを入れて2~3分炒める。
3. セロリの葉を加えて汁気を飛ばしながら炒め合わせ、かつお節を加えて混ぜる。


「私の大好物、これが食べたくてセロリを買うことも多いんです。セロリはきんぴら的に使ってもおいしい。かつお節はうま味にもなりつつ、余分な汁気を吸ってくれて、食感をよくする働きも。ごはんのおともはもちろんですが、おつまみにするのもおすすめ。」

img_seasonalrecipe_001-18

井原さん、セロリが本当にお好きなようで「夏ならトマトと一緒に味噌汁にしてもおいしい」「ミネストローネなんかは葉を刻んで入れてもいいんですよ」と、記事に入りきらないほどのアイディアを教えてくださいました。

また秋口、「身近だけど使い方の分かりにくい野菜」をテーマにご登場いただきます。どうぞお楽しみに。

この記事をシェアする

撮影:千葉諭

アイスム座談会