夏の旬野菜「なす」を味わう簡単レシピ3選

編集部のおすすめ!

2021.08.05

夏野菜の代表格として人気なのが「なす」。クセのない味わいや、火を通すと食感が変わるなど、様々な調理法に適しており、ジャンルを問わず使うことができます。

今回は、そんな「なす」を使ったレシピを3つご紹介。「旬の夏野菜を味わいたいときに食べる一品」の選択肢として、ぜひ参考にしてみてください。

なすの揚げ浸し

img_gokanrecipe_006-12.jpg

まずは、自炊料理家・山口祐加さんの連載からご紹介!旬の食材を使った五感をひらくレシピで登場した「なすの揚げ浸し」です。

作り方はとっても簡単で、なすを縦半分に切り、皮目に2mm幅の切り込みを入れたら中火で5〜6分揚げ焼き。めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2+水大さじ4の漬けつゆを用意しておき、揚がったらすぐつゆにつけて完成。

油を吸ったなすはお肉レベルの満足度。ちょい足しアレンジで冷やし中華にアレンジしてもおいしいですよ!

詳細はこちら▼

なすとみょうがのすだち和え/焼きなす/なすの揚げ浸し

旬の食材を使った「五感をひらくレシピ」を、自炊料理家の山口祐加さんに…

img_gokanrecipe_006-title.jpg

中華風蒸しナス

img_smile_005-a-06.JPG

続いては、わが家の笑顔おすそわけ第5回テーマ「夏の定番」から、甘木サカヱさんの「中華風蒸しナス」をご紹介。

へたを取ったなすをチャック付きポリ袋(電子レンジ対応のもの)に入れ、電子レンジ(600W)で5分加熱。袋に入ったまま菜箸でなすを割ってざっくり4〜8等分したら、袋にポン酢しょうゆ、砂糖、ごま油などの調味料を入れ、水を張ったボウルに流水を当てて冷やす。粗熱がとれたらボウルに氷や保冷剤を入れて更にキーンと冷やせば完成。

夏の台所仕事の辛さを吹き飛ばしてくれる、火を使わず、約10分で完成し、洗い物もほぼ出ないレシピ!ちょっとだけ手をかけて見栄えする、「ひと手間プラスVer.」も要チェックです。

詳細はこちら▼

日本一早く作れる(自称)!つめた〜い中華風蒸しナス

こんにちは!暑さでドロドロに溶けそうになっている、甘木サカヱです…

img_smile_005-a-01.JPG

なすとピーマン、豚肉のつけ蕎麦

img_soup_004-08.jpg

最後は、スープ作家・有賀薫さんの耳で楽しむおいしいスープレシピから、「なすとピーマン、豚肉のつけ蕎麦」をご紹介!

なすを薄切りに、ピーマンを細切りにしたら、鍋に少量の水と一緒に入れて中火で3分ほど蒸し煮。水で薄めためんつゆを加え、豚肉を1枚ずつ入れてサッと煮たらつけ汁が完成。お蕎麦と一緒にいただくことで、夏野菜の魅力を存分に味わえます。

蕎麦の代わりにそうめんを使ってもOK。なすやピーマンを、ズッキーニやトマトに変えてもおいしいですし、アレンジの幅が広いのでいろんな夏野菜でぜひお試しください!

詳細はこちら▼

なすとピーマン、豚肉のつけ蕎麦/海苔マヨトマト

スープ作家 有賀薫さんの声でお届けする“聴くレシピ”。今回作るのは…

img_soup_004-01.jpg

記事で紹介した以外にも、さまざまなジャンルのレシピが満載です。食材やシーン別に探すことができるので、おうちごはんを作るときの参考にしてみてください。

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する