秋が旬!様々なきのこを使った簡単レシピ3選

編集部のおすすめ!

2021.11.01

さつまいもやカツオ、りんごなど、「食欲の秋」というだけあって、秋が旬の食材はたくさんあります。そんな旬の食材から今回は「きのこ」に注目し、様々なきのこを使ったレシピを三つご紹介。簡単にできるものから、ひと手間加えるだけでアレンジできるものまでありますので、お好きなきのこレシピを見つけてください。

まつたけ(!?)の土瓶蒸し風

img_masudacolumn_006-03.jpg

一つ目は、フリーアナウンサーの枡田絵理奈さんによる聴くコラムから「まつたけ(!?)の土瓶蒸し風」をご紹介。

作り方はとってもシンプル!鍋にお吸いものの素と、袋に記載の分量通り(1袋あたり180mL)の熱湯を入れます。ひと口サイズに切った鶏肉と、まつたけっぽく見えるように切ったエリンギを鍋に入れ、煮込んだら完成。

お吸いものの中に入っている海苔を一つ一つ丁寧に取り除いて、代わりに三つ葉をのせると高級感さえ漂ってきます。

もしご自宅にあれば、土瓶に入れて出すことで豪華なおもてなし料理にもなります。「今日は何も作りたくない」という気持ちの日にも簡単にできるので、枡田さんの素敵な声とトークに癒されながら、ぜひ作ってみてください。

詳細はこちら▼

秋の味をおうちで手軽に楽しむ「まつたけ(!?)の土瓶蒸し風」

元TBSアナウンサーで、現在は広島在住のフリーアナウンサー枡田絵理奈さん…

img_masudacolumn_title2.jpg

きのことベーコンのパンキッシュ

img_kazokugohan_009-10.jpg

続いては、子どもたちが自分で作ることのできる、コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」シリーズから「きのことベーコンのパンキッシュ」をご紹介。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ほぐしたしめじと手でちぎったマッシュルームを中火で炒める。油が馴染んできたら幅2センチに切ったベーコンを加える。ボウルに生地の材料を入れて混ぜ、それをグラタン皿にきのことベーコン、小さく切った食パンと共に入れてオーブントースターに。1200Wで15分ほど焼いたら完成。

パーティー料理としても人気のキッシュが、パイ生地ではなく食パンを使うことでトースターで作ることができるのが嬉しいポイントです。

子ども用にデザインされたダウンロード可のレシピもあるので、思い切って子どもに任せてみるのもいいかもしれません。ご家庭で楽しめる「おうちパーティー」のお供にいかがでしょうか?

詳細はこちら▼

きのことベーコンのパンキッシュ

こどもたちが自分で作ることのできる、「休日かぞくごはん」を…

img_kazokugohan_009-11.jpg

まいたけステーキのスープ

img_soup_007-07.jpg

最後は、スープ作家・有賀薫さんの耳で楽しむおいしいスープレシピから、「まいたけステーキのスープ」をご紹介!

深めのフライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、手で大きめに分けたまいたけをのせる。一回り小さい鍋や水を入れたボウルなど、重石になるものをまいたけの上にのせ、2分ほど焼いて焦げ目をつける。裏返してさらに1分ほど焼いたら、めんつゆ50mLと水400mLを加えて煮立てる。煮立ったら、スープ皿に盛り付けて完成。お好みで唐辛子粉や七味唐辛子をどうぞ。

焦げ目をつけることで香ばしくなり、その焦げ目が水に溶け出せば風味のあるスープに。スープにする直前のものを「まいたけステーキ」として、おつまみにしてもおいしいですよ。

詳細はこちら▼

まいたけステーキのスープと焼きサバサラダ

スープ作家 有賀薫さんの声でお届けする“聴くレシピ”。秋はきのこがおいしい…

img_soup_007-02.jpg

記事で紹介した以外にも、さまざまなジャンルのレシピが満載です。食材やシーン別に探すことができるので、おうちごはんを作るときの参考にしてみてください。

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する