しっとりゆで鶏で「ピリ辛バンバンジー」と「春雨入りかき玉スープ」

おうち居酒屋ツレヅレハナコ #2

2020.07.22

大人も子どもも大好きな居酒屋メニュー。「おうち居酒屋ツレヅレハナコ」では、おうちで気兼ねなく居酒屋気分を楽しめるよう、一つの食材から作る、「子ども用お品書き」と「大人用お品書き」の二品をツレヅレハナコさんに教えていただきます。今月のおすすめ食材は、「しっとりゆで鶏」です!

ツレヅレ店長より、今月のおすすめ

img_ouchiizakaya_002-01.jpg

暑い季節になってくると、なるべくコンロ前に立つ時間を減らしたいもの。
汗だくで料理するのって辛いですもんねー。

そこで今月は、「沸騰した湯に鶏肉を入れたら、火を消して鍋の前を離れてOK!」という簡単ゆで鶏をご紹介します。

余熱調理なので、お肉は超しっとり。
一度作っておけばいろいろな料理に使える上、ゆで汁もおいしいスープに早変わり!
ぜひ夏の常備菜にお役立てください。

基本「しっとりゆで鶏」


材料(作りやすい量)

img_ouchiizakaya_002-02.jpg

  • 鶏むね肉…2枚
  • 長ねぎの青いところ…1本分
  • しょうがの薄切り…2枚

ふたができる鍋に鶏むね肉がつかるくらいの水、長ねぎの青いところ、しょうがを入れて中火にかける。湯が沸いたら鶏むね肉を入れ、もう一度沸騰したらふたをして火を止める。完全に冷めるまでふたを開けない。
img_ouchiizakaya_002-03.jpg

子ども用お品書き「春雨入りかき玉スープ」


材料(2人分)

  • 鶏のゆで汁…500ml
  • 椎茸…2本
  • にんじん…1/4本
  • 春雨(乾物)…40g
  • 卵…2個
  • ナンプラー…大さじ1
  • ごま油…小さじ1
  • こしょう…少々
  • 万能ねぎの小口切り…適宜

作り方

1. 椎茸は薄切り、にんじんはせん切りスライサーなどで細切りにする。春雨は水に3分ほどひたす。卵は溶きほぐす。
img_ouchiizakaya_002-04.jpg
2. 鍋にゆで汁を入れて沸かし、椎茸、にんじん、春雨を入れて3分ほど煮る。ナンプラー、こしょう、ごま油を入れて味をととのえる。
3.  卵を流し入れ、かき玉状にする。器に盛って万能ねぎをふる。
img_ouchiizakaya_002-05.jpg

大人用お品書き「ピリ辛バンバンジー」


材料(2人分)

  • ゆで鶏…1枚
  • きゅうり…1/2本
  • トマト…1個
  • パクチー…適宜
  • ピリ辛だれ
  • 長ねぎのみじん切り…1/2本分
  • しょうゆ、酢…各大さじ2
  • ごま油、豆板醤…各大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1

作り方

1. ゆで鶏は斜め薄切りにする。きゅうりはせん切り、トマトは薄い輪切りにする。パクチーは食べやすく切る。
2. ピリ辛だれの材料をボウルに入れ、混ぜ合わせる。
img_ouchiizakaya_002-06.jpg

3. 器にトマトを敷いて、その上にゆで鶏を並べ、ピリ辛だれをかける。きゅうり、パクチーを添える。

img_ouchiizakaya_002-07.jpg

レシピのポイント

子ども用のスープは、鶏肉のうまみがギュッと詰まっています。絶対に捨てないで~。
残ったゆで鶏も、ゆで汁につけた状態で保存すると、しっとり保たれますよ。
スープにボリュームを出したいときは、ゆで鶏を細かく切って仕上げに加えてください(ぐつぐつ煮るとパサつくので)。
ナンプラーが苦手な方は、しょうゆで代用してもOKです。

大人用のバンバンジーは、ピリッと辛めにすることと酢を効かせることで夏向きの味に。
余熱で仕上げた鶏肉のしっとり具合に驚くはずです。
ゆで鶏はバンバンジーのほか、からしマヨネーズや梅みそで和えたりしてもおいしいですよー。 

ぜひよく冷えたビールと一緒に楽しんでくださいね!

img_ouchiizakaya_002-08.jpg

ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛するフリー編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』『ツレヅレハナコのホムパにおいでよ!』(ともに小学館)、『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)、『食いしん坊な台所』(河出文庫)、『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』(光文社)がある。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
ロゴ・イラスト:おいしいデザインGOCCHI 後藤恵理子