松岡広大さんと作る、こがけんさん直伝「白身魚のポワレ 菜の花のバーニャカウダソース」

特別企画 HiM Films × アイスム

2022.04.11

img_himreport_002-01

「朝」のオリジナルストーリーをお届けするインスタメディア『HiM Films』とアイスムのコラボレーション企画、第二弾。俳優の松岡広大さんと、元料理人で芸人のこがけんさんが「おうちで簡単フレンチ」をテーマに、インスタライブで料理を一緒に作りました。この日初対面でしたが、ともに自炊好きで、推しスーパーも同じだという二人は息ピッタリ。

こがけんさんのレシピとインスタライブ当日の様子をご紹介します。イベントアーカイブはHiM FilmsのInstagramアカウント(@him_films)にてご覧いただけます。

白身魚のポワレ 菜の花のバーニャカウダソース

img_himreport_002-02


材料(2人分)

img_himreport_002-03

  • 白身魚(鯛 or スズキ)の切り身…2切れ
  • サラダ油…適量 
  • オリーブオイル…適量
  • 冷凍パイシート…適量
  • パイシートに塗る用のバター…適量
  • 飾り付け用
  • セルフィーユ…適量
  • ブロッコリースプラウト…適量
  • トマト(またはミニトマト)…適量
  • 黄パプリカ…1/4カット(なくてもOK)
  • エディブルフラワー…いくつか(なくてもOK)

※「菜の花のバーニャカウダソース」用の材料と手順は後述


作り方

1. 白身魚は塩を振って、冷蔵庫に15分ほど入れておく。キッチンペーパーで表面の水分を拭き取る。
  • 小骨がある場合は、ピンセットなどで骨抜きをしておきましょう。
2. 冷凍パイシートは解凍してコップなどで丸く抜き、溶かしたバターを塗り、オーブンで焼く。
  • 冷凍パイシートのパッケージに記載されている温度と時間、焼いてください。
img_himreport_002-04
3. 飾り付け用の黄パプリカは千切りにし、ラップに軽く包んで、20秒ほどレンチンする。
4. 菜の花のバーニャカウダソースを作る。(材料と手順は後述)
5. 熱したフライパンにサラダ油を多めに入れ、皮目を下にして白身魚を焼く。
img_himreport_002-05「使い分けるのが面倒だったらオリーブオイルでもいいですよ。捨てちゃうのでサラダ油でも。」
6. しばらくして、8割ほど身が白くなってきたら、キッチンペーパーで油を拭き取る(油に魚の臭みがうつるため)。フライパンに新しくオリーブオイルを多めに入れて、中火でポワレ(表面をカリッと焼き上げる)。
img_himreport_002-06
「皮の焼き目が重要なんですが、僕の方はフライパンに当たって破けちゃいました…。ご家庭で焼く時はテフロン加工のフライパンだと失敗しないと思います。」
7. お皿に菜の花のバーニャカウダソースを引き、魚をのせ、パイを添える。薄く切ったトマト、黄パプリカ、ブロッコリースプラウト、セルフィーユ、エディブルフラワーで飾りつけをして出来上がり。
img_himreport_002-07

菜の花のバーニャカウダソース


材料(2人分)

  • 菜の花…20g
  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • アンチョビ…2枚
  • にんにく…1かけ
  • 塩…1つまみ
  • 牛乳…50cc
  • 生クリーム …40cc

作り方

1. 菜の花はふんわりラップをかけ、20秒程レンチンしておく。にんにくは薄切りに。アンチョビは包丁で叩いて潰しておく。
img_himreport_002-08
2. 小さいフライパンか小鍋にオリーブオイルを入れ、火にかけて、アンチョビを入れる。焦がさないように注意。
img_himreport_002-09
3. アンチョビがパチパチとしてきたら、鍋を火から持ち上げて軽くゆする。続けてにんにくを入れ、アンチョビと同じように焦がさないように熱する。
img_himreport_002-10
4. 牛乳を加え、塩ひとつまみを入れ、菜の花を投入。くるくるっと混ぜたら、火を止める。鍋を濡れ布巾の上に置き、粗熱をとる。
5. 鍋の中身をミキサーに入れ、5秒×4回くらい攪拌する。
6. 鍋にソースを戻し、弱火にかける。生クリームを入れて、少しトロみがつくまで煮詰める。2分くらいですぐ煮詰まるので、焦げ付かないよう注意。スパチュラでかき混ぜ続けて、出来上がり。
img_himreport_002-11

インスタライブでコラボ調理 ふたりの掛け合いも

当日、松岡さんはHiM FilmsのInstagramアカウント(@him_films)から、こがけんさんはアイスムのInstagramアカウント(@ism_desk)からライブ配信。別のキッチンスタジオから、それぞれスマホ越しにお話をしながら調理をしました。

img_himreport_002-12

こがけんさんのご実家は、老舗の居酒屋。ご自身もお笑い芸人になる前には料理人として働いていて、毎日のまかないごはんを担当していたのだそう。現在も、レシピ監修のお仕事をされていて、料理に向き合う日々なのだとか。

そんなこがけんさんが提案してくださったのは、春らしく菜の花を活かしたメニュー。テレビドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』でフレンチレストランの見習いシェフ役を演じた松岡さんとのコラボレーションということで、おうちでできる簡単フレンチのレシピを考えてくださいました。

img_himreport_002-13

普段から自炊を欠かさない松岡さんは、さすがの手慣れた手つきで調理を進めていきます。白身魚も、美しい焼き目がつきました。これにはこがけんさんも「僕も(皮目を焼くのを)失敗しちゃったのに、すごい!きれいにできてます」と感心した様子。こがけんさんによると、「白身魚を焼く際、皮が縮むため、少し手で抑えるのがきれいに仕上げるポイント」なんだそうです。

img_himreport_002-14

「フレンチというと少しハードルが高く感じますが、焼き魚ですから。簡単ですよ。おうちで作るなら、30分あれば完成します」とこがけんさんが語ってくださった通り、松岡さんも難なくあっという間に完成。実食タイムにはこがけんさんから、持ちネタをもじったコメント「ウーマイガー!」も飛び出しました。

img_himreport_002-15

アーカイブはHiM filmsのInstagramアカウント(@him_films)にてご覧いただけます。ぜひお二人が料理する様子を参考にして、みなさんも「白身魚のポワレ 菜の花のバーニャカウダソース」を作ってみてくださいね。

img_himreport_002-16

松岡広大さん

1997年8月9日生まれ。東京都出身。2012年に俳優としてデビュー。2015年には『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』で主人公のうずまきナルト役として初主演を果たした。舞台やミュージカル、ドラマに映画とさまざまな演技の仕事で活躍中。
インタビュー記事はこちら

こがけんさん

1979年2月14日生まれ。福岡県出身。おいでやす小田さんと組んだ「おいでやすこが」として参加したM-1グランプリ2020にて、ピン芸人同士のユニットでは初めての決勝進出を果たし、準優勝を掴んだ。

インタビュー記事はこちら

この記事をシェアする

撮影:猪原悠(こがけんさん&2ショット)/曽我美芽(松岡広大さん)

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する