小林裕介さんの声で作る「ベトナム風サンドウィッチ バインミー」

ボイレピ♪ 朝ごはん #15

2021.06.06

img_voicerecipe_015-01.jpg

休日の朝にぴったりの“聴くレシピ”をお届けする「ボイレピ♪ 朝ごはん」。

第15回は、声優の小林裕介さんをナビゲーターに迎えて「ベトナム風サンドウィッチ バインミー」を作ります。バインミーは、バゲットに日本でいう「紅白なます」とお好みの具を挟んだ、ベトナムでは定番の朝ごはんメニュー。今回は、レバーペーストを使って少しリッチな味わいに。世界各地の家庭の台所を訪れ、一緒に料理をしてきた岡根谷実里さんのレシピです。

料理の音は「しあわせの音」。世界の台所を探検する気分で、いつもとちょっと違う朝ごはんをお楽しみください。


材料(2人分)

  • 小ぶりな(細めの)バゲット…1本
  • レバーペースト…適量(50g程度)
  • マヨネーズ…適量(大さじ2程度)
  • パクチー…お好みで
  • なます
  • 大根…200g
  • にんじん…100g
  • (A)酢…大さじ3
  • (A)砂糖…大さじ2
  • (A)ニョクマム(ナンプラー)…大さじ1

  • 塩(塩もみ用)…少々

作り方

1. (A)の調味液を合わせて軽く混ぜ、電子レンジで20秒ほど温める。
  • ベトナム料理で使う「ニョクマム」はタイ料理で使う「ナンプラー」とほぼ同じものですので、どちらを使ってもOKです!
  • 電子レンジで加熱することで、砂糖が溶けて、味も染みこみやすくなります。
2. 大根の皮をむき、長さ4cmほどの千切りにする。千切りスライサーでもOK。
3. にんじんも同様に、皮をむいて長さ4cmほどの千切りにする。
4. 2と3をジッパー付きの袋に入れ、塩を振って袋の上から軽く揉む。1を加え、よく揉んで全体に馴染ませたら、冷蔵庫で寝かせておく。
5. バゲットを半分に切る。下から1/3くらいの位置に具を挟むための切り込みを入れる。バゲットをフライパンにのせて軽く温める。ひっくり返して上面も。
  • 少しトーストすることで、表面をパリッとさせます。また、温めるとマヨネーズやレバーペーストの油脂が馴染みやすくなります。
6. バゲットの切り口の上と下にマヨネーズを塗り、下だけにレバーペーストを重ねて塗る。4のなますをたっぷりと詰め、お好みでパクチーをのせる。ぎゅっと挟んで完成。
  • マヨネーズとレバーペーストは、奥までしっかりと塗り残しがないように塗りましょう!

おいしいポイント

  • なますは「作りやすい分量」なので、残った分は作り置きにして料理の付け合わせや常備菜に使いましょう。冷蔵で1週間ほど保存が効きます。
  • バゲットは、もっちりした歯応えのものよりも、さっくりと歯切れの良いものの方が向きます。
  • レバーパテがない場合は、ツナやベーコンなどお好みで!他には、照り焼き味のミートボールや目玉焼きなどもおすすめです。
  • パクチーがお好きな方はぜひたっぷりと挟んで、エスニックな香りを楽しんでください。

img_voicerecipe_015-02.jpg

岡根谷実里さんの現地エピソード

バインミーは、ベトナムで定番の朝食として食べられているサンドウィッチです。ベトナムでは外で働く女性が多いことから、食事や家のことを「アウトソースする」ことに抵抗がなく、バインミーも家で作るよりは屋台で食べることが多いようです。

私がお世話になった家庭でも、朝バイクで職場に向かう途中でバインミーをピックアップして食べるというスタイルでした。「ここがおいしい名店だよ」と連れていってくれたのは、交差点の角の路上に椅子を置いて、その上にパンの詰まった箱を乗せただけの簡易な店。屋台よりももっと簡素で、朝の数時間だけ登場するのですが、本当に大入り満員。必ずなますが入っていて、そこにベトナムソーセージやハム類などを入れてくれます。

今回はレバーペーストを使いましたが、好きな具を入れてアレンジするのも楽しいかもしれません。パクチーはお好みで!


小林裕介さんからのメッセージ

小林裕介さんからのメッセージ

フォロー&RTで小林裕介さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

小林裕介さんサイン色紙

応募方法

  • アイスム編集部のTwitterアカウント(@ism_desk)をフォロー
  • #ボイレピ朝ごはん」のハッシュタグがついたアイスム編集部のツイートをリツイート
  • 同ツイートにリプライ、または引用リツイートでレシピの感想を投稿

応募期間

2021年6月12日(土)23:59まで

当選者の方にはアイスム編集部よりダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

小林裕介

ナビゲーター:小林裕介

1985年3月25日生まれ。ゆーりんプロ所属。2014年に『ウィッチクラフトワークス』で初の主役を演じ、2017年に第11回声優アワードで新人男優賞を受賞。主な出演作に、『Re:ゼロから始める異世界生活』ナツキ・スバル役、『アルスラーン戦記』アルスラーン役、『Dr.STONE』千空役など。
理想の休日は、「モーニングコーヒーを飲みながらゆっくりテレビを見てペットの猫と戯れること(猫飼ってないですけどね!)」。

岡根谷実里

世界の台所探検家。長野県生まれ。クックパッド株式会社に勤務の後、独立。世界の台所を訪れて一緒に料理をし、料理を通して見える暮らしや社会の様子を発信している。執筆やワークショップの他に、全国の小中高校への出張授業も精力的に行っている。訪問国/地域は60以上。

この記事をシェアする

脚本・演出:飯村聖美
レシピ監修:岡根谷実里
イラスト:染町