水野美紀さんのためのEAT-TALKレシピ

EAT-TALK いいトークは食べながら

2021.06.24

水野美紀さんはスパイスと薬膳がお好きということで、スパイスをたっぷり使った薬膳カレーとクミンライス、そして付け合わせ4品をご用意しました!

img_eat-talk_004-02

holiday流 薬膳カレー

スパイスをたくさん使ったカレーですが、材料はスーパーで手に入るものを使っています。スパイスカレーは難しいと思われがちですが、オーブンで焼いてから煮るという作り方なら、工程が少なくおさまるので、休日などに気軽に作れるのではないでしょうか。お肉は骨付き鶏もも肉を使います。


材料(4〜5食分)

  • 骨付鶏もも肉…5本(約1kg)
    (普通のもも肉を使う場合は、800gほどで足ります。)
  • <a>
  • プレーンヨーグルト…100g
  • おろしにんにく…20g
  • おろししょうが…20g
  • サラダ油またはオリーブオイル…20mL
  • レモン果汁…50mL(レモン1個分)
  • 塩…8g
  • <b>
  • ターメリックパウダー…2g
  • チリパウダー(カイエンペッパー)…3g
  • クミンパウダー…6g
  • コリアンダーパウダー…3g
  • ガラムマサラ…2g

  • トマト(大きめのもの)…3つ
  • 玉ねぎ…中1個
  • <c>
  • ブラックペッパー(ホール)…3g
  • カルダモン(ホール)…3g
  • クローブ(ホール)…3g

  • オリーブオイル…30mL

  • カスリメティ(あれば)…2g
  • 塩…1g

作り方

1. 骨付鶏もも肉を関節で半分に切り分け、保存容器に並べる。
2. 1にaとbを加えてよく混ぜ合わせて、冷蔵庫でひと晩つけ込む。
3. オーブンを250℃に予熱。天板にオーブンシートを敷いて、つけ込んだ2をたれごと入れる。250℃で20分焼く。
4. 玉ねぎはみじん切り、トマトは湯むきしてざく切りにする。
5. オリーブオイルを鍋に入れてあたため、cの材料を加えて中火。カルダモンがぷっくりとふくらんだら(約2〜3分)すべて取り出す。(ホールスパイスが好きな方はそのままにしておいても大丈夫です。)
6. 5に4の玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めたら、焼き上がった3を焼き汁ごと加える。4のトマトも加えて強火〜中火にかけ、沸騰したら弱火にする。ふたをして時々混ぜながら約90分お肉がホロっとくずれるまで煮る。仕上げに塩と、お好みでカスリメティを加える。

しょうがチャツネ


材料(作りやすい分量)

  • しょうが…200g
  • きび砂糖…60g
  • レモン果汁…大さじ1
  • シナモンスティック…1本
  • クローブ(ホール)…1g
  • ローリエ…1枚
  • 鷹の爪…1本
  • 塩…1つまみ
  • はちみつ…5g
  • 水…350mL

作り方

1. しょうがは千切りにする。鷹の爪は種をとる。
2. すべての材料を鍋に入れて弱火にかける。水気がなくなる頃にしょうがが透明になり、味がしみたら出来上がり。

レンズ豆のサラダ

パクチー(パクチーも漢方では生薬)とレモンを使ったさっぱりとしたサラダです。レンズ豆は水もどし不要なので、とても使いやすいです。


材料(作りやすい分量)

  • 皮付レンズ豆…250g

  • 赤パプリカ…1/2個
  • 紫玉ねぎ…100g
  • パクチー…25g
  • <a>
  • レモン果汁…大さじ2
  • ごま油…大さじ1/2
  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • 塩…小さじ1

作り方

1. レンズ豆は沸騰したお湯、中火で15分ほどゆでる。ざるに上げて冷ましておく。
2. パプリカ、玉ねぎ、パクチーはみじん切りにする。
(玉ねぎは水にさらして、水気をしっかり切ったものを使っても良い。)
3. 1と2をボウルに入れ、aで味をつける。(混ぜ合わせる)

オクラのスパイス炒め

ピリ辛の味付けをしたオクラから、ほんのりシナモンが香ります。オクラは体を冷やすので、夏にぴったり。スパイスと合わせることで、冷と温のちょうど良いバランスに。


材料(作りやすい分量)

  • オクラ…200g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • にんにく…5g
  • オリーブオイル…大さじ1
  • <a>
  • クミンシード…1g
  • 鷹の爪… 1/2本
  • <b>
  • ターメリック…2g
  • カイエンペッパー…1g
  • シナモンパウダー…2g

  • 塩…小さじ1/2

作り方

1. オクラはヘタとガクを取りのぞいて乱切りに、玉ねぎはスライス、にんにくはみじん切りにする。
2. フライパンにオリーブオイルを引き、あたたまったら、にんにくを加えて炒める。香りが立ってきたら玉ねぎを加え、しんなりするまで中火〜弱火で炒める。
3. 2にa、b、オクラ、塩を加えて、オクラに火が通るまで中火〜弱火で炒める。

カシューナッツのスパイス炒め


材料(作りやすい分量)

  • カシューナッツ…250g
  • オリーブオイル…大さじ1

  • にんにく…10g
  • しょうが…10g
  • <a>
  • クミン…2g
  • コリアンダー…2g
  • パプリカパウダー…2g
  • カイエンペッパー…0.5g
  • ターメリック…2g
  • ホールカルダモン…1g
  • 鷹の爪…1本
  • 塩…2g

  • ココナッツロング…15g
  • はちみつ…5g

作り方

1. にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2. フライパンにオリーブオイルを引いてあたため、1を炒める。香りが立ってきたらaを加え、弱火で軽く炒める。
3. 2にカシューナッツ、ココナッツロングを加え混ぜ、はちみつを加えて軽く炒めたら出来上がり。

クミンライス

クミンの香りが食欲をそそります。普通のライスでもよいですが、たまにはこういうライスでスパイスカレーをもっと楽しんでもらえたら。


材料(5食分)

  • インディカ米(たいたもの)…3合分
  • クミンシード…20g
  • オリーブオイル…30mL
  • にんにく…20g
  • 玉ねぎ…50g
  • 塩…2g
  • カレーリーフ(あれば)…少々

作り方

1. インディカ米はざるでさっと洗い、白米と同じ水加減で炊く。
2. にんにく、玉ねぎはみじん切りにし、オリーブオイルをあたためたフライパンで炒める。
3. 2にクミンシード、塩、カレーリーフを加え中火で炒め、クミンシードがパチパチとしてきたら火を止める。
4. 1のごはんに3を混ぜ合わせる。

holiday

堀出隼

愛知県生まれ。高校卒業後に単身渡仏、パリのアートスクール「ACADEMIE CHARPENTIER」にて基礎科を学んだ後、同校のコミュニケーションビジュアル科を首席で卒業。
フリーのデザイナーとなり帰国後2010年に妻で料理家の美沙(みさ)と「食とデザイン」を軸としたクリエイティブユニットholidayを結成、2013年に株式会社holidayを設立。

堀出美沙

神奈川県箱根町生まれ。エスモードジャポン総合科卒。服飾デザインの仕事から料理の世界へ転身し、以降ジャンルを問わず様々な飲食店で修行。

http://we-are-holiday.com/

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する