焼きズッキーニ/ズッキーニとしらすのオムレツ

五感をひらくレシピ #27

2022.07.07

「五感をひらくレシピ」を、自炊料理家の山口祐加さんに教えてもらうこちらの連載。今回のテーマは、「ズッキーニ」です。山口さんも「仲良くなり始めたばかり」というズッキーニ。主役にも名脇役にもなってくれるこの野菜、頼もしい夏の相棒になるかもしれません。


今回の食材:ズッキーニ

img_gokanrecipe_027-01

むっちりとした身にすべすべの緑色の肌が美しい野菜・ズッキーニ。みずみずしく、クセがなくて、淡白な味わいが特徴的。大きなズッキーニがスーパーに並んでいると「夏だ!」と思う。緑色のものが定番だが、黄色のズッキーニや丸い形のズッキーニ、UFOに似たその名もUFOズッキーニというめずらしいものもある。今回はまさに今が旬のズッキーニを使った料理二品をご紹介したい。

焼きズッキーニ

料理家になる前はズッキーニにほぼ興味がなかった。ラタトゥイユを作る時に買うくらいで、残った分はどう食べていいかわからず、とりあえずスープにして食べ切っていた。

ところがある日、残ったズッキーニをフライパンで焼いてみようと思い立つ。すると本物のステーキさながらに濃い焼き目がつき、これは期待できそうだと思って食べてみると、そのおいしさに目を丸くした。

それからズッキーニを買っては焼き、買っては焼き、何度この料理を食べたかわからない。来客がある時も作ると「なにこれ、本当にズッキーニ焼いただけ?すごくおいしいよ」とほめられる。

ズッキーニを切ってただ焼くだけなのだが、ポイントが一つある。ポイントの一つ目は1.5cm〜2cmくらいの分厚い輪切りにすること。これがペラペラだとズッキーニのみずみずしさを味わえない。ポイントの二つ目は油をしっかり使って焼くこと。この二つを守れば確実においしくできる。

img_gokanrecipe_027-02

ではさっそく料理してみよう。まずはズッキーニを分厚く切る。この時に新鮮であればあるほどズッキーニから水分が出てくる。30秒ほど観察するとじわじわと水分が滲み出てきて、野菜は生きているんだなと実感する。

img_gokanrecipe_027-03

ズッキーニはヘタの部分も食べられるので火が通りやすいように半分に切る。フライパンに大さじ1〜2の油を入れ、ズッキーニを並べる。

img_gokanrecipe_027-04

中火で4〜5分、ひっくり返して2〜3分焼く。

img_gokanrecipe_027-05

ぱたっとひっくり返してこの焼き目がついていると、無性に気分が高まる。キャラメリゼしたような、こっくりとした香りが立ち上がってきたら、うまく焼けている証拠。

これくらいしっかり焼いて、香ばしさとともに食べるのが最高においしい。

img_gokanrecipe_027-06

熱々のうちに口に運ぶと、肉汁のようにズッキーニの水分が口いっぱいに広がる。そのみずみずしさ、優しい甘み、火が通ってとろっとした食感。こんな簡単な調理の先に、感動的な味わいが待っていると思うと、また作りたくなってしまう。

料理教室に来た人に食べてもらうと、他の料理のことはさておきこの焼きズッキーニのことばかり話すくらい、人気の一品。お好みでレモンを絞ったり、にんにくで香り付けして焼いたりなどアレンジも楽しい一皿だ。

ズッキーニとしらすのオムレツ

先日訪れたイタリアンレストランで「ズッキーニのフリテッレ」を食べた。細切りにしたズッキーニを卵とチーズでまとめて揚げ焼きしたような料理で、ほろほろと崩れるような食感が舌の記憶に残った。

この料理を参考に、ズッキーニと卵の組み合わせで何かできないかと考えたのが、ズッキーニとしらすのオムレツだ。オムレツといっても楕円形に包むものではなく、スパニッシュオムレツ(あるいはオープンオムレツ)と呼ばれる、野菜をたっぷり入れた、まんまるのオムレツ。

スペインのバルで出される前菜として有名で、温かくても、ぬるくても、冷めてもそれぞれにおいしい料理である。

img_gokanrecipe_027-07

ではさっそく作ってみよう。
ズッキーニは薄切りにし、フライパンに入れる(我が家にちょうどいいサイズのフライパンがなかったので、鍋でやってみた)。

にんにくのすりおろし少々とオリーブオイルをひと回しして4〜5分中火で炒める。卵3個をといて、しらすを用意する。ズッキーニが全体的にくたっとしてきたら塩ひとつまみを入れて混ぜ合わせ、しらすをお好みの量入れて卵を流し入れる。

卵が固まっていく様子はいつ見ても魅力的。

img_gokanrecipe_027-08

img_gokanrecipe_027-09

半熟になるまでゆっくりと混ぜ合わせたら、ふたをして弱火で3分焼く。

img_gokanrecipe_027-10

ひっくり返して裏面も焼くのだが、その時、こんな風に失敗しても大丈夫。これもまた料理のむずかしさであり、おもしろさだ。

裏返したら弱火で3分焼く。最後に焼いた面が上手にできたので、そちらを上にして皿に盛れば全然問題ない。

こんがりと焼き色がついて、ズッキーニのほのかに甘い香りが立ってくる。ん〜おいしそう!

img_gokanrecipe_027-11

焼いてから10分ほど冷まして食べてみる。ケーキのようにして切るとかわいらしい。ズッキーニのへなへなとした柔らかい食感と、しらすのうまみを、卵が優しく包み込む。

おいしさがぎゅっと詰まったオムレツができた。パンに挟んで食べてもきっとおいしい。

ズッキーニは、焼いたらステーキのような主役の風格がある一方で、くせがないため名脇役にもなれる、使い勝手のいい野菜だ。

ズッキーニとはまだ仲良くなり始めたばかり。この夏はいろいろなズッキーニ料理に挑戦して、またおいしかったものをここでお披露目したい。

山口祐加

自炊料理家、食のライター。共働きで多忙な母に代わって、7歳の頃から料理に親しむ。出版社、食のPR会社を経て2018年4月よりフリーランスに。日常の食を楽しく、心地よくするために普段は一汁一菜を作り、ハレの日は小さくて強い店を開拓する。料理初心者に向けた対面レッスン「自炊レッスン」や、セミナー、出張社食、執筆業、動画配信などを通し、自炊する人を増やすために幅広く活躍中。好物は味噌汁。
Voicyにて「山口祐加の食べラジオ」を配信中。

この記事をシェアする

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する