笠間淳さんの声で作る「インドのブレッドオムレツ」

ボイレピ♪ 朝ごはん #23

2022.02.06

img_voicerecipe_023-01

休日の朝にぴったりの“聴くレシピ”をお届けする「ボイレピ♪ 朝ごはん」。

第23回は、声優の笠間淳さんをナビゲーターに迎えて「インドのブレッドオムレツ」を作ります。スパイスや刻んだ具を混ぜた卵で、パンを丸ごと包み込んで焼いたブレッドオムレツは、インドの屋台(エッグスタンド)で食べられる定番の朝ごはん。世界各地の家庭の台所を訪れ、一緒に料理をしてきた岡根谷実里さんのレシピです。

料理の音は「しあわせの音」。世界の台所を探検する気分で、いつもとちょっと違う朝ごはんをお楽しみください。


材料(2人分)

  • 食パン(6枚切)…2枚
  • 卵…4個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • トマト…1/4個
  • パクチー…1株(苦手な方は小ねぎ、なしでもOK)
  • チリパウダー…少々(お好みで)
  • 塩こしょう…適量
  • バター…20g

作り方

1. パクチーをみじん切りにする。
2. 玉ねぎもみじん切りにする。
3. トマトは小さめの角切りにする。
  • 大きな角切りだと、焼く時にひっくり返しにくく、パラパラと落ちてしまうので、小さめの角切りがベターです。
4. ボウルに卵4個を割りほぐし、1〜3を加える。チリパウダーと塩こしょうで味付けする。
5. フライパンを熱し、バターを10g入れて溶かす。4の卵液を半量より少なめに注ぎ入れる。そこに食パンを一枚のせておしつけるようにして卵液をつけ、食パンだけを裏返す。
  • 卵液を半量より少し少なめに入れるのは、食パンをひっくり返した際に補修するため。まんべんなく卵液と具で覆われるように、スプーンですくって食パンの上にかけましょう。
6. 卵のふちの方が固まってきたら、食パンからはみ出ている部分を、食パンを包み込むように折り畳む。フライ返しでブレッドオムレツをひっくり返し、裏面も焼き色がつくまで焼く。焼けたらまな板に取り出しておく。
  • フライ返しで半分に切って、そのままお皿に盛り付けてもOK!
7. 5〜6を繰り返して二つ目も焼く。包丁で半分に切って盛り付け、ケチャップを添える。

おいしいポイント

  • パンを置いて左右上下3cmくらいずつ余裕のあるフライパンを使うとひっくり返しやすく、包みやすいのでおすすめです。
  • 小さいフライパンしかない場合は、卵液の半量(全体の1/4)を流し入れてパンをのせ、その上から残りの卵液をかけるという方法が向いています。はみ出る部分が少ないので、ひっくり返す時に散らばりにくく全体がきれいに覆えます。
  • 卵液の味つけには、ガラムマサラやクミンなどのスパイスを入れることも。カレー粉を少量入れてみてもおいしいです。

img_voicerecipe_023-02
半分に切って手で食べる他、屋台では8〜9分割に切ってくれてフォークで食べることも。

岡根谷実里さんの現地エピソード

ブレッドオムレツは、インドの屋台でも家庭でもよく作るもの。現地では「タワ」という大きな丸い鉄板を使うことが多く、パンを2枚または4枚(時には8枚)並べて焼いて、畳んでサンドイッチのようにする作り方をよく見かけます。本当にさまざまな作り方があって、どれが正しいと言うことはないようです。パンと卵で作られていたら全部ブレッドオムレツです!

インドでパンのイメージはあまりないかもしれませんが、旧イギリス領だったこともあり、地域によってはパンも朝食でよく食べます。片手で(またはフォークで)手軽に食べられるブレッドオムレツは、忙しい朝にもおすすめです。


笠間淳さんからのメッセージ

笠間淳さんからのメッセージ

フォロー&RTで笠間淳さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

笠間淳さんサイン色紙

応募方法

  • アイスム編集部のTwitterアカウント(@ism_desk)をフォロー
  • #ボイレピ朝ごはん」のハッシュタグがついたアイスム編集部のツイートをリツイート
  • 同ツイートにリプライ、または引用リツイートでレシピの感想を投稿

応募期間

2022年2月12日(土)23:59まで

当選者の方にはアイスム編集部よりダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

笠間淳

ナビゲーター:笠間淳

4月10日生まれ。広島県出身。俳協所属。2013年にアニメ『蒼き鋼のアルペジオ』で声優デビュー。アニメやスマートフォンアプリゲーム、ナレーションなどで活躍中。主な出演作品は、『アイドルマスター SideM』葛之葉雨彦 役、『あんさんぶるスターズ!』HiMERU 役、『ハイキュー!!』尾白アラン 役など。
お気に入りの調理家電は炊飯ジャー。好きな料理は「辛い料理」。

岡根谷実里

世界の台所探検家。長野県生まれ。クックパッド株式会社に勤務の後、独立。世界の台所を訪れて一緒に料理をし、料理を通して見える暮らしや社会の様子を発信している。執筆やワークショップの他に、全国の小中高校への出張授業も精力的に行っている。訪問国/地域は60以上。

この記事をシェアする

脚本・演出:飯村聖美
レシピ監修:岡根谷実里
イラスト:染町

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する